Eucalyblue aroma.t オーナーブログ 脱法ハーブについて思うこと
FC2ブログ

脱法ハーブについて思うこと

最近話題の『脱法ハーブ』

脱法って言うくらいですから、
法律上は違法なものではない
ということなのでしょうね。
でもね、そんな語彙つける時点で
怪しいと思うのが人情じゃないですかね。

そもそも脱法ハーブって何かな?って

ちょうどそんな折、7/14池上彰さんの番組で
脱法ドラッグについてやってましたよね。

脱法ハーブっていうのは
植物を乾燥させたものではあるようです

でもね、これ自体にさらに怪しい興奮剤などを
拭きかけたりするものが大多数なのだそうです。

そしてこの興奮剤は違法な薬物と非常に似ている
化学式を持っているものの微妙に異なるので違法ではない
でも合法とは言い難い
なので脱法ってことなんですってさ。

ハーブって名前つけてるけど
この植物自体は
実際のところハーブなのかどうかも怪しいらしい
その辺に生えてる只の草を乾燥させてるだけかもしれないのだそうですね。

ほんと

アロマテラピーに携わる人間として
ここで声を大にして言いたい

きちんとした精油専門店や
ハーブ専門店で販売する
精油や純粋なハーブは
全然違いますからね!


ハーブっていうだけで、じゃ、ハーブティーや
精油も大丈夫なの?って
急に不安になる方もいるはずです。


精油を使ったアロマテラピーの歴史は意外に浅く
19世紀になってから本格的に始まったものです。

でも、芳香植物そのものを活用してきた歴史は
もっともっと古く古代からありますよね。

紀元前から植物の香り成分や植物の作用を
人間は拝借して生きてきたわけです。

植物を酢や湯、油
アルコールなどに浸けこんだもの(浸出液)を
薬品として、化粧品として、香水として
活用してきています。

瞑想する時の薫香は植物を燻したもの。
肉や魚の腐敗を抑制するためのスパイス
モグサだって、そうじゃね?

魔よけや厄除けにも植物を活用してきましたよね。
イワシと柊とかね
沈香だってもともとは香りのする木ですよね。

もちろん植物によっては誤った使い方で
トランス状態になるものや
猛毒となる成分もあるのも事実です。
サスペンス劇場とかで出てきた
トリカブトとかね。

※でもね精油専門店や
ハーブ専門店では
そんなものは販売していません。

ただね
ハーブや精油を安心して安全に活用する上で
気をつけなければならないことってありますよね。

アロマテラピーで使用する精油は
100%植物原料なので
100%安心!って思う方がいますが
これはちょっと違います。


あの濃度では自然界には存在しませんから
妊産婦、乳幼児、既往症のある方には使用上禁忌のものもあります。
また過度の使用で気分が悪くなったり、頭痛や吐き気を起こすものもあります。
さらには、香りに対する感受性によっても個々に感じ方が異なります。

これは精油の原料となるハーブも同じです。

でもね、間違っても
脱法ハーブの様なことにはなりませんよ。

それは日常生活で口にするものも同様ですよね。
醤油だってごくごく飲んだら毒になる。お酒もしかり。

何事もほどほどに、常識の範囲で活用してこそです。

ハーブや精油の専門家
(ハーバリストやセラピストやインストラクターなど)は
この辺も考慮して勉強し、専門家として
安全に植物の恵みを活用できるよう日々勉強しているわけです。


NETで検索するとどんどんでてくる
最近話題の脱法ハーブ
直訳したら脱法だよ。

脱法アロマって直訳したら
脱法芳香とか脱法の香りって意味だしね。

脱法インセンスって直訳したら
脱法香だよ。

意味不明ですよね。ほんと

こんなの買う人いるのが不思議ですよ。
池上さんいわく、購入者で実験しているのと
同じなんですってよ。そんなの作っているヤカラは
自分たちで確かめてから販売するわけなくて
どんな作用が出るかは全くわからないんだって。


勝手にハーブとかアロマとか使うなYO!って
思うのは私だけでしょうか?


※そもそもの目的が全然違うしね。

そんな風に思った次第です。ええ
関連記事

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

⇒comment

Secret

まったく同感です

脱法だからいいとか、ハーブやアロマは自然だからいいと言うイメージで使う人がいるみたいだけど、こっち側(アロマセラピトやハーバリスト)からしてみればそんな物の為にアロマやハーブと言われても大変迷惑なイメージングを付けられるのが腹立たしいですよね。
声を大にして言いたいですよ。本当に。。。

Re: まったく同感です

MARYさん

ご無沙汰してま~す^^
なんかね~大変迷惑なネーミングですよね。
協会も著作権など法規にはうるさいんですから
日本最大のアロマ団体として声を大にして
抗議すればいいのにね~w

Eucalyblue aroma.t 
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t オーナー

Author:Eucalyblue aroma.t オーナー
Eucalyblue aroma.t

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校
東西線・東陽町駅徒歩2分
オンライン講座も受講できます。

当校HP
www.eucalyblue.com

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 整理収納アドバイザー アロマテラピー講習会 香川県のおすすめ 免疫系 基材論 アロマテラピーの歴史 定義 ホームケア グリセリンチンキ 整理 手作り化粧品 収納 嗅覚器 アロマテラピースクール体験記 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 植物油 末梢神経  中枢神経 細胞 リフォーム 内分泌系 大脳辺縁系 鯖オ 無駄使い ストレス学説 精油の学名 ホルモン ホームケア論 油脂 AEAJインスト独学セット 脂肪酸 キャリアオイル 誘引効果 下垂体 視床下部 アブソリュート 組織 芳香物質 中世ヨーロッパ 神経組織 ニューロン 嗅細胞 皮膚 重曹と保冷剤の消臭剤 インストラクター シトラール 嗅神経 脊髄 器官 身体の発生 保全素 栄養素 必須脂肪酸 胚葉分化 神経伝達物質 アレルギー 自律神経 白血球 防御機構 休養 副交感神経 交感神経 リンパ球 過敏反応 感覚器 皮脳同根 アナフィラキシーショック 体性神経 12対の脳神経 受精 機能性便秘 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 シナプス 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 排泄 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 神経 AEAJ インスト独学セット アレルギー反応 バゾプレシン プロバンス地方 グラース 精油の個人輸入 シソ科 香りの贈りもの 芳香植物 フトモモ科 更年期障害 インフルエンザ 角質層 基底層 植物ロウ ラベンダー精油 植物脂 不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸 ルネ・モーリス・ガットフォセ 二次代謝物 アドレナリン ノルアドレナリン ドーパミン カテコールアミン 忌避効果 塩カツオ 基材 タッチング論 加湿器 アロマテラピー講習会IN高松 アロマテラピースクール AEAJ独学 ディフューザー セスキ炭酸ソーダ オンライン講座/ AEAJインスト試験/AEAJアロマセラピスト アロマでホームケア 老人性乾皮症 大掃除 タンパク質 白茶 あたまじらみを精油でケア ヘナ染に挑戦 ユーカリオイルの活用法 ユーカリ事典 アロマテラピーの定義 サヌカイト ハーブ園 消臭スプレー IN高松 レモンバーム 脂質 必須脂肪酸、基材論、健康学 ダマスコン ダマセノン 社団法人日本アロマ環境協会 精油の作用 手作り石鹸 揮発性芳香成分 ホリスティック ユーカリグロブルス ハウスキーピング ハーブ ガーデニング 角質ケア フットケア 消臭 官能基 用語 生理作用 ターンオーバー 精神作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 表皮層 真皮層 神経系 代謝物 AEAJインスト試験/AEAJ総合資格認定校/オンライン講座 脳神経 皮下組織 検定テキスト改訂版 AEAJ独学 レモングラス べチバー サンダルウッド ジュニパーベリー サイプレス カモミールジャーマン カモミールローマン シトロネロール ローズオキサイド ゲラニオール ローズアブソリュート ローズオットー ジャスミン ゼラニウム コラーゲン エラスチン 転勤族 シトロネラール 精油で虫よけ ヒアルロン酸 ビタミンC ベンゾイン REG. ティートリー ユーカリ ビタミンB群 心身とアロマテラピー 

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
Instagram
【楽天】
スクールカレンダー
リンク
QRコード
QR
twitter