Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 アロマスクール体験記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

昨夜からパソコンが立ちあがらず
朝から大騒ぎの我が家でした。
富士通に電話したり、データをバックアップしたり
午前中は風邪で学校を休んでいる長男を巻きこんでの
てんやわんやぶりでした。
メールへのお返事が遅くなりました皆様
大変申し訳ありませんでした。この場を借りて
お詫び申し上げます。


先日受験したNARDアロマテラピーアドバイザー試験ですが

お陰様で合格しました!
合格のご報告は先生からいただいていたんですが
今日やっと合格通知書が参りました。

IMGP0522.jpg

NARDは得点も開示してくれるのね。
95点でした。

明らかに下手こいたのは
☆ラベンダーの抽出部位 花穂 一生忘れません。
※AEAJでは葉と花です。

☆法律の引っ掛け2問
1.医師出ない人が精油のブレンドを作成して「これは水虫だ」とブレンドを
塗布してあげることは診断および治療行為として取り締まりの対象になる。

2.あはき師ではない人がマッサージを行うことは禁止されている。

さて、これ見てね最初は1も2も○にしました。
でもね、法律問題が全部○だったんですよね。
そんなのあるわけね~
きっと引っ掛けにちがいね~って
見直しました。まてよ、これらは全て業として
お金をもらっているとは書いてないよね・・
もしかしていいの?と×にしました。
ええ、ええもちろん○ですよ。冷静に考えれば分かることですよね。


そして明らかに勘違いの
交感神経と副交感神経それぞれが優位な時の
体の状態の問題です。

末梢血管は
交感神経が優位な時は収縮
副交感神経が優位な時は拡張ですがね。
どうやら逆に書いていたようです。

それから、ベルガモット精油で作成した
化粧品などを皮膚に塗布した時の注意点を小論文にするんですけどね。
光感作とフロクマリン類というワードが抜けていたのかな?

NARDはきちんと、得点も開示してくれ
またどの問題を間違えたのか教えてくれたので
今後の参考になりました。



そうそう、試験の時に先生に大笑いされたのがね

圧搾法と記述する解答があったのね。
圧搾法の搾がどうしても出てこないわけ
手へん、と作るの右側(なんて言うの?これ)は
分かるのにウかんむりの下に何が来るのか?
度忘れしちゃったわけです。

問題用紙にいっぱいなんちゃって搾を書いてあったのを
先生が見て大爆笑でした。

最後の最後に思い出したから良かったけどね。ええ

圧搾法の搾は穴かんむりなんですよ。
インスト試験でもし出たら思いだしてくださいよ!

圧搾法
ちなみに読み仮名はあっさくほうですからね!
圧縮法ではありませんよ!
余計なお世話ですね。ええ

そんなわけで、今後はNARDのインスト目指して
頑張りたいと思います。
お仲間さんも見事合格されたのでね
二人でお祝いに一杯飲みに行くことにしてます。



第31回AEAJインスト対策

今日は、自分も間違えた交感神経と副交感神経にします。
実は私、独学時代から、ついついこの末梢血管と冠状動脈がどっちか
勘違いしてました。

交感神経が優位な時
末梢血管は収縮して、そのかわりに冠状動脈などは拡張するんですよね。
逃走や戦闘のために働く交感神経
これが優位な時は、脳と心臓にGOGO血液を送らないとならないから
冠状動脈などは拡張、末梢血管は収縮する。

副交感神経が優位な時
末梢血管は拡張して冠状動脈などは収縮するんですよね。
休息や栄養補給、消化などに働く副交感神経
これが優位な時は、体中がリラックスムードで
体の隅々までゆっくり血液が流れるってわけですよね。

交感神経、副交感神経それぞれが優位な時の
体の状態をきちんと把握しておくといいと思います。

【瞳孔】    交感神経 (拡散) 副交感神経 (縮小)
【気道】    交感神経 (拡張) 副交感神経 (収縮)
【血圧】    交感神経 (上昇) 副交感神経 (下降)
【心拍】    交感神経 (促進) 副交感神経 (緩徐)
【消化液分泌】 交感神経 (減少) 副交感神経 (増加)
【消化管の運動】交感神経 (抑制) 副交感神経 (促進)
スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

アロマテラピースクール体験記Ⅻ

12/20は最後のNARDアドバイザースクールでした。
12回もあったのに。あっという間に終わってしまいました。
それほど毎回楽しかったんですよね。


最後の授業は『消化器系のためのアロマテラピー』
『女性の悩みを軽減するアロマテラピー』
最後におしゃべりしながら『セルフハンドマッサージ』をしました。

排泄や性周期に関してはAEAJインストでの学習の方が
各器官や自律神経などの働きに関しても
ずっとずっと深く学ぶと思います。
NARDスクールはアドバイザーですから
流す程度で十分な感触でした。

でもね、やっぱりここがスクールの良さだと思う。
テキストにはないこと(先生が独自に学んだこと)を
そして実際にセラピストとして積んだ経験を交えて
教えてくれるのが
本当に勉強になるんですよね。

なるほどね~って思うんです。

AEAJでの学習では
機能性便秘や下痢、排泄に関する自律神経との関わり
食生活や生活習慣などを中心に学べばいいと思います。

メディカルアロマのNARDですから
各症状に適した精油を交えて学ぶわけですが
今回のへ~へ~ポイントは
『全ての元は肝臓にあり』でした。

消化器系の不調で肝臓?ってちょっと意外でした。
胃は食べ物を粥状にする器官(吸収はほんの少し)
小腸は本格的な消化と吸収を行う所

そして小腸で消化吸収された栄養は
肝臓で体内の各細胞や組織、器官に適応するように
代謝処理されて様々な物質に変換される。

だから肝臓が疲れていると、胃腸の調子も悪くなるし
体全体の調子も悪くなるってことです。
お酒もほどほどにしないと駄目ですね。


そして『女性の悩みを軽減するアロマテラピー』での
へ~へ~ポイントが1つ
卵巣の卵胞ってエストロゲンを分泌します。
排卵後の黄体はプロゲステロンを分泌します。
妊娠が成立すると黄体は妊娠黄体になって
出産までプロゲステロンを放出し続けるわけですが。
この一連の作業は全て卵巣の中で起こっているんですってよ。

考えてみれば当たり前だけど、卵巣で成熟した卵胞が
ぽんと卵子を放出して
排卵した後の卵胞の袋が黄体に変化するんだってよ。

さらに受精したあとの
黄体ってどこにあるのか?よくわかってなかったのですよね。私。

妊娠が成立すると卵巣の中の黄体は100倍くらいのサイズに
なって一生懸命にプロゲステロンを放出し続けるのだそうです。

妊娠が不成立だと黄体は白体になって
放出をやめ、月経とともに流れ出ますよね。
すると次の卵胞が成熟しはじめる。

この一連の作業は全て卵巣の中で起こっている。
だからこれが卵巣周期なのね!と思いました。

子宮内膜周期は子宮の中で起こる一連の作業ですけど。
排卵された卵子が卵管膨大部で精子が来るのを待つ間
プロゲステロンの働きでせっせせっせと子宮内膜を
肥厚させて受精卵が降りてくるのを待っている状態?

妊娠が不成立だと、内膜は月経として外に出ていくんですよね。

年明けにアドバイザー試験です。
勉強全くしていない私。
このまま冬休みに突入しちゃって
どうするんでしょうか?自問自答しておきたいと思います。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

アロマテラピースクール体験記Ⅺ

12/7はアロマテラピースクール11回目でした。
残すところNARDアドバイザースクールもあと1回です。
寂しいな~と言うのが正直な気持ち。

師走でもあって毎日何となく忙しく
気ぜわしいので、このスクールで
大好きなアロマの話しや世間話しをするのって
本当に癒し&元気をもらえます。

つくづく通って良かったと思います。
講師の先生&お仲間さんとの出会いに感謝です。

今日の学習は神経系内分泌系
そして、肩こりに良いブレンドなどを大急ぎでやりました。

神経系と内分泌系に関しては
恒常性の維持に始まって、神経系とは?内分泌系とは?と
学ぶ内容はAEAJのインストと同じです。
アドバイザーなのでさらっと流す程度で十分でした。


でもね、先生はマニアックなので(笑)
面白いへ~へ~話しを毎回してくれるのね。
これが本当にためになる。


今回のなるほどポイントは
神経系から
中枢神経と末梢神経についてですけどね。

AEAJインストでも重要な項目ですよね。

中枢神経
脳と脊髄に分類
全身から送られてきた情報を受け取り判断し指令を出す神経です。

末梢神経
構造学的には
脳神経と脊髄神経に分類
機能的には
体性神経と自律神経に分類され
体性神経
運動神経と知覚神経に分類
自律神経
交感神経と副交感神経に分類されますよね。

そうそう、それで思い出した
旧用語辞典と改訂用語辞典にも変更があるので
ご注意ください。

旧用語辞典P185では
脳神経は脳から出る12対の体性神経である。
脊髄神経は脊髄から出る31対の体性神経である。となっています

ところがよ、新用語辞典P136,P102では
脳神経は脳から出る12対の末梢神経である。
脊髄神経は脊髄から出る31対の末梢神経である。
に変更されてるんですよ。

ご注意ください。
二次の穴埋めとかで出るかもよ。

どうでもいいんですけどね、私には新用語辞典って
ほんとに使いにくいです。今回は本当の辞典のように
あいうえお別に掲載してるんですよね。
※旧用語辞典は項目別でしたし、巻末に索引があるので
もともと調べたい語句は巻末の索引で、神経系について
知りたければその項目の部分を見ればいいわけです。

でも新は全てあいうえお別なので
1つの項目を学習するのにもいちいちページを繰って
調べなきゃならないし、さらに言いまわしや記載によって
どの名称で調べれば出てるのか?わからないものもある。
※巻末には項目別に出てるけどね。ええ

結局旧用語辞典で調べて、もしかすると新用語辞典では
何かが違っているかも?と【新】で調べるって非常に面倒くさい。

今回の体性神経から末梢神経への変更もそんな過程でみつけました。



そうそう、今日のなるほどポイントでした。ええ

神経系のうち、
全ての行動や体の変化の出発点はどこだと思う?

という先生からの質問です。

ええええ?突飛な質問じゃ(T_T)
どこなんだろう?中枢神経じゃないの?
と解答しました。

でもね、違うんですよ。言われてみればその通り。

知覚神経なのだそうです。

知覚神経が見る、嗅ぐ、触る、感じるなど
何かの変化を感じ取ってその求心性の情報が中枢神経に行って初めて
行動や体の変化が起こるんですよね。
お腹が空けばその感覚が中枢神経に伝わって何かを食べる。
外に出て暑ければその感覚が中枢に伝わって汗が出る。
危険が迫ればその情報が中枢神経に伝わって全速で逃げる?

いちいち納得でした。

最後の授業は20日です。
もっともっと学びたいことてんこ盛りです。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

アロマテラピースクール体験記Ⅹ

本日11/30は10回目のスクールでした。
先週からの風邪もほぼ完治し
今日はスキンケアに関する学習をいたしました。

今日も非常に有意義な時間を過ごすことができました。

スキンケアに関しては
AEAJで学習する皮膚構造の方がしっかり深く学ぶ気がします。

どちらかと言うと、植物油を学ぶのですが
AEAJ12種の植物油とは
学ぶ種類がずいぶん異なるのにも驚きました。

NARDのアドバイザーでは
まず出てくるのがファーナス油です。

これが噂のファーナス油か!
使い心地や匂いはどうってことないって言うのが感想です。ええ

ヤシ油2種から酸化しにくい飽和脂肪酸だけを分離精製したものだそうで
分子が小さいので皮膚の深部まで浸透するんですって。へ~
それからアルガン油も学習するんですよ。
AEAJにはないですよね。

そのほかローズヒップ、カロフィラム、シアバターも学習したのですが

今日のなるほどポイントはね。

酸化しやすい植物油は
乳液やクリームがわりに使うべからず。



実は私、ローズヒップや月見草油って買うたびに酸化させて
結局捨てます。ええ
あんまり使い心地も好きじゃないのね。

どちらも作用のすばらしさはよくわかっています。

先生は、ローズヒップは非常に酸化しやすいので
マッサージに使うのはいいけど、
乳液変わりに使うのはやめた方がいいって。
皮膚上で酸化しちゃうそうです。
考えてみればおっしゃる通りですよね。

ってことは月見草油も同じなんでしょうね。
入浴の時にマッサージに使って
その後は綺麗に洗い流す方が良いということです。


ちゃんと必要な成分は浸透してるから
洗い流しても問題ないのだとか。

いちいち勉強になるわ。

ってことで今日はこのファーナス油の特徴を存分に行かせる
スキンケア用の何かを作ることにしました。

もうね、決めてたの。ええ

シミ専用のスポッツ美容液。はい(^_^)/~

ベースオイルは浸透性の高いファーナス油
そして表皮細胞に栄養を供給するってことで
アルガンオイルも加えました。

シミにいいと言う、レモンとセロリを使おうと思ったけど
残念ながらセロリの在庫がなくて
よく考えたら、寝る時顔がセロリ臭いのはいや・・・

もう一つのレシピ
ローズウッド、カモマイル・ローマン、ゼラニウムエジプト
で作成しました。

ローズウッド以外はあんまり好きじゃない香りですが
シミにスポット付けするんだから
いいとします。

今夜から早速使ってみようと思います。

それからね、メディカルアロマテラピーだからなんだろうな
植物油に関してもきちんと定義があるんですよね。

化粧品、化粧油と記載されているものを購入すること。って
書いています。

逆に考えると、書いてないものもあるってことですよね。
アロマテラピー専用とか、基材用とかって書いてあるものは
良く目にしますが、化粧品、化粧油となっているのは
プラナロム(ケンソー)とか生活の木などの
大手のものばかりですね。※我が家にあるものですよ。

これハーブウォーターも同様なようです。
NETとかの大手ではないところで買ったものは
化粧水とかという記載がありません。

ってことは、化粧品、化粧油とうたっているものは
きちんと薬事法に則って
認可をとったもの。

ってことは私も注意しないといけないことがある。
講習会とかで使用した植物油やハーブウォーターを生徒さんに欲しい!って
言われた時

大容量で購入してみんなでシェアすることは
薬事法に引っ掛かるんじゃね?ってことです。

化粧品などの小分け販売は薬事法に抵触しますよね。

ならば、認可をとってなく
化粧品とか化粧油って記載の無いものなら
小分けして販売してもいいのか?

精油は雑貨ですから小分け販売もOKですけど。

植物油、ハーブウォーターに関しては
まだ曖昧なんでしょうね。


また勉強してみようと思いました。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

アロマテラピースクール体験記Ⅸ

まずは、調子が悪いのだからと
添削は急ぎません!などと優しいお言葉をくださった
皆様、お気づかいありがとうございました。体調管理ができず
お恥ずかしい限りです。
ほぼ復活しましたので、どしどしメールお待ちしております。

11/22は9回目NARDのスクールでした。
もうね、咳がしどくてお休みしようかと思ったの。
でも、お仲間さんと先生のスケジュールを1日無駄にしちゃうのは
申し訳ないし・・ほぼ顔面一杯のマスクで行ってきました。

しかもその日のお題は
「呼吸器系と免疫系」←タイムリー過ぎて笑えました。

講師の先生も心配してくださって
あれこれ咳に良いものを出してくれて
ハーブティーや漢方、そのたもろもろ全部飲みました。ええ

実習では、風邪予防のジェルを作る。

ええ、私の場合は、風邪はとっくに引いているわけですから
予防も何もないのでね・・・

咳に良いジェルを作成しました。

免疫系を刺激して風邪菌と戦いつつ
抗感染作用のある精油をチョイスしました。

オレガノ、ラヴィンツアラ、ラベンダースピカ

く~~っ!効きそう(T_T)って香りでしたよ。

毎晩風呂上がりに胸や首筋につけて寝るんですけどね。
う~~ん、オレガノって嫌いかも????(T_T)

なんでしょう、自分が香草焼きにでもなったような気分です。ええ

そんなわけで、咳に良いジェルですが
やっぱりここまで酷くこじらせちゃうと

あんまり効かないんだYO!

そもそも予防ジェルとか補完的に活用するものだもんね。
ここまでこじらせたら病院に行きましょう。←行って無いの?私。

長野から帰ってからは長男が中間テストで早く帰ってくるわ
夫は土曜にゴルフに行っちゃうわ、日曜参観で学校に行くわで
病院に行くタイミングを逸しました。

ものすごく喉に来る風邪がはやっているようです。しかも全国的に
FBとかでみんな喉が痛いと言っている。ええ

お気を付け下さい。

そうそう、11月はアロマテラピー講習会もしたんですけどね。
アップするタイミングを逸してしまいました。

今回は、手作り石鹸とクリームやローションを
お手製のグリセリンやアルコールのチンキで作成してもらいました。
とっても評判が良かったんですよ~

そのうち画像もアップします。←しなくていい?

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。