Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 2007年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油

<精油学総論>

<精油の定義>
精油とは、植物の葉・花・果皮・樹皮・根・樹脂などから抽出した天然の素材であり有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である

*これはAEAJの精油の定義です
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<植物にとっての芳香物質の役割>
1.生理活性物質(ホルモン様な生体内の情報伝達物質)
2.誘引効果(昆虫・鳥などを引き寄せる効果)
3.忌避効果(菌・虫などを避ける)
4.単なる老廃物(2次代謝物)
5.冷却効果(汗などのように働く)

光合成に関係するなども覚えておきましょう

*1次代謝物=DNAなどの生命維持に欠かせないもの
2次代謝物=精油はフラボノイドやアルカロイドなどと同じ二次代謝物だといわれます

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<精油の分泌部位>
植物内の特殊な分泌腺で合成される
油胞という袋に貯蔵される

*植物により油胞のある場所が異なる、
また同じ植物でも場所により精油成分が異なる
★ネロリ(花)・プチグレン(葉)・オレンジビター(果皮)などのように
どれも橙から取れる精油です

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<精油の特性>
芳香性・揮発性・脂溶性(疎水性)・引火性がある。

*比重に関しては水より軽いものがほとんどだが・・中には水よりも重いものもある。

*精油は油脂ではありません・・有機化合物です。植物油との違いに注意が必要です。
精油は引火性のある油脂である・・などは良くあるひっかけです。
引火性はありますが油脂ではありません。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<精油の伝達経路>
嗅覚からの経路
 嗅覚からの心理・生理作用
*大脳へ直接働く経路は嗅覚からの作用である。
皮膚・粘膜からの経路 
経皮吸収・皮膚の抹消血管からの吸収による全身への経路
呼吸器からの経路 吸入による肺胞から血管そして全身への経路
消化器からの経路 飲用による消火器からの経路(AEAJでは推奨していない)
*AEAJでは経口摂取(飲用)は勧めない。
精油の皮膚への吸収と浸透の違いも大切です。

吸収
真皮から肌のバリアゾーンを通過して血流にのり全身へ作用する
浸透
表皮・真皮に成分が到達し局所的な効果を及ぼす
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 精油学総論 芳香物質 嗅覚 代謝物

解剖生理学(感覚器)

<解剖生理学>

<感覚器>
感覚器が受けた刺激は、受け取る感覚受容器により、
刺激を電気的信号(神経インパルス)に変換して大脳の感覚中枢へ伝達される。
感覚は特殊感覚・体性感覚・内臓感覚器官に分類される
*感覚受容器は特定の刺激にのみ反応する(特定刺激)

<五感とは?>
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚
*五感の中でも味覚・嗅覚化学受容器である
中枢は?
視覚の中枢は視覚野(後頭葉)受容器=網膜 感覚器=眼球
聴覚の中枢は聴覚野(側頭葉)受容器=内耳聴覚部 感覚器=耳
味覚の中枢は味覚野(前頭葉?)受容器=舌の味蕾 感覚器=独立した器官は無い
嗅覚の中枢は嗅覚野(側頭葉)受容器=嗅細胞 感覚器=独立した器官は無い
★嗅覚の中枢には前頭葉と側頭葉と意見が分かれるそうですが私は側頭葉と覚えました。
側頭葉の内側面(側頭葉の奥の方?)というほうが分かりやすいかもしれません。

★この部分は脳神経12対の分布場所はどこでしょう?なんて問題にも関わりますよね

第二脳神経の視神経、第八脳神経の内耳神経、
味覚を伝える神経は第七脳神経の顔面神経と第九脳神経の舌咽神経、
そしてアロマテラピーと最も関係の深い嗅神経は第一脳神経です

*味覚・嗅覚の感覚器は独立した感覚器としての器官はなく
味覚器は消化器に属する口腔の下、嗅覚器は呼吸器に属する鼻腔粘膜上部の嗅部

特殊感覚 視覚・聴覚・味覚・平衡感覚・嗅覚
<体性感覚>皮膚感覚(触覚・圧覚・温覚・冷覚・痛覚)筋覚(深部感覚)
*最も分布が多いのが痛点、逆に少ないのが温点
痛覚受容器を侵害受容器とも言う

<内臓感覚>内臓痛覚・臓器感覚(体液・内臓情報の供給)

<特殊感覚>
アロマテラピーと関連の深い嗅覚は特殊感覚に分類されます。

<嗅覚の仕組み>
独立した器官は持たず、呼吸器の鼻腔粘膜上部の嗅部にある。
臭いの分子が嗅上皮の嗅毛で受容され嗅細胞が興奮する。
嗅細胞の興奮が求心性のインパルスとなって嗅神経に伝わる。(電気的信号)
嗅神経からのインパルスは嗅球・嗅索を経て大脳皮質の嗅覚野に伝わる
*臭いの判断は嗅覚野(側頭葉の内側面)が行う

<嗅細胞>
嗅粘膜上部の嗅上皮に位置する
嗅細胞からは鼻腔に向かって嗅毛が出てにおい物質を受容

<嗅神経>
嗅細胞から嗅球に向かって出る突起を嗅神経といい
嗅神経線維が約20本集まって束になったものを嗅糸という
★嗅細胞からの神経線維の束(嗅糸)は,篩骨(しこつ)の小孔を通り
嗅球に達し、嗅索、嗅覚野に達する。
*篩骨とは「篩(ふるい)にかける」などに使われる、篩=ふるいと言う意味です
 嗅神経線維である嗅糸が通るための小さな穴が開いていて篩のようになっているのでしょうね

<嗅球>
飛び出した脳といわれる。
大脳辺縁系の一部で
嗅神経に入った香りの情報を処理する一次中枢である。

<嗅索>
大脳辺縁系の一部で
嗅球から伸びる神経線維の束であり軸索のことである。

<嗅覚の特殊性(特徴・順応・感度)>
嗅覚は閾値は低く・疲労しやすく・順応性が高い・男女では男性より女性が敏感だといわれ
また女性でも生理中や妊娠中は敏感になるといわれるが個人差が大きい。

<臭いの閾値>
感度が高いほど閾値は低いといわれる。

<臭いの順応>
同じ香の部屋に長時間いたりすると香がしないような感覚になること。

<嗅覚錯倒>
明らかに悪臭であるのに芳香と感じたり、良い香を悪臭と感じてしまうこと。

<嗅覚異常>
物の香りが分からなくなること

<幻臭>
実際には臭いがしないのにするように感じること

嗅覚と心理・生理作用はとても重要な部分です
ホリスティックアロマテラピーを学ぶ上で必ず出題される部分でもありますので
解剖生理学の嗅覚は丸暗記するつもりで覚えましょう

★精油の作用経路の中で自律神経系の最高中枢でる視床下部にダイレクトに
作用する経路はこの嗅覚からの作用のみです
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 感覚器 嗅覚器 嗅覚

解剖生理学(免疫系・アレルギー)

<免疫系>
白血球を中心とした生体の防御反応

<アレルギー>

<1型アレルギーとは?>
即時型アレルギーで、免疫グロブリンE(IgE)が関与する。

抗原が侵入すると、マクロファージによる食作用と抗原提示により
ヘルパーT細胞がB細胞への抗体産生の指令をする。
B細胞はヘルパーT細胞の指令により形質細胞に分化し抗体(IgE)を産生する。
このIgEがマスト細胞(肥満細胞)に付着し結合すると、マスト細胞から
ヒスタミンが分泌され、くしゃみやむくみ・血圧低下などを起こす。
★肥満細胞(マスト細胞)は真皮層にあります。
血管内では顆粒球の好塩気球が血管外にでると肥満細胞(マスト細胞)になります。

<アナフィラキシーショック>
蜂に刺されるなどによって抗体ができるとB細胞は次にまた抗原が侵入したときに備え抗原を記憶する、これを感作という、2度目にさされたときに即時に反応しすぎてショック症状となり、血圧低下や呼吸困難などを起こす。酷いと死に至ることもある。ペニシリンショックや蕎麦アレルギー(食事アレルギー)などでも同じ症状がでることで知られる。

<即時型アレルギー>
アナフィラキシーショック・花粉症・気管支喘息・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・食事アレルギーなどが知られる。

*即時型アレルギーはT細胞・B細胞と肥満細胞・IgEが関係します。

<2型遅延型アレルギー>
抗原(アレルゲン)とT細胞・好酸球が関与する。
ツベルクリン反応
臓器移植後の拒絶反応
接触性皮膚炎などが知られる。

遅延型アレルギーには好酸球、T細胞から分化した感作リンパ球が関与する
★感作リンパ球が産生するリンホカイン(化学伝達物質)が反応を起こす


<自己免疫疾病>
通常なら反応しない無害なはずの正常な自己に対して過剰に反応することでおこる。
免疫システムが壊れてしまうことで起こる、
慢性関節リュウマチ(膠原病)慢性甲状腺炎、橋本病、などが知られる。

<日和見感染>
免疫力が低下したことで普段ならば無害である菌などでも感染してしまうこと

<AIDSとは?>
HIVウィルスがヘルパーT細胞に侵入しDNAを改造する。その破壊されたT細胞のかけらが他のT細胞に付着するとキラーT細胞が異物とみなし攻撃する。このために免疫システムが壊れ通常なら大事に至らない日和見感染などによっても死にいたることがある。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 免疫系 過敏反応 アレルギー アナフィラキシーショック

疾病とその予防

【健康学】

【疾病とその予防】
?日常生活の不調・不定愁訴、?心身症、?動脈硬化症
?高血圧症、?資質異常症、?糖尿、?虚血性心疾患、?脳血管疾患
?骨粗鬆症、?痛風


<不定愁訴・ふていしゅうそ>
自律神経などの不調や心理的原因などにより、
日常生活での漠然とした不調のこと

★最近よく耳にする「末病」もこれにあたるのでしょうか?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<全身倦怠感>
精神的、肉体的にだるいと感じること

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<心身症>
その原因が社会的、心理的因子によって引き起こされる病気で
心のストレスに対する過剰反応が身体の病気を引き起こすこと

★過敏性腸症候群、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎、胃潰瘍
 十二指腸潰瘍、気管支喘息、自律神経失調症・筋収縮性頭痛
 多汗症などがあげられる
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<うつ病>
心身症が心にあらわれた状態で神経症やノイローゼなど

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<動脈硬化症>
動脈が固くなり弾力性を失って血液の循環に障害が起こった状態。
進行すると狭心症・心筋梗塞・脳出血・脳梗塞を起こす。
リスクファクターとしては高血圧・高脂血症・糖尿病・肥満
高尿酸血症・加齢・喫煙などがある。
動脈硬化の予防にはビタミンA.C.Eの摂取が効果的です
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<高血圧症>
収縮期・拡張期のどちらか1つもしくは両方が基準値よりも高い状態が慢性的に続くもの。
収縮期血圧140mmHg拡張期90mmHg以上になると年齢に関係なく高血圧といえる。

★高血圧は「サイレントキラー」=静かなる暗殺者とも言われますね。

<一次性高血圧とは?>
原因が不明で血圧が高いもので本態性高血圧とも言われる。
高血圧の約90%を占める。遺伝的素因・食生活・飲酒・ストレス・運動不足・加齢・喫煙
など多くの原因が関係するといわれる。
生活習慣病の1つです。

<二次性高血圧>
若年層に多く先天的に原因となる疾患がわかっている高血圧である。
腎臓病・内分泌異常・心臓・血管異常など
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脂質異常症(高脂血症)>
血清脂質である「コレステロール・トリグリセリド・リン脂質・遊離脂肪酸」
のどれか1つ以上が増加している状態。
★この脂質は血中ではタンパク質とともに流れます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<糖尿病>
すい臓のランゲルハンス島から分泌されるインスリンの分泌低下によって起こる、
代謝異常疾病であり、血液中でのグルコースが
腎臓での再吸収能力を超えて尿中に排出されること。
合併症に糖尿病性網膜症(後天性失明原因第1位)糖尿病性神経症・糖尿病性腎症
自律神経障害・白内障・動脈硬化など様々なものがある。

*膵臓のランゲルハンス島もキーワードです
腎臓に焼く100万個点在する
ランゲルハンス島α?細胞=グルカゴンを産生する
ランゲルハンス島β?細胞=インスリンを産生する
血糖値をあげるホルモン・下げるホルモンも合わせて覚えておくと効果的です。
血糖値を上げるホルモン=グルカゴン・糖質コルチコイド・カテコールアミン
など数種類あるのに対して血糖値を下げるホルモンはランゲルハンス島から
分泌されるインスリンのみってところもポイントですよね。

*空腹時の血糖値110mg/dl(正常値60?120)なども覚えておくほうがいいかも・・

<?型糖尿病>
若年層に急激に発症することが多く、
膵臓のランゲルハンス島β細胞が自己免疫秩序機構により
破壊されることでインスリン分泌がされなくなる。
★グルカゴンはランゲルハンス島α細胞
 インスリンはランゲルハンス島β細胞で産生されます

★インスリン依存型糖尿病(インスリン注射が必要)といわれる

<?型糖尿病>
日本人の糖尿病患者の大半を占め、
遺伝的素因保持者が生活習慣のゆがみにより発症する、
★生活習慣病である糖尿病は?型糖尿病です

*糖尿病は
?型?型の違いを抑えることがポイントです
また、高血圧の一次性、二次性と混同しないようにしましょう。
生活習慣病としての高血圧は一次性(本態性高血圧)、糖尿病は?型です
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
虚血性心疾患

<狭心症>
冠状脈壁の壊死・増殖などで内腔が狭くなり心筋への十分な血液供給がされない
一過性の心筋虚血のために心筋の収縮が部分的に滞った状態。
心臓の精神的興奮により起こる労作性狭心症と主に睡眠時に起こる安静時狭心症とがある。

*狭心症は一過性のものです。心筋梗塞と混同しないようにすることがポイントでは?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<心筋梗塞>
冠状動脈の完全な閉息状態、心筋が壊死を起こしている状態。
突然の激しい胸痛・ニトログリセリンなども効果がない、
長時間続き、突然死の原因の1つ。

*狭心症は一過性、心筋梗塞は心筋が壊死している状態です。
一度壊死した心筋は二度と再生しません。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
脳血管疾患

脳動脈の疾病により脳実質に障害が及んだものを脳血管障害(脳卒中)という。
血管が破裂したものを脳出血、閉塞したものを脳虚血性疾患という。

脳梗塞と一過性脳虚血発作がある、脳梗塞は脳動脈の狭窄、
閉塞により血流が減少または途絶えることで脳組織に壊死が起こった状態。
脳血栓とは脳動脈硬化巣に血栓ができて血管が詰まった状態。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<骨粗鬆症>
骨量が著しく減少し骨折しやすくなった状態、閉経以降の女性に多く、
原因として加齢による骨量(骨密度)減少、
閉経によるエストロゲン(卵胞ホルモン)減少によるといわれる。
カルシウム・ビタミンDの摂取不足も原因といわれる。

*骨粗鬆症に関しては、エストロゲンの減少とビタミンDやカルシウム
の関係がポイントだと思いました。

<痛風>
生体の代謝異常によるもので、生体内に尿酸が結晶化し尿酸塩となったものが
関節に付着して急性関節炎、結石・腎障害などを起こし、
熱や痛みを伴う強い炎症反応を起こすこと。

高尿酸血症の原因となるプリン体を含む食品の過剰摂取により亢進する。
腎臓から排泄されれば問題ないが排泄障害や能力を超えた状態になると
血漿の尿酸値が高くなりやげて結晶化する。

*高尿酸血症(痛風)
プリン体の最終代謝物は尿酸です。尿酸は窒素化合物です。
*プリン体とは、生物にとって重要な核酸などの
 構成成分で生命維持に不可欠な物質です

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 健康学 疾病とその予防

解剖生理学(免疫系)

<免疫系>
非特異的防御機構と特異的防御機構による生体の免疫システムで
血液の白血球が主役の免疫システムである。人間の恒常性の維持には
この免疫系も内分泌系、神経系の調節とともに重要な役割がある

<血液>

ホメオスターシスの維持には神経系・内分泌系のほか免疫系も大切。
この免疫系の主役は血液です。また免疫系の主役は白血球です。

<血液>
血液は体重の約1/13
成人男性で5Lである。
栄養・酸素の運搬・ホルモン・老廃物の運搬
生体防御(食作用・免疫作用)
体温調節
骨髄中にある未分化の幹細胞(造血幹細胞より作られる

成分は血漿=55%(液体成分)
(うち90%水分・タンパク質=アルブミン・グロブリン・フィブリノーゲン7?8%
糖質0.1%・ミネラル0.9%=ナトリウム・カリウム)

血球=45%(赤血球・白血球・血小板が500:1:25)細胞成分
*血液はすべて骨髄中の未分化の幹細胞からできる。
それぞれが分化して働きの違うものとなる。


<血液の作られる場所は?>
助骨・大腿骨・頚骨・骨盤・椎骨・胸骨
骨髄中未分化の幹細胞が分化してできる

<非特異的防御機構とは?>
★先天性免疫
・一般的な異物・侵入物に対する無差別的な排除システムである。
・防御壁としての皮膚や粘膜
・局所にある抗菌性物質(胃液・腸内細菌など)
・好中球や単球・NK細胞による無差別的排除機構

<特異的防御機構とは?>
★獲得免疫
・侵入物を認識して特異的に反応・処理する免疫機構
・1度感染すると抗体ができて再び感染しないなど
 のリンパ球中心の免疫機構(麻疹やおたふくなど)

・T細胞による細胞性免疫とB細胞による体液性免疫がある

<赤血球とは?>
・未分化の幹細胞→核小体が小さくなり・細胞小器官減少→無核の赤血球になり血中へ
★赤血球・血小板には核がありません
・酸素を運び二酸化炭素を回収する
・中央が凹んだ円盤型で無核である
・鉄を含む血色素(ヘモグロビン)の影響で赤い
・柔軟性にとみ、変形しやすい
・寿命は120日・毎日全赤血球中の1/120が肝臓・膵臓で破壊され骨髄で新生される。
・男性よりも女性のほうがやや少ない

★赤血球は無核で細胞小器官はありません。
★ヘモグロビン(血色素)は鉄をタンパク質を含みます
 体内の鉄4?5gの実に70%がヘモグロビンとしての決色素です
  残りの30%は貯蔵鉄として肝臓・脾臓・骨髄に貯蔵されます
  男性よりも女性がやや少ないので女性は貧血になりやすいそうです

【赤血球の産生に必要なビタミンや関わるホルモン・ミネラル】
ビタミンB6=ヘモグロビン合成を助ける*欠乏すると貧血
ビタミンB12=葉酸(ビタミン)と共に造血作用に働く*欠乏すると悪性貧血
葉酸=ビタミンB12と共に造血作用に働く*欠乏すると貧血
エリスロポエチン=腎臓から分泌される赤血球造成刺激因子

<白血球とは?>
・未分化の幹細胞→リンパ芽球・単芽球・骨髄芽球それぞれが分化し、
リンパ球・単球・顆粒球となる。
・生体防御作用(特異的防御機構)に関与し免疫系システムの主役である。
★免疫系の主役で
特異的防御機構(獲得免疫)=T細胞・B細胞の働き
非特異的防御機構(先天免疫)=単球・好中球・NK細胞の働き
に分けられます。

<リンパ球>
T細胞・B細胞・NK細胞

<単球>
抗原提示細胞(抗原の情報をT細胞に伝える細胞)
血液中では単球
組織にでるとマクロファージ(大食細胞)
・肝臓ではクッパー細胞
・肺胞では肺胞マクロファージ
・皮膚ではランゲルハンス細胞
・骨では破骨細胞

白血球中最大で好中球に次ぐ食作用で大食細胞という
★大食細胞というのは大食だけどもっと上によく食べる好中球がいます。
大きなという意味でとらえて混乱しないようにしましょう・・

<顆粒球>
好酸球(抗原抗体複合物の摂取除去・寄生虫やアレルギー性疾病に増加)

好塩基球(炎症部位の血管拡張・血液凝固の抑制・好中球のヘルプ)→血管外にでると真皮層にある肥満細胞に分化します。肥満細胞はヒスタミンを放出するアレルギーに関与します

好中球(白血球中最大・細菌・ウィルスの摂取・消化・食作用)

*好酸球・好塩基球はアレルギーに関与
好中球は白血球中最大の食作用をもちます

<白血球のリンパ球とは?>

★リンパ球のT細胞・B細胞は特異的防御機構の主役です
・自己と非自己を見分ける機能を持つ
・目的の抗原だけを狙い撃ちすることができる
・白血球の36.5%をしめる
・免疫作用の主役でT細胞・B細胞か・らなる。
・リンパ芽球が胸腺で分化したものをT細胞、
・骨髄のファブリチウス嚢で分化したものをB細胞という。
・T細胞は細胞性免疫、B細胞は体液性免疫の作用を持つ。

<T細胞とは?>

リンパ球中の細胞性免疫機構を担う、胸腺で分化される細胞。
・免疫系全体の指令塔的な役割を持つ
・サプレッサーT細胞・ヘルパーT細胞・キラーT細胞に分かれる
・T細胞は直接異物の排除処理を行う(食作用)
・単球のマクロファージが異物を食べその特徴をT細胞やB細胞に伝える(抗原提示)
・化学伝達物質であるリンホカインを産生

<キラーT細胞>
細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)として分化したもの、殺し屋細胞で食作用を持つ。
・好中球やマクロファージからの抗原提示により分析した抗原への打撃

<ヘルパーT細胞>
抗原(異物)に適合した抗体を生産するための指令をB細胞に与える。
このヘルパーT細胞の指令に基づいて抗体が産生されます
テキストによっては、抗体を産生するのはB細胞であるというものと
ヘルパーT細胞の指令でB細胞から分化した形質細胞が産生するといった
書き方がありますが、正しくは形質細胞です。

★感作リンパ球に分化して情報伝達物質であるリンホカインを産生
 リンホカインは遅延型アレルギーやマクロファージの活性化に関与する
 

<サプレッサーT細胞>
B細胞が抗体を作り過ぎないようにコントロールする

<B細胞とは>
リンパ球中の体液性免疫機構を担う。
 骨髄のファブリチウス嚢で分化する細胞。

・ヘルパーT細胞の指令に基づき、タンパク質より抗体を産生する。
★テキストによっては、抗体を産生するのはB細胞であるというものと
ヘルパーT細胞の指令でB細胞から分化した形質細胞が産生するといった
書き方がありますが、正しくは形質細胞です。

・再侵入された場合に備え抗体の再生記憶をする(記憶B細胞)
・マクロファージがうまく食べられない抗原に付着して食べやすくする
(オプソニン効果=免疫食作用)
・抗体は免疫グロブリンといわれるタンパク質IgでY字型をしていて
 特異的な抗原と結合すると抗原抗体複合体を形成(好中球も関与する)

・IgG.IgA.IgM.IgD.IgEがある。
IgG=胎盤を通過し感染後3夕刊ほどで現れるので即効性はない
IgA=初乳・唾液に含まれる、粘膜系の免疫作用に関与する
IgM=感染後最も早く作られる抗体
IgD=B細胞と関係すると考えられる
IgE=アレルギーに関与する

★抗原=免疫グロブリンといわれるタンパク質を合成するのはB細胞というより
 ヘルパーT細胞の指令に基づいてB細胞から分化した形質細胞が抗体を
 産生するのが正しいようです。もしそんな問題がでたら思い出してください

<NK細胞(ナチュラルキラー細胞とは?>
胸腺で分化する
抗原認識がないので無差別に抗体を攻撃する
ウィルス・細菌・がん細胞などに有効
笑うことでUPしストレスで減少するといわれる
非特異的防御機構・特異的防御機構両方で活躍する

<血小板>
巨核球の細胞分裂によってできる。
★無核です、血液凝固作用に関与します
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 免疫系 防御機構 白血球 リンパ球

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。