Eucalyblue aroma.t オーナーブログ Eucalyblueアロ活こだわりのクラフト用容器
FC2ブログ

Eucalyblueアロ活こだわりのクラフト用容器

随分前から、血眼になって探して
仕入した
国内メーカーのクラフト用容器。

なんで国内メーカーにこだわるかっていうとね。

日本の国産化粧品や、お薬や
その他食品の保存容器って
ものすごい、作りがしっかりしてますよね。
容器そのものはもちろん、蓋ね、蓋がしっかりしてます。
きちんとしっかり密閉できる蓋が多いです。
しかも高級な品じゃない容器だってしっかりしています。

海外とかの化粧品や食品なんかの容器の
ちゃちさやうすっぺらさにびっくりすることない?
しかも、ぎゅ~っと蓋閉めたら、蓋が馬鹿になっちゃって
閉まらなくなったりしない?
そりゃ、ブランド化粧品とかは違いますよ。ええ

100円ショップの製品とかで
以前話題になった
某国産のシリコンに発がん物質がありとかニュースで出たり。
使っている成分が良く分からなかったりすることない?

普段はね、全然気にしないことのほうが多いんです。
ズボラで怠惰だしね。

でも、精油を使ったクラフトを作る時
いつも以上に気を使うべきかな?って思うんですよ。

だって成分によっては精油で溶けちゃう場合もあるわけだからね。

せっかく、ナチュラル成分でスキンケアとか言ってても
容器そのものの成分が溶け出してたら意味ないと思ったわけです。

実はこの背景には痛い思い出があります。

昔、オーストラリアからユーカリ精油を個人輸入で
購入した時のことですが(その業者のものは初めてでした)
届いた精油がPET製でもガラス製でもなく普通の
プラスティックのボトルだったのね。

でもね、精油メーカーが入れてきてるし
検査、試験もしてるんだろうな・・って思って
数日普通に使用してました。
主に洗濯の時にね。

ある朝、ボトルを持った瞬間
底がね、ズぼっと外れて
じゃば~っ!って
洗面所にぶちまけたことがある。ええ
しかも、1リットル
ほんと泣けました。ええ

このときね、ユーカリと違って
ビニールみたいなにおいがするな~って思ったんですが
入れ物から匂ってるだけかな?ってね。ええ
まさか、そんな結末になると思わないジャン。ええ

ま、これは最悪な場合ですけどね。

そんなわけで、いろいろ容器の成分と精油の相性も
調べてみたんですよ。

それでね、行き着いたのが
日本の国産メーカーの瓶や容器やクリームケースです。

日本のメーカーの容器ってね、
町の小さな工場とかで
丁寧に丁寧に作ってたりしますよね。
東京の下町にはそんな工場が結構ありました。今もあるよ。ええ

職人さんの技っていうかな、思い入れっていうかな
非常に厳しい検査や規格をクリアしているものばかりなはずです。


自分で探した使い勝手や丈夫さ、精油との相性などなど
特に、精油との相性
プラスチック成分を劣化させやすい、シトラール系
ティートリー系なんかで実験しました。ええ

かなりの濃い目の濃度で劣化しないか?
1週間、1カ月、それ以上って試してみてね。
※それ以上ってのは、入れて忘れたってことですけどね。
原液でもOKだったりします。はい
※原液用ではありません。

そんな感じでこだわって
実際にこれはいける!と思った国産の容器。

数年前にNETショップもやりたいな?なんてね。ええ
カートも用意して、商品もラインアップして
仕入もして、少しずつ商品も集めだしたところで
姑や舅の不幸があってすっかりやる気をなくしてたんですよ。

ええ、数年間ほったらかしでした。ええ

今年になって
アロ活講座でやっと活用できるようになり
お陰様で、少しずつ集めていた在庫も
足りなくなって、先日また仕入しました。
P1100790.jpg

P1100935.jpg

P1100936.jpg


構想ばっかり長くて、
ショッピングカートに品物アップしたのはいいけど
未だ、ショップは準備中です。当分準備中ですけどね。ええ

ただね、アロ活講座のクラフト試作などで
容器をアップしたりすると
結構お問い合わせがあるんです。
どこのメーカーの?とか
小分けで販売してくれない?とか

実際、インスト仲間さんなんかには
小分けで販売させてもらったりしてましてね。


もし私も欲しいわって方メールでお問い合わせください。

ただいま、メタル缶の仕入れも業者と相談中です。
お問い合わせいただいた皆様、しばしお待ちください。


関連記事

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

⇒comment

Secret

Eucalyblue aroma.t 
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t オーナー

Author:Eucalyblue aroma.t オーナー
Eucalyblue aroma.t

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校
東西線・東陽町駅徒歩2分
オンライン講座も受講できます。

当校HP
www.eucalyblue.com

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 整理収納アドバイザー アロマテラピー講習会 香川県のおすすめ 免疫系 基材論 アロマテラピーの歴史 定義 ホームケア グリセリンチンキ 整理 手作り化粧品 収納 嗅覚器 アロマテラピースクール体験記 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 植物油 末梢神経  中枢神経 細胞 リフォーム 内分泌系 大脳辺縁系 鯖オ 無駄使い ストレス学説 精油の学名 ホルモン ホームケア論 油脂 AEAJインスト独学セット 脂肪酸 キャリアオイル 誘引効果 下垂体 視床下部 アブソリュート 組織 芳香物質 中世ヨーロッパ 神経組織 ニューロン 嗅細胞 皮膚 重曹と保冷剤の消臭剤 インストラクター シトラール 嗅神経 脊髄 器官 身体の発生 保全素 栄養素 必須脂肪酸 胚葉分化 神経伝達物質 アレルギー 自律神経 白血球 防御機構 休養 副交感神経 交感神経 リンパ球 過敏反応 感覚器 皮脳同根 アナフィラキシーショック 体性神経 12対の脳神経 受精 機能性便秘 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 シナプス 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 排泄 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 神経 AEAJ インスト独学セット アレルギー反応 バゾプレシン プロバンス地方 グラース 精油の個人輸入 シソ科 香りの贈りもの 芳香植物 フトモモ科 更年期障害 インフルエンザ 角質層 基底層 植物ロウ ラベンダー精油 植物脂 不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸 ルネ・モーリス・ガットフォセ 二次代謝物 アドレナリン ノルアドレナリン ドーパミン カテコールアミン 忌避効果 塩カツオ 基材 タッチング論 加湿器 アロマテラピー講習会IN高松 アロマテラピースクール AEAJ独学 ディフューザー セスキ炭酸ソーダ オンライン講座/ AEAJインスト試験/AEAJアロマセラピスト アロマでホームケア 老人性乾皮症 大掃除 タンパク質 白茶 あたまじらみを精油でケア ヘナ染に挑戦 ユーカリオイルの活用法 ユーカリ事典 アロマテラピーの定義 サヌカイト ハーブ園 消臭スプレー IN高松 レモンバーム 脂質 必須脂肪酸、基材論、健康学 ダマスコン ダマセノン 社団法人日本アロマ環境協会 精油の作用 手作り石鹸 揮発性芳香成分 ホリスティック ユーカリグロブルス ハウスキーピング ハーブ ガーデニング 角質ケア フットケア 消臭 官能基 用語 生理作用 ターンオーバー 精神作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 表皮層 真皮層 神経系 代謝物 AEAJインスト試験/AEAJ総合資格認定校/オンライン講座 脳神経 皮下組織 検定テキスト改訂版 AEAJ独学 レモングラス べチバー サンダルウッド ジュニパーベリー サイプレス カモミールジャーマン カモミールローマン シトロネロール ローズオキサイド ゲラニオール ローズアブソリュート ローズオットー ジャスミン ゼラニウム コラーゲン エラスチン 転勤族 シトロネラール 精油で虫よけ ヒアルロン酸 ビタミンC ベンゾイン REG. ティートリー ユーカリ ビタミンB群 心身とアロマテラピー 

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
Instagram
【楽天】
スクールカレンダー
リンク
QRコード
QR
twitter