Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 2010年01月
FC2ブログ

3月のAEAJインスト試験にむけ6


ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。


【お知らせ】
1/21にご入金の確認ができました方へは
発送が完了し【発送のお知らせメール】を送信しました。

ご確認のうえ、到着まで今しばらくお待ちください。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
アロマテラピー用語辞典はこない・・

前回の1級検定に合格し協会に入会した方には、
会員証が届いているようですね。メールでお知らせくださいました。
ありがとうございます。

やはり「アロマテラピー用語辞典」は先日コメントで教えていただいた通り
プレゼントとして送ってくれるのは2008年に会員だった人だけみたいですね。

現在は「カオリスタ検定テキスト」を同封してくれているようです。
どうなんだろう?プレゼントにケチつけちゃいけないけど。
用語辞典がいいよね。きっと。
ということで、用語辞典が欲しいかたは、協会HPでご確認くださいね。
本屋さんに注文することも可能なのだそうです。

この用語辞典は賛否両論あるみたいだけど、
それに参考図書ではないけれど、私にはとっても便利です。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
炭化水素類
これを基本に考えると、後が楽でした。
炭化水素類には官能基はつきません
炭素原子と水素原子だけでできた化合物
用語辞典には有機化合物を官能基によって分類する場合、官能基のないものを
総称して炭化水素類という。となっています。

モノテルペン炭化水素類
分子式C1016
イソプレン骨格が2個。官能基はなし

モノテルペン系炭化水素類のポイント
モノテルペン炭化水素類の中で覚えておきたいのは
α-ピネン、リモネン、γ-テルピネンあたりでしょうか。
炭化水素類は語尾が「エン」で終わると覚えておくのもいいでしょうか?
でも他にもあるから、私は余計に混同しちゃいました。

α-ピネンはご存じ森林の香として知られます。
α-ピネンを共通成分にもつ精油には
乳香、サイプレス、ユーカリ、ジュニパーベリー、ブラックペッパー、ミルラがあげられます。
どれもみな、樹木系の精油ですね。ブラックペッパーはスパイス系ですけど・・

リモネンは名前の通り、柑橘系全般の共通成分であるとともに
ミルラ、乳香、ブラックペッパーなどにも含まれますね。

そして頭の片隅に入れておくと便利なのが
クエンチング作用です。柑橘系に含まれるシトラールなどの刺激のある成分を
モノテルペン炭化水素類のリモネンが緩和する作用があるといわれます。

γ-テルピネン
γ-テルピネンはティートリーとスイートマジョラムの共通成分として覚えましょう。
この精油たちには、テルピネン-4-オール(モノテルペンアルコール類)も共通成分になります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

セスキテルペン炭化水素類
分子式C1524
イソプレン骨格が3個。官能基はなし

セスキテルペン炭化水素類のポイント
セスキテルペン類にはその精油の特徴となるものが多いといわれます。
覚えておきたいのは、サンタレン、カマズレンを中心に覚えましょう。
他にはパチュレン、ベチベン、β-カリオフィレンなどがあります。

サンタレンはご存じ、サンダルウドの特徴成分。
カマズレンカモミール・ジャーマンの特徴成分であり、
ローマンとの共通成分です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ジテルペン炭化水素類

30種の精油の中にジテルペン炭化水素類を主成分に持つ精油は
ありません・・ジテルペン炭化水素類ってあるのかね?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

つづく・・次回は官能基がつく、アルコール類などを
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」

3月のAEAJインスト試験にむけ5

ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ハーブコーディネーターの通信講座キットが届きました。














まずは、ハーブティーの入れ方から学びます。
今まではほとんど自己流だったから、ブレンドのおすすめなどを勉強しています。

よく知っているハーブばかりなので「なんだ?こりゃ??」ってこともなく。
今度お友達が来たら、このハーブのブレンドでお茶を入れましょう。とか・・

フレッシュハーブでサラダを作りましょうとか、ハーブバターやチーズなど
生活に密着してるのでいいです。難しくないのも私向き。

春になったらたくさんの種を植えてハーブ三昧の生活をおくるのが夢です。
フレッシュハーブってスーパーで買うとむっちゃ高いのよね。

夏休み帰省してる間に枯らさないように工夫しないと・・・夫はてんであてにならないのよ。
水あげてね!といえば、あげすぎで枯らし、水は控えめにね!といえばからっからに枯らす。
でも長いこと帰省してる手前、泣く泣くあきらめるわけ。

この講座は、個別のハーブを深く学びたい人には思いっきり物足りません。
これで基本がわかったら、スクールに通いたいですね。
東京に帰ったらだけどさ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今日からは精油の化学です。

ここがわかると、精油成分がわかって、アロマテラピーが楽しくなりますよね。

でもここを理解するのは私には大変でした。
学生時代に化学を学んだとたんに拒絶反応????
必ず居眠りこいてたことしか記憶にないから。
精油の化学を学ぶ時に後悔しましたよ。ちゃんと聞いてればよかった・・・
おまけに、当時の化学の先生の顔まで鮮明に思い出しちゃうほど・・・とほほ

でもそんな私でもそれなりに、わかったんだから(もちろん、この試験範囲のことよ)
私がわかった範囲をわかれば、インストには立ち向かえるはずです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
まず、精油の化学を学ぶ上で基本中の基本になるのは?
原子?分子?

原子とは?分子とは?を参考図書や用語辞典で確認しましょ。

分子とは、?複数の原子が結合し、物質として化学的性質を保つ最小の単位
そして、化学的性質というのが、
精油で言えば「精油成分(芳香物質)」ですよね。

精油成分(芳香物質)っていうのは何?
有機化合物が数十から数百の異なった分子構造で構成された芳香物資。
その?分子構造の違いが香りの違いや作用の違いとなる

有機化合物とは、炭素原子に水素が結合した化合物。動植物の構成に見られる。
いわゆる、精油成分の基本となる炭化水素がそうですよね。

?分子構造の違いは、官能基に基づいた構造の違いでグループ分けされます

?ここで、登場するのが官能基に基づいたグループです。
官能基とは分子内に存在し特定の香気と反応の原因となる原子団のこと。
これはまさに、?と?のことですよね。

そして、この官能基によるグループ分けがアルコール類、フェノール類などのことです。

精油成分は炭化水素を基本とします。
炭素の骨格(結合の構造)に水素が結合することで、その結合の仕方によって
鎖状炭化水素環状炭化水素に分類されます。

鎖状炭化水素
鎖状に結合した炭素骨格に水素が結合した炭化水素。
脂肪族系化合物などがそれにあたります。

環状炭化水素
環状(輪のような構造)に結合した炭素骨格に水素が結合した炭化水素。
芳香族系化合物などがそれにあたります。

精油の成分を官能基別にグループ分けすると

炭化水素類、アルコール類、フェノール類、アルデヒド類、オキサイド類
ラクトン類、エステル類、ケトン類に分けられます。


まず、ここがわかると、後が楽だったのよ。私は・・
精油成分の基本は炭化水素ですよね。
ここがわからない人は、検定テキスト2級(P41)とか用語辞典P37?を熟読してみましょう。
参考図書ではないけれど「コンプリートブック」のP80?81が一番わかりやすかったです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、ここで覚えるのがイソプレン骨格ですよ。私はそうでしたよ。

イソプレン骨格
分子式C58
炭素原子5、水素原子8で表わされる、炭化水素のことで、
テルペン系化合物の分子構造の基本になる。
この基本のイソプレン骨格を覚えておくと、後がらくですよ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
モノテルペン類
イソプレン骨格を2つもつ。
分子式C1016

イソプレンの分子式C58
が2つ分ってことですよね。

セスキテルペン類
イソプレン骨格を3つもつ。
分子式C1524

ジテルペン類
イソプレン骨格を4つもつ。
分子式C2032

この3点をよく覚えておくといいと思います。
本番でイソプレン骨格を3つ持つ化合物は?などというのがあるかもしれません。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
つづく、次回は炭化水素類から



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」

3月のAEAJインスト試験にむけ4

精油学

モクセイ科の精油(1種)
ジャスミン

モクセイ科のジャスミンのポイント
揮発性有機溶剤抽出法で抽出されるアブソリュートです。
「花精油の王」といわれますね。

学名は
Jusminam grandiflorum
Jusminam officinale

特徴成分はcis-ジャスモン(ラクトン類)
イランイランとの共通成分に酢酸ベンジル(エステル類)があります。

基材論の植物油オリーブ油も同じモクセイ科です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バンレイシ科の精油(1種)
イランイラン

バンレイシ科のイランイランのポイント
南国の香りといえば、イランイランですよね。
学名は必ず書けるようにしておきましょう。

Cananga odorata
「花の中の花」と言われます。
抽出法は水蒸気蒸留法です。

香りの強い精油なので使用料は少なめにするのがポイントです。

リナロール(モノテルペンアルコール類)、
ゲラニオール(モノテルペンアルコール類)を主成分に持ちます。

余談ですけど、講習会をした時に、イランイランがものすごい人気でした。
私は超苦手なので意外だったことを思い出します。
好き嫌いがはっきり分かれる精油とも言われています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
イネ科の精油(2種)
ベチパー、レモングラス

イネ科の精油のポイント
イネ科の精油2種といえば、アジアの香りでしょうか?
インドっぽい香りですよね。

ベチパー
水蒸気蒸留法で抽出します。抽出部位はです。
これが混乱しやすいようですね。根なので揮発性有機溶剤抽出法としてしまう方がいます。

根の水蒸気蒸留法です。

特徴成分はベチベロール(セスキテルペンアルコール類)
ベチボン、べチべロン、ベチベンとすべてベチがつくのですが
特徴成分はベチベロールです。

学名は
Vechiveria zizanioides
Andropogon muricatus(こっちはテキストにはないので覚えなくていいでしょう)

レモングラス
西インド型、東インド型に分かれます。

どちらも葉の水蒸気蒸留法です。
また特徴成分もシトラール(アルデヒド類)
この成分は昆虫忌避作用として知られます。

学名は
Cymbopogon citratus(西インド型)
Cymbopogon flexuosus(東インド型)

この学名覚えるのがすごく大変でした。◎citratus ×citrausこの間違いが多いみたいです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」

3月のAEAJインスト試験にむけ3

ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。


【お知らせ】
1/18現在(17:15)までにいただいているご質問、ご注文メールへは
返信が完了しています。ご確認の上、未着の場合には
ドメインの許可を行ったうえで再度お知らせください。

ドメイン excite.co.jp

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨日は家の大掃除をしました。今頃?年末ばたばたしていて
終わらなかったんだよな?

四国はやっぱり西なんだな?
もうはや、黄砂が飛んでますよ。車は真っ白気。
我が家はこの黄砂に弱いんですよね。気管支系が弱いので。
花粉症よりこの黄砂のほうが重大です。

黄砂って花粉よりも粒子が小さいそうな。
鼻の穴のでかい私は毎日掃除機状態に吸いこんでます。
おかげで鼻の中はからからしてるくせに、くしゃみがでる。

目はしょぼしょぼ、頭はぼ?っとしてます。


なんとなく部屋も埃っぽいような気がして
家族総出で雑巾がけしましたよ。いい汗かいた?♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日も精油学続きです。

バラ科(2種)
ローズアブソリュート、ローズオットー

インスト範囲の精油は全30種となってますが、
ローズはローズアブソリュートとローズオットーと
があります。1/30種となっていますが
抽出法が異なる精油として(実はバラ自体にもちがいがあるのだそう)
別々に覚えたほうがいいでしょうか。

バラ科の精油のポイント
バラの花好きで有名なローマ帝国の帝王ネロ皇帝を思い出しましょう。
後は、精油の蒸留法を確立したといわれるイブン・シーナが最初に蒸留したのが
このバラの花だと言われますね。頭の片隅に入れておくといいでしょうか?
大変高価な精油として有名です。「精油の女王」とか呼ばれています。

これは基材論ですが、同じバラ科の植物油にスイートアーモンド油がありますね。
バラ科のスイートアーモンドの種子から抽出されます。

ローズアブソリュート
揮発性有機溶剤抽出法により抽出された芳香成分(精油)ですね。

ローズアブソリュートのポイント

学名はローズオットーと同じ
Rosa dascenan加え
Rosa centifoliaがあります。

どちらも書けるようにしましょう。

そして抽出法は揮発性有機溶剤抽出法です。よってアブソリュートといわれます。

特徴成分がローズオキサイド(オキサイド類)、ダマセノン(ケトン類)。

そして忘れちゃならないのが、芳香族アルコール類のフェニルエチルアルコールです。
これはローズオットーにも微量に含まれるけれど、熱に弱く水蒸気蒸留法では残留しにくく
熱や水分を使わない揮発性有機溶剤抽出法で抽出するローズアブソリュートの主成分となります。

ローズオットー
水蒸気蒸留法で抽出されます。
学名は1つ
Rosa damascenaですね。

特徴成分はダマスコン(ケトン類)です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
キク科の精油(2種)

カモミール・ジャーマン、カモミール・ローマン

キク科の精油のポイント
まず、覚えてほしいのは、種類です。
ジャーマンは一年草、ローマンは多年草です。
抽出法は水蒸気蒸留法。

そして共通成分がカマズレン(セスキテルペン炭化水素類)ですが
特徴成分はそれぞれ異なります。

ジャーマンはカマズレン(セスキテルペン炭化水素類)
ローマンはアンゲリカ酸エステル(エステル類)です。

カモミール・ジャーマン
Matricaria chamomilla
学名も書けるようにしましょう。

カモミール・ジャーマンのポイント
キク科の一年草の花から抽出されます。
30種中、一年草の植物はこのジャーマンのみです。
精油は濃いブルーの色をしています。
主成分はカマズレン、また特徴成分もカマズレン、ローマンとの共通成分もカマズレンですね。

カモミール・ローマン
Anthemis nobilis
学名も書けるようにしましょう。

カモミール・ローマンのポイント
主成分であり、特徴成分であるアンゲリカ酸エステル(エステル類)が成分の
75%以上を占めます。
「地面のリンゴ」(リンゴのような香りがしますよね)
「植物のお医者さん」などといわれます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
フウロソウ科(1種)

ゼラニウム

フウロソウ科のゼラニウム精油のポイント
科名を間違える方が非常に多いように思います。(私も含む)
フ ウ ロ ソ ウ です。
フクロウソウ、フクロソウなどと勘違いしている場合は記憶の訂正をしましょう。
抽出部位も注意が必要です。
ゼラニウムを言うと園芸店などで美しい花を咲かせているのをよく見かけます。
ですが、抽出部位は葉です。
抽出法は水蒸気蒸留法。

また、成分で覚えておきたいのは
ローズとの共通成分です。
シトロネロール(モノテルペンアルコール類)、ゲラニオール(モノテルペンアルコール類)
また特徴成分はゲラニオールです、

このゲラニオールをフェノール類のオイゲノールと勘違いしている方が
多いので気をつけましょう。


つづく 次回は
ジャスミン、イランイラン、ベチパー、レモングラスです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」

3月のAEAJインスト試験にむけ2


ご好評につき再販売中の
「第25回AEAJインスト向けEucalyblueオリジナル独学セット」に関しては
こちらをご覧下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「アロマテラピー用語辞典」に関して

アロマテラピー用語辞典はAEAJインストラクター試験の参考図書に
指定されているわけではありません。

とは申しましても、解剖生理学や精油学、健康学など試験範囲となる
用語を調べるにはおすすめの書籍です。
2008年度に会員資格を持っていた方へは
協会からのプレゼントとして郵送されました。←これは間違いないよね。

その後に協会に入会した方はご自分で購入しなくては
ならないようです。(詳細は不明)←2009年に会員になった方は届いてますか?
もし届いてないのでしたら、きっと自分で買うってことですね。

協会のHPで確認して欲しい方は購入してもよいでしょうか。

http://aromakankyo.or.jp/book/index.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
精油学

フトモモ科(2種)

ユーカリ、ティートリー

フトモモ科の精油のポイント
いずれも主産地はオーストラリアです。
また共通成分に1,8シネオール(オキサイド類)<いちはちしねおーる>を持ち、
抗菌作用、殺菌作用に優れた精油として有名ですね。

学名はちょい難しいのですが、覚えましょう。
Eucalyptus globulus=ユーカリ
Melaleuca alternifolia=ティートリー

フトモモ科の精油として覚えてほしい他

1,8シネオールを共通成分に持つ精油として
ユーカリ、ティートリーに加え、ローズマリー、ペパーミントも頭に入れましょう。

テルピネン-4-オール(モノテルペンアルコール類)、
γ-テルピネン(モノテルペン炭化水素類)

ティートリーの主成分で、なおかつ、スイートマジョラムとの共通成分としても押さえたい所です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ヒノキ科(2種)

サイプレス、ジュニパーベリー

ヒノキ科精油のポイント
何はともあれ、抽出部位は頭に入れましょう。
サイプレスは葉と果実ジュニパーベリーは果実ですね。
いずれも水蒸気蒸留法で抽出されます。間違えないようにしましょう。

サイプレス
成分の80%以上がモノテルペン炭化水素類です。
このように特筆すべき構成はできるだけ頭に入れましょう。
森林の香(フィトンチッド)でも知られるα-ピネンを主成分にしています。
δ-3-カレンは でるた-3-かれんと読みます。
シータでもベータでもタンジェントでもありません。

ジュニパーベリー

お酒のジンの香りとして知られます。森林の香α?ピネンを主成分に持ちます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
コショウ科(1種)

コショウ科精油といえば、これしかありません。
ブラックペッパーですね。
抽出部位はもちろん果実です。

学名は Piper nigrum

ブラックペッパーのポイント
学名は書けるようにしましょう。加温作用や刺激作用で知られます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ビャクダン科(1種)

サンダルウッド
和名を白檀と言います。扇子やお香の香としても知られます。

サンダルウッドのポイント
抽出部位が芯材(心材)というのは30種の精油の中でこのサンダルウッドのみです。

また、旧約聖書にはシバの女王からソロモン王への贈り物に
乳香、白檀があったという逸話があります。

成分はすべてにサン?とつくのですが、
特徴成分はサンタロール(セスキテルペンアルコール類)
と、サンタレン(セスキテルペン炭化水素類)です。

つづく
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した私個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJ認定ブログではありませんのでご了承ください。

  AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です


http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue//
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Copy Right 「Eucalyblue 独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました」
Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter