Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 重曹と保冷剤の消臭剤(保冷剤編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重曹と保冷剤の消臭剤(保冷剤編)

先日講習会で重曹の消臭作用で精油の香りも
消臭してしまうのでは?というご質問をいただきました。
結論は精油の香りまで消臭しないでしょう。ですがね。
その時の記事はこちら
http://eucalyblue.blog28.fc2.com/blog-entry-730.html

じゃ、保冷剤の消臭剤はどうなのよ?と
思ったわけです。私

P1100953.jpg



そもそも保冷剤って何よ?と言えば
高分子吸収体とか高分子吸収ポリマーとか言いますね。
※最近はいろいろな種類の保冷剤があってほとんど水の様なサラサラもあります。
 これはそれとは違うのではと思います。

この高分子吸収体っていえば
オムツや生理用ナプキンなどの中に入っている
あの粒粒のゼリーみたいなやつです。

昔、次男がまだオムツだったころ
入浴前に兄がおパンツを洗濯機に入れたのを
真似て自分のオムツを投入し
翌日、大変な事になったことがあります。

水吸ってすごいことになってました。

この高分子吸収体ですが
己の重さの数百倍とか数千倍の水分を吸うっていうから
すごいですよね。

良く見かける消臭ビーズなどはまさにこれですよね。
この消臭ビーズに+香りのあるものは
香り成分や有用な成分を溶かして吸わせ膨張させたものだそうです。

アミノ酸系消臭剤とも言われるようです。 
ってことは、あれかい?やっぱり酸性のにおいには強いのかな?

※無臭のビーズタイプのもののほか
芳香するものもあります。



吸収した水分と一緒に香り成分などを
少しずつ表面に放出するって仕組みなのですかね?
その時に香りも香る。

ということは、保冷剤に精油をドロップすることは
このポリマーが空気中の湿気やにおいを吸収するのに
合わせ、精油成分が香るのですよね。
下手な合成香料が香るよりよっぽど安心だよな?
と私は考えました。精油自体の作用も期待できるわけだし。
何より、保冷剤ってどんどんたまりますよね。

捨てる前にもう一活躍させられるわけです。


仕組み的には、空気中のにおい分子を湿気とともに吸着する。
といった感じですかね。

お部屋の空気清浄機だって
精油のルームフレッシュナーをしゅ~っとすると
ゴーゴー消臭してくれたりしませんか?
それ吸ってどうする?って言うの?

うちの昔のやつがそうでした。

最近はアロマの香りは消しません!
みたいなのもあるんですよね。

昔友人がうちにあった空気清浄機を
珍しがってその前で屁をこいたことがあります。
ものすごい勢いでゴーゴー動いた時は
笑えました。ええ、そいつは女です。


横道にそれましたけどね。

この季節に気になる【におい】この仕組みを
覚えておけば、重曹、クエン酸、精油など
環境にやさしく消臭出来るんだって思います。

お酢もいいしね、アルコールもいいしね。
保冷剤も処分する前にもう一度活用できますよね。
関連記事

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー 重曹と保冷剤の消臭剤

⇒comment

Secret

No title

保冷剤も、いろんな種類あるのよね(-_-メ)

こないだ失敗したのは、なんかブジュブジュしてる
何て言うのかな?この写真の様にツルツルなゼリー状ではなく
クラッシュゼリーの細かいやつみたいなの(説明ヘタだな…)

あんなのが、袋の中から出てきてね。
見た目もあまりキレイではなかったので即捨てました。

我が家もこんなコップに入れてるんだけど
ホコリが気になって仕方ないのよね。
何かかぶせてますか?
※決して我が家がホコリだらけってな訳ぢゃないぞ…

Re: No title

またきちさん

あるね、保冷剤。いろいろ
水みたいなのもあるし。
まだそのタイプには出合ってないけど。
いろいろあるんだね。

うちは、ここにガーゼで蓋してます。
もちろん、模様もないただのガーゼ。
だって、野郎二人の我が家にはかわいいガーゼや
可愛い布なんてないいもんね・・・

埃も吸着するんじゃな?きっと(^_^)/~
Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。