Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 AEAJインスト試験項目
FC2ブログ

cis-ジャスモンはケトン類

突然ですがAEAJインスト30種精油の1つである
ジャスミンの特徴成分はcis-ジャスモンですね。

AEAJ検定テキスト1級にも
特徴成分として記載されています。

さて、この成分、私はず~~っと
ラクトン類だと思い込んでました。

独学セットのプロフィール表にも
ラクトン類と記載しています。


でもね、ここで
cis-ジャスモンはケトン類ではないですか?と
独学セットをご購入いただいた方から
ご指摘を頂戴しました。

協会の指定している参考図書で
このジャスモンに関して記述があるのは
【精油の安全性ガイド】でしたが

ジャスモンはケトン類に分類されていました。

ただね、サイトによってはやっぱりラクトン類で
紹介している所もあるんですよね。ええ
その道の専門家の方だと思います。


例えばウィンターグリーンの特徴成分は
サリチル酸メチルですが。
これをWIKIなどではフェノール類としています。
皮膚刺激が強い成分ですよね。
でもね、NARDではエステル類に分類しています。
多分、どっちも正解なんでしょうね。


でもね、参考図書にそって考えると
やっぱりケトン類で覚えた方がいいんだと思いまして
ブログに書かせていただきます。

ということで、精油のプロフィール表の訂正を
ここで声を大にしてお願します。

ジャスミンの特徴成分は

ケトン類のcis-ジャスモンです!



この場を借りてお詫び申し上げます。
記載の訂正及び、記憶の訂正をお願いたします。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : AEAJインスト試験 精油学各論

タッチング

AEAJインストの学習項目に
タッチング論」があります。

出題数も少ないし、それほど入り組んだ問題も無いし
テキストに目を数回通せばいいんじゃないかな?と
思います。あくまでもインスト試験対策としてですけどね。

「タッチング」と言えば
先日のアロマテラピースクール体験記Ⅺでの
「知覚神経からの情報が体や心の変化や行動のはじまり。」
を思い出します。

さらにアロマの世界では有名な言葉
皮脳同根です。
皮膚【表皮】と脳【中枢神経や末梢神経】
は同じ根源【外胚葉由来】を持った器官です。
タッチングやアロマトリートメントで
表皮をさする、なでる事は、脳を刺激するのと
同じである。って事ですよね。

タッチングと精油の心地よい香りが
表皮や脳を刺激することで
様々な心身の変化をもたらすって
ことです。
ここには嗅覚からの作用も加わって生理的作用が起こるわけです。


そんな学びのあとに偶然家族でTVを見ていて
とあることに気付きました。

ニベアの最近やっているCMです。
ご覧になりました?

ものすごくタッチングを意識して作ってますよね。

大昔(私が子供のころ)のニベアのCMも確か
お母さんが子供の頬や鼻に塗り塗りしてあげる感じのCMでした。
また同様のCMが復活してますよね

今回のCMは他にもいろいろなタッチングが出てくる。

ここ数年のニベアのCM自体もあの濃いブルーのクリームじゃなくて
もっと見た目のおしゃれなローションみたいなボトルものの
CMを積極的に流していたはずです。

でもね、先日昔ながらの濃いブルーのニベアのCMを見て
ものすごく懐かしくなりました。
そう、確かに子供のころは風呂上がりには
ニベアをほっぺやひじや踵やひざににってもらったよね。

それこそ、じいさん、ばあさんも使ってました。

しかも素朴でいい香りでした。
CMをみて香りまで思いだすから嗅覚って不思議です。

タッチングって不思議に癒されますよね。
息子たちもちょっと怪我したり、風呂上がりに
手作りクリームを出しておくと
お母さんが塗って!と言います。
面倒くさいな~と思う日もあるけど。

自分で塗るよりやっぱり人に塗ってもらうほうが
いいんでしょうね。

先日のスクールで
手でさすってもらう(タッチング)と
副交感神経が優位になるってお話しを聞きました。

痛い時にお腹をさする、頭をなでるのも
落ち着くからなんだろうな。

AEAJタッチングの目的
アロマテラピー用語辞典(改訂版)P111
①心身の恒常性の維持と促進
②精神的、身体的なリラクセーション、リフレッシュ効果
③触れ合いたいという、人間の本能的欲求の充足。
④心身の安定によるQOLの向上。


【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : タッチング論

ぼけにはタンパク質

最近、とみに抜けている自分です。
脳細胞がどんどん死滅しているんですよね。きっと

今日はお友達のお宅で食に関する勉強会と言う名の
おしゃべり会に誘われました。

まごわやさしいこ 
知ってる?

私は初耳でした。

ま=豆
ご=ゴマ
わ=わかめ(海藻)
や=野菜
さ=魚
し=しいたけ(キノコ類)
い=イモ類
こ=米
まいにちこれだけのものをバランスよく食べるといいんだって。
さらに良質なタンパク質を摂取するのが良いってことも
勉強しました。(これは知ってるけどね)


でもね・・・
肉はどこよ?(T_T)
と思うのは不健康でしょうか?

タンパク質と言えば

インストの健康学でも栄養素の所で学習します。
タンパク質
・エネルギー源であり3大熱量素の1つ
・5大栄養素の1つで1g4Kcalの熱量を生む。
・筋肉、内臓など身体を構成する主成分
・ホルモンや神経伝達物質、酵素、免疫物質などになる。
・生命維持に欠かせない栄養素

摂取されたタンパク質は最終的にアミノ酸へと変換される。
アミノ酸は20種ありそのうち9種類が必須アミノ酸。

必須アミノ酸は体内合成できないので食品から摂取する必要がある。

はいここでまたきた!

必須アミノ酸9つ覚えてますか?
あれから2カ月以上経ちましたね。
あれってどれと言う方はこちら

必須アミノ酸9種
リジン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン
メチオニン、スレオニン、フェニルアラニン、バリン
トリプトファン
はい、物忘れが激しい脳みそでもいい加減覚えました。ええ



そんでもってね、この必須アミノ酸は1種類でも量が少ないと
その1種に準じた量しか合成されないんだと。
だからバランスよく食べなさいってことなんでしょうね。


それぞれ一定量のアミノ酸が必要で必要量を摂取しないと
発育障害や病気に対する抵抗力が低下する。って検定テキストにも出てるわ。

でね、食生活にものすごく気を使っている友人が
良質なタンパク質をとらないと鬱とかアルツハイマーに
なりやすいんだってよ!とか。


そうなんだ・・・


まごわやさしいこ

豆は好きで毎日食べるよな~豆腐、納豆、油揚げ、高野豆腐、味噌汁
ゴマはゴマ油すきだから良く使うよな~
わかめは私以外はあんまり食べないな~
野菜は良く食べるよな。
魚も好きだから食べるな~
イモはジャガイモだったら食べるよな~
米は毎日食べるよな~

肉はどこよ?

としつこく思いつつ、今日はまごわやさしいこで晩御飯を作ってみます。


まごわやさしいこ
すでに し キノコ類が抜けてるんだYO!

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 健康学 タンパク質

新アロマテラピー用語辞典(改訂版)

協会のアロマテラピー用語辞典が改訂になっています。

2012.6月です。結構前です。ええ、すみません。


◎書籍『アロマテラピー用語辞典 』

◎書籍『アロマテラピー用語辞典 』
価格:3,675円(税込、送料別)


こちらは楽天

ちなみに、協会に直接注文もできますね。
会員割引でかなりお安くなるけれど
送料とかカード決済手数料?で結局数百円安くなったかな?程度でした。

だったら、楽天とかamazonで買ってポイントためる方が利口かもね。

さて、旧テキストとの大きな違いは
項目別掲載(旧)、あいうえお順(新)でしょうか。

私には個人的に旧の方が使いやすいですね。
旧は項目別に並んでいるし、さらに巻末にあいうえお順で索引があるもんね。

新テキストはいきなり あ から始まって
巻末に項目別にワードが掲載されています。
ま、協会からのご挨拶には「より辞典を目指して」って
ことなんでそれはそれでありなんですかね。

でも長年旧を使ってるので
結局そっちを使いそうです。

ただし内容も微妙に異なっているので
現在の協会の考えを知るうえでは
やっぱり必要なんですかね?

今月行われる第30回インスト試験は
新旧両方が参考図書である、ってなっているしね。

これから購入をする方は
新テキストをGETしてくださいね。

NETとかでは、まだ旧テキストを
扱っていることもあるかもしれませんので。

それにしても数年に一度の割合で
テキストが新しくなるって、結構な出費ですよね。
どこの協会もそうでしょうけど。

いつも思うのは
改訂するわりにそれほど大きく変わらないし。
買いかえるか微妙でしょ?

毎年高い会員費払ってるんだし、会員には
変更箇所のみ加筆したものとか送ってくれてもいいのにね。と
変更点はHPにはでますけどね。ええ

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : インスト参考図書

レモンバーム(メリッサ)の抽出部位に関して

さて、第30回インスト試験からはすでに発行になっている
2011.6改訂版からの出題となります。

第30回向けオリジナルインスト独学セットをご購入いただいた皆様
およびそれ以前のものをご購入いただいた皆様へ

各変更点などの詳細は

協会HPのアロマテラピー検定テキスト1級改訂ポイントに
記載されています。
t1007-kimoti-switch@siren.ocn.ne.jp(PDF)


お持ちのテキストが2011.6改訂版以前の方は
そちらで詳細をご確認いただき
不明な点はどんどんご質問ください。


第30回向けオリジナル独学セットをご購入いただいた皆様へは
項目別ポイント集や精油のプロフィール表で
改訂点はお知らせしておりますが

うっかり記載漏れがありました。
すみません!

ここからが本題第30回向けインスト独学セットをご購入いただいた皆様!

レモンバーム(メリッサ)の抽出部位が
葉と花から葉のみに変更されています。


レモンバーム(メリッサ)の抽出部位は

葉!葉!葉!です。
※葉が3つではなく葉のみ。

大変申し訳ございませんが、精油のプロフィール表の訂正及び、記憶の訂正をお願いたします。

独学問題集などの第30回向けインスト独学セットの
変更も追ってご報告させていただければと思います。

それ以前のセットをご購入いただいた皆様へは
大変申し訳ございませんが、
販売が改訂前のテキストでの出題でしたので
こちらにて告知させていただきます。
もちろん、30回インスト試験に臨まれる場合は
個別に対応いたしますのでお気軽にメールをください。

以上ご報告でした。
よろしくお願いいたします。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 精油学各論 レモンバーム

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter