Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 アロマテラピースクール体験記Ⅶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピースクール体験記Ⅶ

さて、約1週間も経ってますが
11/9金曜日アロマテラピースクール7回目に行ってきました。
ばたばたしていて更新できなくて。別にしなくていい?
これだけは自分の忘備録として12回分ちゃんと残しておきたいわけです。


今回のなるほどポイントは
自分の体質診断をして、体質を把握し
不足しているものを精油の作用で補いましょう編
でした。

もともと好きな精油の香りって
そうそう嫌いになりませんよね。
いつ嗅いでも好きな香りは常にいい香りだと思います

ここに例外があるとしたら、風邪などで
体調がすこぶる悪い時、思いっきり二日酔いの時?
妊娠中とかもあるかもね。

ってことで自分にとって心地よい香りって
おえ~~っつってなるほど悪臭に感じることって
あんまりないように感じます。(個人の意見です)

この逆に
もともとあんまり好きじゃない香りとか
ものすごく嫌いな香りはどうかって言うと。

ものすごく嫌いな香りがものすご~く好きになることって
まず無いですよね。

時々、あらっ?思ったより嫌じゃないかも・・・
今日は珍しく臭く感じないよ。でも好きでは無い。
ってことはあります。

でも決していい香り~♪とはならないんじゃないかな。(個人の意見です)


ちなみに私はいつ嗅いでも大好きな香りは
ユーカリ、セージ、スイートマジョラム、ローズウッド、フランキンセンス
ティートリー、プチグレン、ベルガモット、ネロリ、ウィンターグリーンなどです。


時と場合で嫌いになるけど基本的に好きな香り
柑橘系、ペパーミント、カユプテ、和薄荷、、ジャスミンなど

時と場合で好きになるけど基本的に嫌いな香り
ラヴィンツアラ、クラリセージ、ローズマリー、サイプレス、レモンセントティーツリー
パルマローザ、ジュニパー、イランイラン、カモマイルローマン
サンダルウッド、ゼラニウムエジプト、バジルなど

最後にやっぱ嫌い、どうしても無理って言う香り
レモンユーカリ、レモングラス、ローズ、
シナモンカッシア、クローブ、カモマイルジャーマン


って他にも一杯あるんですけどね。
何をこんなに書きだしたのか。

アロマテラピー=芳香療法ですが

AEAJを先に学んでいたからでしょうか
ホリスティックアロマテラピー的には
嫌いな香りがいくら不調に良くても
それは使うべきじゃないのかな?
漢方薬ならね臭くても苦くても我慢して飲むけど
芳香療法なわけだから・・って常日頃思っていました。


でもね、メディカルアロマとなるとどうなんでしょう?と
ずっと思っていたわけです。

講師の先生も、自分が心地よい香りは
心身に必要な香りだよね。っておっしゃいます。



例えば私はクラリセージを心地よく感じる時と
ものすごく不快に感じる時があるんですがね。
普段は基本的に嫌いです。

私はこれまで
心地よく感じる時は
エストロゲンが足りてない、
臭く感じる時は
足りてる時なのかな?
と漠然と思っていました。

むっちゃ子宮系が丈夫な私は
生理不順とか無月経などになったことが無く
定期健診でも健康ですね!って言われるんですよ。

だからエストロゲンが足りてるだろう私は
普段クラリセージが不快なのかな?と
勝手に判断してました。ええ

ところが
ずいぶん以前に実は臭いと思う香りほど
体には必要なんだと言うことを聞いたことがありました。


ほんとのところはどっち?と微妙に疑問に思っていたわけです。

今回はもしかしてそれはありかも?
って思える経験をしたわけです。ええ



ここまで非常に前置きが長いんですけどね。

NARDのアドバイザーの学習過程で
体質診断をして、そこから足りない部分の補完に
精油を活用しましょう。って言う項目があるんです。

詳細は割愛します。

私の体質は黒胆質と多血質がほぼ半々

黒胆質はね
心配症で孤独を愛する性格なので時に鬱状態になることも・・

多血質はね
優しく楽しく多弁家で社交家
誘惑に負けやすく、気分やな面も・・・

私って孤独を愛するおしゃべりで
孤独を愛するけど社交的。
誘惑に負けやすく気分屋で鬱になりやすい人。

どんな人やねん?

ここからが重要です。

著しく不足している部分がね
リンパ質
背が低くゆっくりした印象
バランスの取れた性格で忍耐強く、物静か
まじめにコツコツ、人に従うのを好む
無関心や怠け癖がでることも・・

ここが足りない、しかも著しく。妙に納得です。

でね、ここで登場するのが精油です。

私のタイプの精油(足りない部分リンパ質はね)
レモンユーカリ、レモングラス、ローズマリーベルべノン

もうね、びっくりですよ。奥さん
だって嫌いな香りばっか!しかもかなり嫌い。

こうなると、やっぱり必要な香りほど実は不快なの?と
思いたくもなります。ええ

早速講師の先生に質問しました。
先生!全部大嫌いな香りです(T_T)。

先生絶句&苦笑。

足りない=大嫌いな精油でバスソルトを作成し
入浴時に使用して次の講習までに経験すること←ミッション?

もちろん、3日分毎晩入りましたよ。ええ

やっぱ臭い(T_T)無理(T_T)

でもね、あることに気がついたわけです。
トップノートは嫌だけど、ミドルとかベースは
心地いいかも?と・・

3日も毎晩入るとね
さらに分かったこと

レモングラスとレモンユーカリって
どっちも嫌いだけど、レモングラスの方がもっと嫌いだってことです。

そしてその理由を自分なりに考えるとね。
私はゲラニオールの香りが嫌いなんだってわかりました。ええ

ゼラニウム、ローズ、レモングラス、パルマローザどれも嫌いです。
共通成分はゲラニオールですよね

妙に納得しましたよ。ええ
3日間我慢した甲斐がありましたよ。


ちなみに、私の体質黒胆質と多血質の精油はね
プチグレン、ラベンダー、ゼラニウム、カモマイルジャーマン&ローマン
ペパーミント、サイプレス、パルマローザ、クローブ、ローズウッドなどでした。
半分は嫌いな香りじゃね?

結局何が言いたいかって言うと。

ってことは、好きな香りが必要な香りなのか?
嫌いな香りこそ必要な香りなのか?

どっちなのかはわからなかったってことだYO!


結論はね
やっぱりいくら体質改善に良くても
嫌いな香りでアロマテラピーはしたくないな~って
事でした。ええ

関連記事

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー

⇒comment

Secret

No title

記事がとても面白いのでしょっちゅうブログにお邪魔させていただいてます。
私も最近NARDのアドバイザー講座に入門したばかりです。1回目が終わったばかりです。
AEAJは先日1級検定受けました。

嫌いな臭いが必要ってそうなんですかね、
求めている香りが身体に必要なものって話は良く聞きますものね。

また後日談がありましたら、教えてください。

Re: No title

ナマエ様
おはようございます。
はじめまして。
コメントありがとうございます。
しょうもない記事ばかりと噂もありますが
Nard楽しいですよね。
AEAJ一級合格の次ぎはインストラクター
ですか?

両方一緒に学のもまた楽しいかも
知れませんね!

好きな香りと嫌いな香り
Nardに通って細かい成分を学んだからこそ
いろいろ考えられたなぁと
思います。
体質診断されたら
ぜひお聞かせください。

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。