Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 油脂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物油性基材・12種類

<植物油性基材・12種類>

AEAJインストラクター試験での対象植物油は12種類です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<イブニングプリムローズ油>
一般名 月見草油・イブニングプリムローズ油
分類 植物油脂・乾性油
抽出部位 月見草の種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 リノール酸・γーリノレン酸10%(特徴成分)
特性 酸化非常に早い
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・ホルモン調整作用・月経トラブルに効果的

*イブニングプリムローズ油(月見草油)は
特徴成分であるγーリノレン酸(三価の不飽和脂肪酸)を10%程度含む植物油です。
★主要成分が多価の不飽和脂肪酸のため非常に酸化しやすい植物油です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<グレープシード油>
一般名 ぶどう種子油・グレープシード油
分類 植物油脂・乾性油
抽出部位 ぶどうの種子
製造法 圧搾法
主要脂肪酸 リノール酸
特性 酸化早い 特徴成分:ビタミン類の含有が多い
使用上の注意 全身トリートメント向き

*グレープシード油(ぶどう種子油)はビタミン類を含む植物油です。
★乾性油なので酸化が早いく主要成分はリノール酸です
抽出法も圧搾法です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ウィートジャーム油>
一般名 小麦胚芽油・ウィートジャーム油
分類 植物油脂・半乾性油
抽出部位 小麦胚芽
製造法 高温圧搾法 浸出法
主要脂肪酸 リノール酸
特性 酸化やや遅い 特徴成分:ビタミンE(トコフェロール)
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・血行促進作用・乾燥肌へのケア
          小麦アレルギーのある場合は使用に注意する

★特徴成分であるビタミンEの抗酸化作用がポイントです。
酸化しやすいリノール酸が主要成分ですが、抗酸化作用のあるビタミンEにより
酸化はやや遅い植物油になります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<セサミ油>
一般名 ゴマ油・セサミ油
分類 植物油脂・半乾性油
抽出部位 ゴマの種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 リノール酸・オレイン酸
特性 酸化やや遅い 特徴成分:セサモール・セサミン
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・血行促進作用・解毒作用
          敏感肌の場合は使用に注意する

★特徴成分であるセサモールやセサミンを含む植物油です。
抗酸化作用のある成分でもあります。
★セサモールを含むので抗酸化作用や解毒作用がある・・
★インドのアーユルベータ医学では古くからマッサージなどに利用されました。
あのおでこにツーツーごま油を垂らす「シロダーラ」ってやつです・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<スイートアーモンド油>
一般名 スイートアーモンド油
分類 植物油脂・半乾性油
抽出部位 スイートアーモンドの種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化やや遅い 特徴成分:ビタミン類
使用上の注意 皮膚軟化作用・疲労回復作用・全身トリートメント

★一価(単価)不飽和脂肪酸であるオレイン酸が主要成分です。
★保存性もよく、使いやすいオイルとして全身マッサージにも使用できる
★Babyマッサージにも使われます
★スイートアーモンド油はバラ科のスイートアーモンドの種子から抽出されます
このバラ科っていうのは覚えておきましょう
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<アボガド油>
一般名 ワニナシ油・アボガド油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 アボガドの果肉
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 特徴成分:ビタミン類
使用上の注意 他のオイルと混ぜる・乾燥肌へのケア
       
★粘性もあり薄い緑色でもあります。
★オリーブ油と同じ果肉から抽出される

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<オリーブ油>
一般名 オリーブ油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 オリーブの果肉
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 特徴成分:ビタミンE(トコフェロール)
使用上の注意 他のオイルと混ぜる
       
★果肉が抽出部位である
★ビタミンEを含むので抗酸化作用がある
★オリーブ油はモクセイ科の植物油です。

植物スクワランはこのオリーブ油を精製したオリーブスクワレンに水素を添加した
飽和炭化水素です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<カメリア油>
一般名 椿油・カメリア油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 椿の種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 日本の大島産椿が最高級品といわれる
使用上の注意 皮膚軟化作用・へアケア

★ヘアケアなどに古くから使われる
★一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が主要成分です。
★カメリア油は椿油です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<マカデミアナッツ油>
一般名 マカデミアナッツ油
分類 植物油脂 不乾性油
抽出部位 マカデミアナッツの【種子】
硬果が一般的でしたが、テキストでは種子となりました。

製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 オレイン酸
特性 酸化遅い 特徴成分:パルミトレイン酸20%
使用上の注意 老化肌へのケア・全身トリートメント向け

★若者の皮脂に大変近いパルミトレイン酸が特徴成分であるので老化肌のケアによい
★一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が主要成分であり、特徴成分であるパルミトレイン酸も
一価不飽和脂肪酸です。
★保存性の良い植物油でもあります。
★ヤマモガシ科の種子から抽出します

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ココナッツ油>
一般名 ココナッツ油(ヤシ油)
分類  植物脂
抽出部位 ココナッツの果肉
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 ラウリン酸(飽和脂肪酸)
特性 酸化遅い 常温では固体
使用上の注意 サンケアやヘアケアに使われる

★乾性油でも不乾性油でも半乾性油でもありませんね。植物脂です
★常温で固体です。酸化が遅いこともポイントです・・
★飽和脂肪酸のラウリン酸が主要成分で約80%をしめます。
★二重結合を持たない飽和脂肪酸が主成分なので酸化も遅いのですね

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ホホバ油>
一般名 ホホバ油
分類 植物ロウ(液体ワックス)  
抽出部位 ホホバの種子
製造法 低温圧搾法(コールドプレス法)
主要脂肪酸 ロウエステル

特性 酸化遅い 
使用上の注意 保湿作用・全身トリートメント

★乾性油でも不乾性油でも半乾性油でもありませんね。植物ロウです
植物ロウは高級不飽和脂肪酸と高級不飽和アルコールがエステル結合したものです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<植物性スクワラン>
一般名 オリーブスクワラン・植物性スクワラン
分類 飽和炭化水素
抽出部位 オリーブ油
製造法 スクワレンに水素を添加する
スクワレンとは?=オリーブオイルから蒸留されるスクワレンのこと)
主要脂肪酸 飽和炭化水素
特性 酸化遅い 
使用上の注意 浸透性がよい・保湿作用

★乾性油でも不乾性油でも半乾性油でもありませんね。飽和炭化水素です
★酸化が遅いこともポイントです・・
★スクワレンに水素を添加して作られます。添加するのは水素です。
窒素や炭素ではありませんここポイントです。
スクワレンとスクワランが逆になってしまわないようにしたほうがよいのでは?


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon








スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 基材論 植物油 脂肪酸 キャリアオイル 油脂

植物油 基材論

<植物性油脂>

「油脂」
*3つの脂肪酸と1つのグリセリンすなわちトリグリセリドのことであり
動物・植物から抽出される脂肪酸の総称である。

油脂とは?と来たらこれを空で書けるようにしておきましょう
脂肪酸は3つグリセリンが1つです


常温で液状の物=油(Oil)
常温で固体状の物=脂((Fat)

*基材論には植物油性基材の油脂として脂肪酸のことが出ます
健康学の栄養の脂質の部分や健康学の疾患にも大いに関係する
飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸はしっかりと覚えましょう
平行して覚えることでどちらもより分かりやすくなるでしょう

「分類」
<植物油脂とは?>
3つの脂肪酸と1つのグリセリンすなわちトリグリセリドのことであり、
植物から抽出される脂肪酸である。

<脂肪酸の定義とは?>
植物油脂の主成分・鎖状に並んだ炭素骨格を持つモノカルボン酸の総称
*モノカルボン酸は精油学総論の官能基に出てきますが精油にはほとんどなく
植物油につく官能基であると覚えましょう

<飽和脂肪酸とは?>
脂肪酸の中でも炭素原子すべての腕が1本ずつ他の原子と飽和結合結しているもの

飽和状態で結合しているので酸化しにくいことが特徴です
主に動物性の油脂に含まれます
「酸化しにくく」「常温では固体」であることが多い。固い脂肪と言われる。

ラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸の4つ(ラミパスと覚えましょう)

*飽和脂肪酸で基材論に関係するのは
「ココナッツ油」(飽和脂肪酸80%以上)。
ココナッツ油は飽和脂肪酸であり、植物脂、常温で固体などがキーワードですね。

<不飽和脂肪酸とは?>
脂肪酸のなかでも炭素原子同士が2本の腕で不飽和結合しているもの
(二重結合しているもの)
不飽和結合なのでその結合が取れやすくそのため酸化しやすい脂肪酸です
おもに植物性の油脂に多く含まれます
「酸化しやすく」「常温では液体」である。

<一価(単価)不飽和脂肪酸とは?>
二重結合が1個の場合が一価不飽和脂肪酸である
オレイン酸やパルミトレイン酸などがあり。
マカデミアナッツ油、オリーブ油などに含まれる。
その他。ヘット・ラードなどがある

*オレイン酸を含むキャリアオイルなどは設問しやすいでしょうか。
このほか、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は多価ではないので
必須脂肪酸ではありません。
不飽和脂肪酸=必須脂肪酸ではなく
、多価不飽和脂肪酸が必須脂肪酸ですよね
オレイン酸は不飽和脂肪酸ですが必須脂肪酸ではありません。

<多価不飽和脂肪酸とは?>
2つ以上の二重結合を持つものを多価不飽和脂肪酸といい、リノール酸・リノレン酸・アラキドン酸・EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)などがあります。

*健康学の分野ですが
EPA・DHAの正式名称は覚えましょう。
またαーリノレン酸→EPA→DHAと変換されます

<リノール酸とは?>
2重結合を2つ持つ脂肪酸である。
必須脂肪酸の1つで皮膚や循環器系・細胞・ホルモンバランス・免疫系などに作用する。
初めに見つかった必須脂肪酸である。半乾性油・乾性油の主成分である。

*リノール酸を含むキャリアオイルを選ぶ問題を目にします。
体内で合成できないので食品から摂取する必要のある脂肪酸です。
グレープシード油・セサミ油など
リノール酸の最終変換の脂肪酸はアラキドン酸です。
リノール酸→γーリノレン酸→ジホモγーリノレン酸→アラキドン酸です。

<リノレン酸とは?>
必須脂肪酸のひとつで3個の二重結合を含む多価不飽和脂肪酸である。
抗炎症作用・鎮痛作用・細胞修復作用に関わる。
αーリノレン酸、γーリノレン酸がある。

*リノレン酸は3個の二重結合・多価不飽和脂肪酸・抗炎症作用
体内で合成できないので食品から摂取する必要のある脂肪酸です。

<アラキドン酸とは?>
必須脂肪酸のひとつで多価不飽和脂肪酸である。レバーや卵に含まれる。
神経系・免疫系・生殖器系・情報伝達などに関わる。過剰摂取はアレルギーの原因ともなる。

*アラキドン酸はリノール酸の最終変換物質である
また体内では合成はされるものの食物から摂取したほうが
効率のよい必須脂肪酸でもあります。

<DHAとは?>
正式名称はえ「ドコサヘキサエン酸」です。必須脂肪酸のひとつで多価不飽和脂肪酸である。魚油に含まれ血液さらさら効果などに加え脳や神経に働きかける。

*正式名称をかけるようにすることと、アラキドン酸同様、体内で合成はされるものの食品からの摂取のほうが効率がよい必須脂肪酸です。EPAと対にして覚えるほがいいでしょうか・・

<EPAとは?>
正式名称は「エイコサペンタエン酸」「イコサペンタエン酸」です。魚油に含まれDHA同様に血液さらさら効果で知られます。

*アラキドン酸同様、体内で合成はされるものの食品からの摂取のほうが効率がよい必須脂肪酸です。DHAと対にして覚えるほがいいでしょうか・・


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon



【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 基材論 植物油 キャリアオイル 脂肪酸 油脂 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 植物脂 植物ロウ

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。