Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 さてどっち?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてどっち?

このブログは
AEAJインスト試験に独学で挑む方のための応援ブログです。

第27回AEAJインスト試験に独学とかで検索されたかた
間違いなく、そうでございます。


第27回インスト試験に独学で挑む方におすすめ
「第27AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」詳細はこちらをクリック!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



先日、独学セットをご購入いただいた方から
こんな質問(ご指摘)がありました。

トーマス・ジョンソンにより増補され
多くの新大陸への移住者とともに新大陸を渡った、
「広範囲の本草学書」を著した人物は
ジョン・パーキンソンである。


と、私のセットや、用語辞典にありますが、


コンプリートブックには、
ジョン・ジェラードが著した
「本草あるいは一般の植物誌」は後にトーマス・ジョンソン
により増補され多くの新大陸への移住者とともに大西洋を渡った。
となっています。
*ちなみに私のコンプリートブックは第2版2005年8月のものです。

さて、これはどちらが正しいのか?
はたまた、両方がトーマス・ジョンソンにより増補され新大陸移住者の
バイブルとなったのか?というものです。


*ご存じのとおり、「コンプリートブック」は
参考図書ではありません。

なので、本番でこれがでたら
解答は
ジョン・パーキンソン」「広範囲の本草学書」とするべきなんでしょう。
協会がそう言ってるしね。

*用語辞典の正誤表(協会HP)にもこれに関しての正誤の記載は
 一切ありません。


実は、私は独学中、これと同じ勘違い?をしてました。

コンプリートブックの内容で覚えていたんですね。
独学中のノートもそうなってます。
さらに、独学セットの古いのではそれが正解として設問していました。

この時は、用語辞典がなかったしね。

ところが、あるとき自分のノートと用語辞典の矛盾に気が付き
調べてみたわけです。

すると・・

なかなかないのね。AEAJインスト専門のサイトさんを覗いても
確信が持てるものがなくて(結局みている参考図書や書籍が同じなんでしょう)

で、WIKIで調べてみました。ええ暇人です。

まず、英語なんですよ。ええ一応英文科ですけどね。ええ
はっきりって、途中で挫折しました。はい。

この手の翻訳って異常に難しいです。
そもそもトーマス・ジョンソンって人物がやたら多くてね。

どれがこのトーマスなのか?を探すのでかなり疲れちゃいました。
ええ、そうです。乏しい英語力です。はい。

ようやくたどり着いたら、読んでる途中で頭痛くなりました。
英文科の頃、授業中に長文をしていて頭痛がしたことを思い出しました。

で、仕方なく、自動的に翻訳したページでみたけどね。
そう、機械がしてるからさ。意味不明でした。何書いてるのか?不明です。
はい、笑えるほど。

【本当はジェラード?疑惑】
実は昔調べた時に、分かったのがね。
英語版のWIKIでは
トーマスの著書はジェラードとの
関連を書いたものが多いのです。
←それだけかよ?

英語なので私も拾い読み(しかもかなりあやふや)
状態でみていても、あ!もしかして、ジェラードじゃね?と思うんですよ。

トーマス・ジョンソンのページにしっかり
ジョン・ジェラードとのことが記載されてるんですよ。
なので、トミー(友達かよ?)がジョンの書籍を増補したって方が説得力ありです。

*結局、結論としてね。

どっちも、大西洋を渡っただろうね。と思います。


大切なのは、両書籍とも
トーマス・ジョンソンによって増補されたか?

それは結局わからなかったのです。っていうか途中で挫折しました。ええ

新大陸への移住者によって携えれらた書籍は
ジョン・パーキンソンの「広範囲の本草学書」

協会が言ってる方で解答しましょう。
トーマス・ジョンソンが増補したのは
ジョン・パーキンソンの「広範囲の本草学書」って言いきっているわけです。
ええ

ちなみに、英語はまかせて!と言う方
チャレンジしてみてください。お願いします。
以下リンクをクリックするとWIKIへ飛びます。

【トーマス・ジョンソン】Johnson's worksのところを参照してください。
http://en.wikipedia.org/wiki/Thomas_Johnson_(botanist)

【ジョン・ジェラード】
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Gerard

【ジョン・パーキンソン】
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Parkinson_%28botanist%29

ここで、3人のジョンが絡みますね。
「ジョン・ジョン・ジョン」です。犬の名前かよ?と思うのは
私だけでしょうか?関係ないですね。


そしてどなたか、英語ばっちりなかた情報をいただけると幸いでございます。
HELP ME!PLEASE. (T_T)

"YES! YOU CAN!” 

”V(^_^)V”
ピースサインぴくぴくです。
 
(オバマかよ?)












:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です
Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
関連記事

tag : AEAJインスト試験

⇒comment

Secret

No title

なんだ?
進化してる教科書なのね?

あたしゃこの何年か勉強していて
「トーマス・ジョンソン」ってな名前は
一度も見たことないじょ…

トミーだろうがジョンの息子だろうが
ジョンはこの二人しか知らんぞ(-_-メ)
ジェラードとパーキンソンしか…

No title

またきちさん

用語辞典に出てるべさ?
大丈夫vこれで覚えたでしょ(^_-)

立派なインストですから!GOGOよ!
Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。