Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 芳香物質

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物の誘引効果

AEAJインスト試験の学習の中に、植物がもつ効果というものもあります。
先日の精油の作用は人間がその恩恵を受けているものですが、
芳香物質とは植物そのもののためにも有用性がありますよね。


っていうか、人間はそれを拝借しているに過ぎず
植物自体は決して人間のために二次代謝物としての芳香物質を作り出しているわけでは
ないわけですよね。

そんな芳香物質を何のために分泌しているのか?が
検定テキスト2級P44に記載されています。

①受粉や種子の運搬のために昆虫や鳥を誘引する誘引効果
②害のある虫や鳥を苦みなどによって忌避する忌避効果
③他の植物との生存競争に勝つためにその他植物の成長を阻害する効果。
④人間の汗の様に自らを冷却する冷却効果。
⑤ホルモンの様に植物内の情報伝達物質としての効果
⑥ただの老廃物

②の忌避作用には、有害なカビや菌の発生を抑制する作用もありますよね。
抗真菌効果や抗菌効果などです。また手作り虫よけなどはこの忌避効果の恩恵です。
もちろん、虫によって好き嫌いもあると思うんですよ。
例えば、ローズなどの花の香りが好きな昆虫もいれば、
嫌いな昆虫もいますね。好きな昆虫にとっては誘引効果です。
嫌いの昆虫には忌避効果ですね。



さて、我が家、今年は越冬したコクワガタと先日かえったカブトムシのツガイがおります。
結局ね、私がお世話するわけですけどね。

画像載せようかな?と思ったけど、見たくないでしょ?カブトムシやクワガタなんてね。ええ

これがさ、何がいやって匂いとコバエなんですよ。
ほんとにいや。

精油の虫よけスプレーでやっつけようか?とも思うんだけど。
コバエがいるのは水槽の中。
カブトムシまであの世行きはやばいじゃん。
死んじゃったら、次男は泣きます。



でね、先日ウツボカズラとハエトリクサが売ってたわけですよ。

うちの死んだじい様は、生き物は元より、植物育てるのも大好きでね。

この2つもかなり大きく育ててました。
ウツボカズラなんてまじででかかったわよ。
中にでかい蜂とか蛾が死んでました。

でさ、長男にこれはね、食虫植物っていうのよ。と教えました。

『知ってるよ、虫の好きな匂いを出して誘引するんだよ!』って。

理科の先生に教えてもらったそうだ。
残念ながら、いろいろ調べてみたけれどどんな芳香物質を分泌しているのかは
いまだ不明。どっちかっていうと消化液におちておぼれ死ぬのを待つ・・・
虫が入ると蓋を閉じて絞め殺す・・って感じだそうだけどね。
でも虫が入ったわよ、って情報の伝達は芳香物質がしてるのかもね。


夏休みだし、育ててみる?とGETしました。
あわよくば、コバエもGETして忌避してくれることを願いつつ。

IMGP0638.jpg

どうも、小食だそうでね。全然追いつきそうもありません・・・とほほ
スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : AEAJインスト試験 精油学総論 誘引効果 忌避効果 芳香物質 二次代謝物

精油

<精油学総論>

<精油の定義>
精油とは、植物の葉・花・果皮・樹皮・根・樹脂などから抽出した天然の素材であり有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である

*これはAEAJの精油の定義です
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<植物にとっての芳香物質の役割>
1.生理活性物質(ホルモン様な生体内の情報伝達物質)
2.誘引効果(昆虫・鳥などを引き寄せる効果)
3.忌避効果(菌・虫などを避ける)
4.単なる老廃物(2次代謝物)
5.冷却効果(汗などのように働く)

光合成に関係するなども覚えておきましょう

*1次代謝物=DNAなどの生命維持に欠かせないもの
2次代謝物=精油はフラボノイドやアルカロイドなどと同じ二次代謝物だといわれます

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<精油の分泌部位>
植物内の特殊な分泌腺で合成される
油胞という袋に貯蔵される

*植物により油胞のある場所が異なる、
また同じ植物でも場所により精油成分が異なる
★ネロリ(花)・プチグレン(葉)・オレンジビター(果皮)などのように
どれも橙から取れる精油です

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<精油の特性>
芳香性・揮発性・脂溶性(疎水性)・引火性がある。

*比重に関しては水より軽いものがほとんどだが・・中には水よりも重いものもある。

*精油は油脂ではありません・・有機化合物です。植物油との違いに注意が必要です。
精油は引火性のある油脂である・・などは良くあるひっかけです。
引火性はありますが油脂ではありません。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<精油の伝達経路>
嗅覚からの経路
 嗅覚からの心理・生理作用
*大脳へ直接働く経路は嗅覚からの作用である。
皮膚・粘膜からの経路 
経皮吸収・皮膚の抹消血管からの吸収による全身への経路
呼吸器からの経路 吸入による肺胞から血管そして全身への経路
消化器からの経路 飲用による消火器からの経路(AEAJでは推奨していない)
*AEAJでは経口摂取(飲用)は勧めない。
精油の皮膚への吸収と浸透の違いも大切です。

吸収
真皮から肌のバリアゾーンを通過して血流にのり全身へ作用する
浸透
表皮・真皮に成分が到達し局所的な効果を及ぼす
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 精油学総論 芳香物質 嗅覚 代謝物

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。