Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 2013年01月
FC2ブログ

NARDアドバイザー試験終わりました。

やっとNARDアドバイザー試験が終わりました。
手ごたえは?

ないんだYO!

やっぱりしっかり学ばないとだめですか?
アドバイザーだからってちょっと気を抜きすぎたのかも。

穴埋めばかりでしたが、意外にふいを突く
問題が多かったです。

特に下手こいた~と思ったのが
法律関係ですね。

AEAJと微妙に解釈が違うのがあるんですよ。
ま、いまここで書いても仕方ないのでね。ええ

そのほかでは、出ましたよ抽出部位

ラベンダーの抽出部位は
AEAJでは葉と花ですね。

NARDでは花穂
花と茎葉にしちまったよ。ええ

なぜだかラベンダーの抽出部位だけ見落としてたの。
なんで見落としたのかは不明です。ええ
花穂だったら1度見れば忘れないはずだもんね。


茎葉や花房にとらわれすぎたようです。

それ以外は、もう忘れました。ええ

2度も見直ししたんですよ。ええ
でね、その見直しの過程で
法律の問題をこれは引っ掛けだろう?って
直しちゃったわけです。
最初のが正解でした。ええ

悩んだ時は、意外に初めに解答したのが
正解である。って法則そのまんまですね。

結果は2~3日で出るんだそうです。
落ちたらまた受ければいいわ。しかも
記憶がホットなうちにね。と
自分で自分を慰める。

そんな中で、講師の先生からモデルのご依頼を頂戴しました。

なんのモデルかって?

アロマトリートメントの実験台です。
寝てるだけのモデルです。ええ
最も得意分野です。

だがしかし、すっぽんぽん(おパンツはOK)
どうでしょう?
43歳アラフォー、きっとずっとずっと若い
生徒さんにこの裸体をさらしていいのでしょうか?

おばさんちょっと不安です。
2/1にやってもらうんですけどね。その前に
垢スリしとこう~♪
どんだけ汚いんでしょうか?自分

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

感染症予防の精油

インフルエンザが流行っていますね。
札幌の友人が生まれて初めてインフルエンザにかかったようです。
43歳にして初めてって・・・・
どんだけ丈夫なんじゃ?
もちろん、ワクチンもしたことなくてですよ。奥さん

早速、普段の食生活を考えました。ええ
もちろん彼女の。

そこで思いだした。この彼女
無類の【納豆】好きです。
納豆があればいい~♪って女です。

毎日欠かさず納豆を食べてるんですよ。
納豆にはいろいろなよい成分があるから
免疫力が高いんだろうね。

そんな彼女でもインフルエンザにかかったとなれば
我が家でも予防を兼ねて、今まで以上に食生活や
睡眠時間(質の良い睡眠)など免疫力をあげるように
しないとね。

さらには抗感染作用や免疫を刺激してくれそうな
精油を
使おうと思います。

感染症予防の精油といえば
ティーツリー、ユーカリ、ペパーミント
ラベンダーなどが王道ですが

フェノール類が抗菌NO1だと
メディカルアロマで習いました


フェノール類を含む精油・・・

メディカルを学ぶまでは
刺激が強いってイメージと香りが好きじゃなく
あんまり登場することも無く
精油箱の肥やしになっていたんですよね。


どんどん活用しなきゃね。




抗感染症に優れてそうな精油(精油箱の肥やし編)

フェノール類
【オイゲノール】
精油はクローブ、ミルラ、パチュリ
を思い付きますがね。

AEAJ30種の精油でもミルラとパチュリの
共通成分にフェノール類のオイゲノールがあります。

他の共通成分にはアルデヒド類のクミンアルデヒドがありますが
NARDではこれらの成分の記載がないんですよね。
本当に微量で薬理作用は期待できないのかな?

【チモール】【カルバクロール】
精油はオレガノ
このオレガノには他にカルバクロールという
フェノール類も含まれます。
クローブ、オレガノいずれも
抗ウィルス作用、抗菌、抗真菌、強壮、刺激、免疫刺激など
感染症によい作用がてんこ盛りです。

フェノールメチルエーテル類
【チャビコールメチルエーテル】
精油はバジル
抗炎症、抗菌、抗真菌、抗ウィルス、抗アレルギーに消化促進


芳香族アルデヒド類
【ケイ皮アルデヒド】
精油はシナモンカッシア
抗菌、抗ウィルス、抗真菌、免疫刺激、神経強壮
強い抗菌、加温


テルペン系アルデヒド
【シトロネラール、シトラール】
精油はユーカリレモン、レモングラス
抗ウィルス、抗真菌、抗菌..

これを見てあることに気がついた・・・

全部嫌いな香り(T_T)

まずは、ブレンドして試します。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

第31回AEAJインスト対策4

試験勉強がいっこうにはかどらないのは
やる気の問題でしょうか?

週末にクリスマスにって
予定していたi-padをゲットしました。
息子達は学校から戻り宿題が終わると
楽しげにいろいろやっています。

母はまだFACEBOOK位しか
見てないんですけどね。
そのうち使いこなせるようになりたいです。

気がつくと、ぼ~~っと考え事をし
まるで授業中に違う世界に行ってしまう
我が息子の様です。

一生懸命に元の世界に戻って
精油のプロフィールを頑張って覚えております。

AEAJのインストとかぶる精油が非常に多いのですがね。
その点はありがたいのです。

でもね、かぶる精油でも決定的に違うのが
抽出部位の言いまわしですかね。

例えば、クラリセージは
AEAJでは葉と花でした。
ほとんどが葉、花、実、って解答してれば良かったよね。

ところがよ、NARDでは花房と茎葉

房とか茎ってさ・・・・
あんな小さい花1個ずつ取らないじゃん。
まとめて花でいいんじゃね?
私が怒ってどうする?


葉だけでも
葉、茎葉、葉付き小枝、実つき小枝
花だって
花、花房、蕾
他にも全草(根以外)とか
細分化されちゃってるんですよね。

葉だけじゃだめなの?
茎葉ってどうしても葉茎になっちゃうの・・
歯ぐき?(T_T)


残す所明日1日です。
終わらないHA~HA~です。
※ええ永ちゃん調です。



今日は復習編

過去記事に何度か記載した
必須アミノ酸9種と12種の脳神経です。

何か月前かしらね?

私もこの所のバタバタで脳みそから
欠落してそうです。

覚えてますか?この忘却曲線
人間は復習しないとどんどん忘れる生きものだ。
※ほんとにそうだよ。

081208_1.jpg

tukai2.jpg

定期的に復習することで記憶を定着させるんですよね。
試験勉強中は、学習を始める前にウォーミングアップで
前回の学習内容をさらっと復習するようにしてます。

これやると覚えやすいきがする。
※気がしてるだけかもしれません。

そんなわけで

必須アミノ酸9種
なにも見ないで言ってみます。
バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジン
フェニルアラニン、メチオニン、スレオニン
・・・・・えええ・・・
トリプトファン、うううう~ん
だめだ・・・出てきません。
もう忘れてるよ。ええ

そう、リジンです。(答え見ました)

12対の脳神経

嗅神経、視神経、動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経
迷走神経、舌咽神経、内耳神経、副神経、舌下神経

あれ?1個足りないよ。顔面神経だってことは順番もぐちゃぐちゃですね。ええ

1.嗅神経、2.視神経、3.動眼神経、4.滑車神経、5.三叉神経、6.外転神経
7.顔面神経8.内耳神経、9.舌咽神経、10.迷走神経、11.副神経、12.舌下神経


みなさんはどれだけ覚えた?

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

第31回AEAJインスト対策3

AEAJとNard、
ホリスティックアロマテラピーと
メディカルアロマテラピーとして
AEAJはインストラクターまで
Nardは現在アドバイザーまで
学びました。

メディカルアロマテラピーを学ぶことで
より一層精油や植物油の
詳細な作用を知ることが出来たことは
私にとっては大きな収穫です。

非常に毎日の
生活に役立ってます。

AEAJのみ学んでいた頃は

健康学、解剖生理学などから
日々の生活や体調を
まさにホリスティックに見つめることが
できて、食生活や睡眠、運動などの
生活習慣を気にするようになりました。

いま、自分や家族の体のなかで
おきているであろう変化、
ホルモンバランス、免疫系防御、
自律神経系のアンバランス
を理解できて、根本を見直す機会を知ることで
今その不調はどこから来てるのか?
生活や食生活を見直す。
スキンケアや洗剤などの
生活用品を見直すなどの良い機会に
なりました。

そしてそこにはいつも精油や植物油がある。

軽い皮膚疾患、軽い火傷や切り傷、
かるい風邪かるい頭痛や目の疲れ、肩凝りなどは
精油で対処できちゃう。

精油の作用を知ると
知れば知るほど奥深い。


さらに、植物油やグリセリン
重曹やクエン酸、クレイやミツロウなど

基材そのものの
効果も加わると楽しくって仕方がない。

そして、もっともっと知りたくなる。
その結果、学びたくなるのが

メディカルアロマテラピーだったわけですが。

メディカルアロマを学ぶと

買ってから、使いようがなかった精油
いままで気になりつつ購入をしなかったり
手がでなかった精油を積極的に使うように
なりました。

これは、メディカルアロマを学ぶまでは
なかったことです。

キャリアオイルも同じです。
そんなわけで、金曜日のアドバイザーテストに
向けて、脳みそを活性化しながら暗記してます。



第31回AEAJアロマテラピーインストラクター試験対策3
精油の化学
参考図書 アロマテラピー用語辞典

イソプレン骨格
5つの炭素(C)と8つの水素(H)が結合した炭化水素
分子式 C5H8

二重結合を2つ持っている。
テルペン系化合物の基本構造となる。
自然界ではこのイソプレンが2つ以上結合して存在する。

モノテルペン
2個のイソプレンを基本の炭素骨格にもつ。
10個の炭素(C)と16個の水素(H)が結合した炭化水素
分子式 C10H16

セスキテルペン
3個のイソプレンを基本の炭素骨格にもつ。
15個の炭素(C)と24個の水素(H)が結合した炭化水素
分子式 C15H24

セスキテルペンと言えば、セスキテルペン炭化水素、セスキテルペンアルコール
などその精油の香りや作用を特徴づける成分が多いことでも知られます。
時々添削をしていて、セキステルペンと書いている方がいますが。

セ ス キ ですよね。

ジテルペン
4個のイソプレンを基本の炭素骨格にもつ。
20個の炭素(C)と32個の水素(H)が結合した炭化水素
分子式 C20H32

AEAJインストの項目ではこのジテルペンといえば
ジテルペンアルコール(水酸基が結合)したものが
有名です。スクラレオール(クラリセージの特徴成分)

tag : AEAJインスト試験

第31回インスト試験対策2

毎日更新頑張りますって言いつつ
たった1日で挫折する
この私って一体何者でしょう?
1日坊主ってあるんでしょうか?

本人はそんなに疲れてないつもりですが。

やっぱり疲れているようです。
昨日、立体駐車場の柱に車ぶつけました。ええ

相手が鉄の柱で良かった。
よ~く見ないと分からないんですけどね。

それにしても
人様にでも当ててたら本当に泣きます。

さらに、夕方には滑って転びました。
ええ、ほんとの話しです。

駐車場から一時停止もせず
ものすごい勢いで出てきた
くそばばばあの車のおかげです。

しかもその車のくそばばあ運転手ってば
全く知らん顔でした。
どう言う性格してるんでしょう?


あんまり腹が立ったので
文句言ってやろうかと
思いましたが
急いでいたのでやめておきました。

ついてないときはそんなもんでしょう。

さてインストの学習は、はかどっていますか?
私はNARDの方は全くです。

車ぶつけてディーラーに
見積もりに行き、散々な一日でした。




今日の第31回インスト対策3つは
参考図書
アロマテラピー用語辞典、目でみるからだのメカニズム
細胞小器官
細胞小器官は全部で6つあります。
細胞内の細胞質に存在
ミトコンドリア、リボゾーム、小胞体、
ゴルジ装置、ライソゾーム、中心体の6つです。
ひょっとすると、選択問題で細胞小器官を選ぶ問題や
細胞小器官に含まれないものを選ぶものなどあるかも・・

このうちミトコンドリア、リボゾームは
それぞれ何を合成するのか?重要です。

胚葉分化
内胚葉、外胚葉、中胚葉の順に出来上がる。
胚葉が様々な器官に分化すること。

内胚葉からは消化器系、呼吸器系、甲状腺など
外胚葉からは神経系、感覚器系、表皮、副腎髄質など
中胚葉からは循環器系、腎臓、副腎皮質、生殖器系、筋肉、骨など

ここで重要なのは、外胚葉由来の神経系と表皮です。
同じ胚葉由来を持つので、表皮をさすることは脳を刺激するのと
同義である・・皮脳同根の事です。

それから、副腎髄質と副腎皮質は同じ副腎ながら
髄質は外胚葉由来、皮質は中胚葉由来です。
引っ掛け問題にご注意を。

血液
栄養素、酸素、ホルモン、老廃物の運搬や体温調節
生体防御に関わり、恒常性の維持に重要な役割を担う。

恒常性の維持には、神経系、内分泌系、免疫系の3つの機構が
密接に関わり合って働きます。

血液は生体防御(免疫系)、ホルモンの運搬(内分泌系)にも
関わる体液の1つです。

そんなわけで、明日も更新できるように頑張ります。
私も試験勉強頑張りますよ。
メディカルアロマテラピーでは
ドミニック・ボドウって人が有名なんだってよ。
このドミニック・ボドウがどうしても
覚えられないんだYO!
なんかいい方法はないでしょうか?

頭に全然入ってこないんだYO!

ドミニック・ボドウ、ドミニック・ボドウ、ドミニック・ボドウ
ドミニック・ボドウ、ドミニック・ボドウこれで覚えられたでしょうか?

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter