Eucalyblue aroma.t オーナーブログ アロマテラピーと法律
FC2ブログ

資格は活かしてこそ資格ですよね。

先日、このブログの読者の方から
とあるびっくりするようなメールがきました。

資格って何かな?アロマテラピーと法律って
きちんと勉強して行かなくてはいけないな・・と
深く考えさせられることが
多くなったのですね。

実は年に数回これに関わるようなご質問や
愚痴メールを頂戴します。


AEAJにしても、NARDにしても
これらはすべて民間の資格ですね。

例え民間資格でもその資格が必要な仕事や
活動の場は必ずあるんですね。これはインストでもセラピストでも
言えると思う。
日々アンテナを張り巡らせて
新しい情報を取り入れて、毎日が勉強ですよね。

もちろん国家資格とは異なるわけですから
その領域を侵してはいけないわけです。

でも例え民間資格でも
『その資格を持つ側の、サービスを必要とする人』は
その資格を指標の1つにするわけです。

例えば、精油専門店やサロンを開業するとき
アロマの専門資格がある人とない人
どっちを使いたいと思うか。

※人柄や人間性は関係なくね。書類審査の段階です。
とっかかりですよね。その人の看板みたいなものですよね。

でもね、実際面接をする時に
日々情報を収集しさらなるステップアップをしているのと
していないのとでは、全く違います。
知識がない資格フリークみたいな人はだめですよね。


例えば、あなたが
リラクゼーションサロンなどに行こうかな?と思った時
NETで検索しますよね。

その時に、そのサロンの施術者ってどんな人かな?
って必ずチェックすると思うんです。

だって下手したらおパンツ1丁で体に触れられるわけです。

どんな経験、知識、資格を持っているか?
認定アロマセラピスト、リフレクソロジスト、整体
エステティシャン経験など
例え民間資格でもチェックするはずです。
その他美容関連の会社で長年研究していたとかね。


アロマでリラクゼーションとか謳っているなら
尚のこと、
精油の専門家なのかどうか?知りたくなるはずです。
さらにはどこの精油を使っているのか?
これは精油が体循環に乗ることをわかっていればなおさらです。
単に香りがいいだけじゃないんですよね。

例えばこんなメールを頂戴しました。

『先日、とあるリラクゼーションサロンなるものに行きました』とね
その方は小さいお子さんがいるので子供も一緒に行ける所を
NETで探して行ってみたそうです。
なかなかないですよね。子供OKのサロンって。
これにもちゃんと理由があります。

その方が行ったのは
施術者は1人の個人経営のサロンでした。
この時点で子供どうすんだって思わなかったのかな?と私はその方に聞いてみた。

経営者からは『大丈夫ですよ~!」って言われたそうです。

実は全然大丈夫じゃなくてリラクゼーションどころじゃなかったそうです。
※大丈夫なのは自分(経営者)が気にしないってことだけでした。

さらに
帰宅したらね、お肌にトラブルが起きたんですって。
多分精油が合わなかったからのようです。

事前に体調の聞き取りと精油の香りを確かめてみた?って聞いたらね。
たった数種類の精油の中から好きな香りを選んだだけだったそうです。
※それが精油だったかも怪しいと今じゃ思っているそうです。

良く良く聞くと、そのサロンのHPにある施術者情報がね
店長名はあるけれど
名前(施術者)がない、持っている資格もない
出ている情報はスキンケアやリラクゼーション
馬鹿高い化粧品に関する広告のみだったんですって。

さらに
いついつマスコミなどに取り上げられた!って書いてあるけど
実際にリンクがない。


それでその方は一応どうしたらよいか相談の電話をしたんだって。
その返事がね、
石鹸で良く洗い流して病院へ!またはステロイドをつけてみて!
だったそうです。


その方もびっくりしちゃってね、ご相談のメールが来ました。
もちろん今これを書くことの了承は得ています。

それでね、私もびっくりしちゃってね
そのサロンのHPを見てみた。
ほんと、何にもないの、施術者情報が。
もちろん資格や経験の記載もなし。
アロマオイルとか書いてるけど
多分、アロマの資格はもちろん知識もない。
流行りだから書いただけ?状態でした。

出ているのは、リラクゼーションのおいしい宣伝だけでした。
高い化粧品の宣伝もね。

しかもマッサージとまで謳っている。
※あはき法に抵触しますね。

このサロンは高い化粧品をローン組ませて買わせようともしたようですが
その情報も書いてないのね。
※これも問題ありですよね。

多分、このサロンの経営者は最悪なケースだと思うけどね。

いろいろな高い機械とかも設置していて
決して安い施術料金ではなかったそうです。
その高そうな機械はまた別料金だったそうです。

その方がね、癒されに行ったはずが
全然癒されなくて、逆にひどい目にあった・・と
愚痴をこぼされました。

実はここまでひどいケースはないものの
時々この手の愚痴メールがきます。
独学セットで知り合った方からも
このブログの読者の方からもいろいろです。

無料アロマ講習会って言うから行ってみたら
ネットワークビジネスの精油を買わされそうになったとか・・
※これが一番多いですね。

さらには、いきなり精油を飲用するように言われたとか・・
これも考え物ですよね。

でね、何が言いたいか・・
AEAJインスト資格なんて独学でも取れちゃうんだから~とか
インストもセラピストも民間資格だから
な~んの役にも立たないじゃ~ん的なことをブログなどに
書いている人もいるそうです。

でもね、やっぱり1つの指標にはなると思うんですよ。
全く知識も資格がなくてもリラクゼーションサロンは開けます。
保健所への届け出もしなくていいんですよ。
自由業として税務署へ開業のお知らせをするだけ。

そんなサロンに行って何かトラブルがおこっても
自己責任的だと泣き寝入りしてしまうこともあるわけです。

そうしたら、行く側としては
やっぱりどこで修業をしたとか
どんな経験があるかとか、資格があるかって
とっても大切な指標になると思うんです。

資格は1つの指標にはなります、でもその後は活かしてこそ資格です。
頑張って活かし、日々ステップアップして経験を積んで
素敵なインストラクターやセラピストになるために
がんばるしかないわけですよね。

そして、アロマの専門家になるならば
日進月歩で研究がすすむ精油の情報収集は
毎日やっていきたいものです。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

アロマテラピーに関する法律との関わり

インストラクターの資格を取る上ではきちんと把握しておきたいのが
「法律とアロマテラピー」ですよね。

薬事法、製造物責任法(PL法)、消防関係法(危険物の規制に関する政令)
医師法、あはき法、獣医師法、
民事上の各法律
(商行為を含む個人間の各種契約に対し、民法、商法、
 消費者契約法などの法律が適用される)


・精油は日本国内の法律では「雑貨」扱い
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<薬事法>

「精油と薬事法」
★効用、危険性などの観点からも医薬品、医薬部外品、化粧品などの
 規制を受ける可能性が大きい、その扱いには十分な注意が必要
*医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器と誤解されるような表示や広告
 口頭での説明をしてはいけない

★精油で作ったクラフト品(石鹸や化粧水)などの販売も対象になる

★医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器の製造業許可を受けていないものが
  業として製造(小分けも含む)をしてはいけない

アロマテラピーとの関連は

*アロマテラピーの講習会などで生徒さんに精油を使ったクラフト品を
 自分で作成させることはいいようです
*精油は雑貨ですから小分け販売は可能です
 (ただし、精油を使った化粧品の無許可販売は駄目なわけですから小分け販売も駄目です)
*もともと市販されている化粧品を無許可で小分け販売することも駄目ですね

*精油を使ったクラフト品を有償無償に関わらず友人知人にプレゼントすることは
 協会では薬事法には当たらないとしています

協会では
「プレゼントする側される側の責任範囲のもの=自己責任となり、とくに受け取る側が
 そのものに、きちんと理解、認識をしていることが大切。」
「ただしPL法(製造物責任法)に関して
 は民事上の責任はまぬがれない」とされています。」

*贈る側の行為があだにならないように、
 贈られる側の状況を良く考えましょうということのようです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
製造物責任法(PL法)

消費者の保護と救済を目的に施行された法律です
製造物の欠陥により被害が生じた場合に、その製造業者などに
損害賠償が生じるというもの

アロマテラピーとの関連は

★精油を製造する場合、瓶の破損や蓋の欠陥などで、自然に精油が漏れ出し
  衣類や家具を汚す
*製造者の責任となることがある

★精油を販売する場合、商品管理、保管状況、商品名などの表示、
 説明文や注意事項の添付書の不備などで損害を発生させた場合に
 民事上の責任が問われることがある。
*これには、有償無償にかかわらずプレゼントする場合にも抵触することがあります

精油は雑貨と言っても気安く販売することは難しいのですね

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
消防関係法(危険物の規制に関する政令)

精油は揮発性があり引火性の高い物質です、自宅で保管する場合にも
販売者や輸入業者が保管、販売する場合にも火災には十分注意する必要があります

通常の量(10ml精油数百本くらい)以上を保管する場合には規制を受ける
可能性があります。

*この場合の量が具体的には書いていませんが、アドバイザー講習でも
 10ml精油を数百本以上と言っていました。
200?300本くらいまではいいのでしょうか?
10ml×200?300=2??3?以上ですね。
でもこれくらいは、もってる人ってきっといますよね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
医師法
診断・治療は医師以外は行ってはいけません。
精油を薬の様に使用してもいけません。

アロマテラピーとの関連は

病名を診断したり、医師の様に治療行為として「アロマトリートメント」を
行うことは医師法に抵触します。外科的手術などもっての他でしょう

また精油をあたかも薬のように処方することも同様です
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
あはき法
あはき法とは「按摩・マッサージ・指圧師、鍼師、灸師」にかんする法律です
医師以外のもので、この法律により免許のないものが上記の医療類似行為を
職業として行ってはならないとされます。

アロマテラピーとの関連は

「アロマトリートメント」は「アロママッサージ」と標榜してはいけません。
アロマトリートメントをしているときに「ヘルニア」ですねなどと
症状の診断もしてはいけません。

協会の考えは
「アロマテラピートリートメントは人体に対して危険を伴ったり、健康を害する恐れがない
リラクセーションのためのサービス提供行為にとどまるのであれば違法にはならない」としています。
また、適切な医療を受ける機会を奪うことのないように気をつけることも大切としています。

とても、線引の難しいところです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
獣医師法

「獣医師でなければ飼育動物
(牛、馬、綿羊、ヤギ、豚、犬、猫、鶏、うずら、その他
獣医師が診療を行なう必要があるものとして政令で定めるものに限る)
の診療を業務としてはならない」とあります。

最近のペットブームで犬や猫専用の精油のケア製品が多様に展開されていますね。
都会にはペット専門のリラクセーション施設なども見かけます。

アロマテラピーとの関連は

自分のペットに自己責任のもとアロマテラピーを行うことはいいのでしょう。
(ペットはどう思っているのかは別)

大切なのは、「ケアやトリミング」と「獣医師法」です
他人のペットへの「診療」や「診断」、「治療」は獣医師法の規制がありますので
免許のないものが行うのは法に抵触します。

「ケアやトリミング」は国家資格ではありません。
なので、アロマテラピーを使った行為は違法ではありません。

協会では
ペットは人間に比べコミュニケーションをとりにくいため人間の独りよがりな考えで
アロマテラピーを施すことのないように注意しましょうとなっています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定のものではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
Eucalyblue楽天ブックス 1500円以上のご注文は送料無料です
http://plaza.rakuten.co.jp/eucalyblue/diary/200806260000/
Eucalyblue aroma.t 
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t オーナー

Author:Eucalyblue aroma.t オーナー
Eucalyblue aroma.t

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校
東西線・東陽町駅徒歩2分
オンライン講座も受講できます。

当校HP
www.eucalyblue.com

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 整理収納アドバイザー アロマテラピー講習会 香川県のおすすめ 免疫系 基材論 アロマテラピーの歴史 定義 ホームケア グリセリンチンキ 整理 手作り化粧品 収納 嗅覚器 アロマテラピースクール体験記 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 植物油 末梢神経  中枢神経 細胞 リフォーム 内分泌系 大脳辺縁系 鯖オ 無駄使い ストレス学説 精油の学名 ホルモン ホームケア論 油脂 AEAJインスト独学セット 脂肪酸 キャリアオイル 誘引効果 下垂体 視床下部 アブソリュート 組織 芳香物質 中世ヨーロッパ 神経組織 ニューロン 嗅細胞 皮膚 重曹と保冷剤の消臭剤 インストラクター シトラール 嗅神経 脊髄 器官 身体の発生 保全素 栄養素 必須脂肪酸 胚葉分化 神経伝達物質 アレルギー 自律神経 白血球 防御機構 休養 副交感神経 交感神経 リンパ球 過敏反応 感覚器 皮脳同根 アナフィラキシーショック 体性神経 12対の脳神経 受精 機能性便秘 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 シナプス 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 排泄 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 神経 AEAJ インスト独学セット アレルギー反応 バゾプレシン プロバンス地方 グラース 精油の個人輸入 シソ科 香りの贈りもの 芳香植物 フトモモ科 更年期障害 インフルエンザ 角質層 基底層 植物ロウ ラベンダー精油 植物脂 不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸 ルネ・モーリス・ガットフォセ 二次代謝物 アドレナリン ノルアドレナリン ドーパミン カテコールアミン 忌避効果 塩カツオ 基材 タッチング論 加湿器 アロマテラピー講習会IN高松 アロマテラピースクール AEAJ独学 ディフューザー セスキ炭酸ソーダ オンライン講座/ AEAJインスト試験/AEAJアロマセラピスト アロマでホームケア 老人性乾皮症 大掃除 タンパク質 白茶 あたまじらみを精油でケア ヘナ染に挑戦 ユーカリオイルの活用法 ユーカリ事典 アロマテラピーの定義 サヌカイト ハーブ園 消臭スプレー IN高松 レモンバーム 脂質 必須脂肪酸、基材論、健康学 ダマスコン ダマセノン 社団法人日本アロマ環境協会 精油の作用 手作り石鹸 揮発性芳香成分 ホリスティック ユーカリグロブルス ハウスキーピング ハーブ ガーデニング 角質ケア フットケア 消臭 官能基 用語 生理作用 ターンオーバー 精神作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 表皮層 真皮層 神経系 代謝物 AEAJインスト試験/AEAJ総合資格認定校/オンライン講座 脳神経 皮下組織 検定テキスト改訂版 AEAJ独学 レモングラス べチバー サンダルウッド ジュニパーベリー サイプレス カモミールジャーマン カモミールローマン シトロネロール ローズオキサイド ゲラニオール ローズアブソリュート ローズオットー ジャスミン ゼラニウム コラーゲン エラスチン 転勤族 シトロネラール 精油で虫よけ ヒアルロン酸 ビタミンC ベンゾイン REG. ティートリー ユーカリ ビタミンB群 心身とアロマテラピー 

月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
Instagram
【楽天】
スクールカレンダー
リンク
QRコード
QR
twitter