Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 季節性情動障害とアロマテラピー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節性情動障害とアロマテラピー

先日、YAHOOニュースに季節性うつ病の記事が出ていて
ちょっと読んでみました。

独学セットで知り合ったみなさんと
メールのやり取りをしていると
特に私と同年代の方(アラフォー、アラフィー)達が

この季節はどうも毎年だめなんですよね~とか
やる気が起き無くてね・・とか
とにかく無気力です~なんて言うメールが多くなります。


この季節っていうと、まずは今の様な寒くなる季節や
冬から春になる時期が多いと思います。

ご多分にもれず、私もこの時期から
春になるころはどうしても調子がすぐれない。

ズボラで怠惰な性格に拍車がかかるわけです。

しどい時は、一日中ぼさぼさ頭のジャージ女だったり?

でね、この季節性情動障害って漢字だけみると
インスト学習でも非常に関係ある脳の部位を連想しますね。

情動といえば、情動脳=大脳辺縁系ですわよ。奥さん

そんでもってこの時期に起こる季節性情動障害は
★10〜11月ごろに憂うつな気分が始まる。←まさに私だ
★2〜3月ごろに治まるというサイクルを繰り返す。←これも私だ
★別名「冬季うつ病(Winter Depression)」とも呼ばれる。
★倦怠感、気力の低下、過眠、過食(体重増加、炭水化物や甘い物を欲する傾向が強まる)
WIKIより一部抜粋

原因ってのが日照時間の低下、で眠りに関わるホルモンのメラトニンの分泌にアンバランスが生じる
光による刺激が低下するから神経伝達物質のセロトニンが減り脳の活動が低下する。

だってさ。
インスト学習に出てくるワードてんこ盛りですよね。
メラトニンはサーカディアンリズムに関わる松果体から分泌されるホルモンです。

この季節性情動障害の治療には薬剤を使う時もあるそうです。
日常生活においては

青魚(魚油)を摂取する。
日光に当たる
早寝、早起き
夜はゆっくりぬるめの湯につかり、朝熱めのシャワーを浴びる
軽めの運動をする

などがいいのだそうです。

ここでまた気がついた。

青魚に含まれるといえば、オメガ脂肪酸ですね。
EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などがありますよね。
これもインスト問題で良く出題されますね。
どうしてこの季節性情動障害に良いのか?
血液サラサラ効果のほかにDHAは脳や神経系へ作用するからでしょうかね。

日光に当たる。
これはメラトニンの分泌を調整するために重要ですよね。
松果体からメラトニンを分泌するサイクルは朝日を浴び
夜は暗くして眠ることが重要だからですよね。

早寝早起き
これもサーカディアンリズムを調える上で
重要だと思います。人間は朝日を浴びてから14~16時間すると
眠くなるような体内時計があるのだそうです。
これを司るのがメラトニン、このメラトニンは夜間に分泌が促進される
のだそうです。

夜はゆっくりぬるめの湯につかり朝は熱めのシャワーを浴びる
これは季節性情動障害の時はやっぱり自律神経のバランスが
崩れているのだと思います。
夜寝る前は副交感神経が優位になってほしいわけですから
ぬるめの湯、朝は交感神経を活性化させるために熱いシャワーを浴びて
しゃっきりする。ってことですよね。

軽めの運動
これも適度に汗をかき・・・・
いや、ここは運動全くしない私には書けません・・
私は、掃除洗濯の時いつもより頑張って
働くだけだな・・ええ

ここで『アロ活』

自律神経のバランスを調える精油を活用して
アロマバスしたり、寝る前に枕元に芳香させたり
してみるといいわけですよね。

アロマバスには自律神経調整作用のある
プチグレンを使ってみようと思います。

寝る前は神経バランスを回復させる作用のある
スイートマジョラムあたりがいいですかね。
マジョラムは誘眠作用もあるので一石二鳥ですね。

っていっても私の場合、眠れないことはなく
寝過ぎなんですけどね。ええ
よくこんなに眠れるね。と夫に言われるけど
季節性情動障害は過眠ってのもあるわけだから
ほんと、いちいちうなずける。ええ



関連記事

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

⇒comment

Secret

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。