Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 TVで放送された認知症予防と精油について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVで放送された認知症予防と精油について。

テレビ朝日の『たけしのみんなの家庭の医学』で
放送されたそうで・・・(今更風味)

残念ながらみてなかったんです私。ええ
すごい話題じゃね?
アルツハイマー予防にアロマテラピー
みた?私はみてないんですけどね。ええ

放送翌日のFBのアロマ仲間さんの
アップがこればっか!だった。ええ

まじで?そんなんやってったんだ!!
こりゃ~精油ショップは大繁盛だわ。
と思ってました。

先日NARDの先生と
学びの友と
メールでやり取りしたんですけけどね。
やっぱこの話題でした。

案の定、生活の木で働く友人は
すごい忙しくて大変だったと。
ひっきりなしに、『あの~TVで~って。』人が来る。笑

昔と違って精油専門店も増えたから
みなさん気軽に購入できるように
なってなんだか嬉しいです。はい


で、番組では鳥取大学医学部で
『認知症とアロマテラピーを研究』している
教授がどの精油がいいか、またその配合比率も紹介してくれたそうですね。


しかもこの精油で認知症を予防するのは
対症療法ではなく、


根本治療として機能する可能性が高いってよ。
私はね、これが一番すごいとこじゃないかと思った。


鳥取大学医学部のHPが一番
わかりやすい気がします。
http://hyperbrainlabo.com/ninchiaroma/

不調の原因を根本から治療するのが
根源療法(根本治療)ですよね。



紹介された精油は
ローズマリー、レモン、ラベンダー、オレンジスイートの4つですよね。

4つとも比較的お求めやすい精油だから
尚一層、どんどん活用しやすいのもうれしいですよね。
これがメリッサとかジャスミンとかローズだったら
毎日使うのは気が引ける。うん


番組の力はすごいですね。私の所へも
いくつか質問がきたよ。おい
みてないんだけどね。だからわかる範囲で
お答えしました。



Q1精油の使用比率は絶対に2:1にするべきですか?
使用比率は
●昼間・・・ローズマリー:レモン=2:1
●夜間・・・ラベンダー:オレンジ=2:1


A.番組でどのように紹介していたのか分からないのですが。
※この方も見そびれたようです。

一番効果のあった比率がこの比率なんでしょうね。
シナジー効果などだと思います。

毎回使うたびに
2:1、2:1って
1滴約0.05mlの精油を計算するのは大変ですよね。
これだけで頭痛くなる気がする。
偶数滴必要ならどうすうんじゃ?

例えば合計で4滴使うなら
ローズマリー3滴だったらレモンは1,5滴
ドロッパーで1,5滴は落とせませんね。

そんな時は
ブレンド精油をつくるべし

初めっから認知症予防専用精油として
2:1の割合でブレンドした精油を常備すれば簡単ですね。

ローズマリー精油を10ml買って、レモンを5ml買って
そのままブレンドして使用するって感じです。
ラベンダーとオレンジも同様。




Q2.ローズマリーやラベンダーはいろいろな種類があるけど
どれを使うのが一番効果的ですか?

A.番組ではそこまで紹介してないようですね。
みてないから、なんとも言えないけど。

ラベンダーは
多分最も一般的な真正ラベンダーだと思います。

ローズマリーもケモタイプのものもあるけど
単にローズマリーとして販売しているものって
カンファーなのかシネオールなのかわかりませんよね。
学名も同じです。
あまりこだわる必要はないのではないでしょうかね。

【ローズマリー】
blog_import_4d48eb554322c.jpg

ローズマリーにはケモタイプがいくつかあるわけですが
ただ
一番これかな?と思うのは
ローズマリーカンファーじゃないかな。

神経刺激作用がありますからね
中枢、末梢どちらの神経にも刺激作用を持つわけですから
嗅覚を通じてダイレクトに
大脳辺縁系を刺激してくれるはずです。

ローズマリー精油自体に
頭脳明晰作用(頭をきりっとする)もあるし
感情を落ち着かせ集中力を高める作用もありますから
仕事や勉強を効率よくこなすのにおすすめなわけですよね。

ただしローズマリーカンファーは
使用に注意が必要ですよね。

※、ローズマリーカンファーは
乳幼児、妊婦、授乳中、神経系統の弱い患者(老人)
テンカン患者には禁忌です。




【レモン】
13935820770.png
レモンと言えば、鬱などのメンタル面への作用が
非常に有用な精油として知られます。

三重大学で鬱病とレモン精油の
研究をしていて、実際の効果を
NARDの先生が資料で渡してくれたけどね。
すごい感動した覚えがあります。

レモン精油といえば、ハウスキーピングにもホームケアにも
がしがし使用できる精油ですよね。
比較的安価だから色々活用するべき精油だと思います。


ただし圧搾法で抽出している精油の性
使用期限が短めです。
開封後は半年ですからあんまり大容量で買うと
使い切る前に使用期限切れもある。

【光毒性に注意すべし】
使用する時の注意は光毒性ですね。
手作り化粧品などに使用した場合
肌へ塗布したら直射日光(紫外線)に
4~5時間は当たらないようにする。
お約束です。

芳香浴など、肌へ直接塗布していなければ問題ありません。

レモン精油自体に
精神安定作用、精神強化作用、精神高揚作用
そのほか
食欲増進、抗菌、抗ウィルス作用などもありますね。



【ラベンダー】
blog_import_4d48eca5d9594.jpg
ラベンダーこそ数え上げたらきりがないほどの種類がありますから
やっぱりここは王道の真正ラベンダーでしょうね。

ショップでは
真正ラベンダー、
ラベンダー・アングスティフォリアなどと記載されている
ラベンダーです。
精神安定作用、精神強化作用、鎮痛作用でおなじみです。
虫さされや切り傷なんかには我が家じゃ原液で塗布します。(自己責任です)
一家に1本あると便利な精油ですよね。

ただし
アルツハイマー予防に真正ラベンダーの
何がいいのか?わからないです。はい
どっちかって言うと、ラベンダースピカとか
ラベンダーストエカスなんかの方が神経系には効きそうな気がする。ええ
購入するなら真正ラベンダーがいいのでしょうね。



オレンジスイート
画像なし※だれでも知ってるオレンジです。

オレンジスイートって言えば
万人受けする最もたる精油だと思います。
大人も子供もこの香りが嫌いな人ってあんまりいない香りですね。
柑橘系の果皮から圧搾法で抽出するけど
光毒性も無く、安心して使用できる精油です。
これといった禁忌もないですよね。

特に優れるのが
精神強壮作用、精神高揚作用

他には
精神安定作用、空気清浄作用
遊眠作用、健胃作用などがあります。

圧搾法の精油ですから開封後は半年以内に
使い切る方が無難です。




そうそう、余計なお世話ですけどね。
こんな風にTVで放送されて
はじめて精油を買う時は、
信頼できるお店で買う方がいいと思います。
本当にそれは精油なのか?
フレグランスオイル(合成香料)ではないのか?
使用期限は大丈夫なのか?
保管状態は良かったのか?

嗅覚からダイレクトに心身へ作用するわけです。
見極めて購入したいものですね。

関連記事

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

⇒comment

Secret

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。