Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 末梢神経

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織と器官

<解剖生理学>

組織と器官

<組織とは>
人体には約200?300の異なった細胞があり
同じ働きをする細胞が集まって組織を構成する。

組織は細胞と細胞間質からなる
*細胞間質とは、細胞間を埋める物質で膠原線維(コラーゲン)や
弾性線維(エラスチン)、細網線維などの線維と無定形の気質からなる

組織は4種類ある
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<上皮組織>
表皮・口腔・気管・消化管などの細胞層
体の表面や器官の内外を覆い保護的役目をする
吸収・分泌・刺激受容の働きをする
細胞が密接して並び細胞間質は極めて少なく、血管は通っていない

外胚葉由来の表皮は角化重層扁平上皮です。

*補足:上皮組織が分化し産生・放出を専門にするのが分泌腺
外分泌腺・内分泌腺がある。
外分泌腺=胃液・粘液・汗・乳汁など
内分泌腺=ホルモン腺(直接血管に放出される)
*上皮組織以外の組織にできた悪性腫瘍を肉腫
上皮組織にできた悪性腫瘍を癌という
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<支持組織>
各組織・器官間を埋め、つなぎ合わせる組織
大量の細胞間質を持つ
骨組織や軟骨組織などの固形のもの
血液やリンパ液などの液状のものなど様々
組織や細胞を結合する役割
細胞間質には膠原線維・弾性線維・細網線維がある。
細胞間質の間を埋める気質からなる。

支持組織

<密生結合組織>
膠原線維(コラーゲン)・腱・靭帯・髄膜・強膜

*中胚葉由来=真皮層

<疎正結合組織>
血管やリンパ管神経などが分布・膠原線維・弾性線維などの真皮層を構成

*皮下組織は疎正結合組織で脂肪細胞(脂肪組織)が豊富です

<細網組織>
リンパ節や・骨髄など
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<筋組織>
随意筋(自分の意思で動かすことが可能)=骨格筋(体性神経支配)
骨格筋=横紋筋、短時間の比較的強い収縮運動
不随意筋(意思とは無関係に動く)=心筋・平滑筋(自律神経支配)
体や内臓の自動運営を営む
平滑筋=血管・胃腸管・子宮・膀胱など・比較的弱い力で継続的に収縮
心筋=不随意筋であるが骨格筋と平滑筋両者の長所を持つ
筋細胞と少量の細胞間質からなる
筋細胞は細長い線維状=筋線維ともいう

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<神経組織>
中枢神経=脳・脊髄
末梢神経=体性神経・自律神経からなる
神経機能を営む神経成分と支持成分からなる
神経成分をニューロン(神経元)・支持成分を神経膠細胞(細胞間質の役割)
=グリア細胞
ニューロン(神経元)は神経細胞・軸索・樹状突起からなります。
神経組織の支持組織(細胞間質)は
中枢神経では希突起膠細胞のことです
末梢神経ではシュワン細胞のことです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 組織 器官 細胞 中枢神経 末梢神経

自律神経

<解剖生理学>

末梢神経系の自律神経

<自律神経>
植物神経・生命神経とも言われる。

★視床下部が最高中枢でホメオスターシス(恒常性)維持の神経的調節というのは
この自律神経による調節です。
★内部環境の調節・内臓の平滑筋を支配します
★中枢神経を出た後必ずニューロンを交代します
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
・脳・脊髄(中枢神経)から出て内臓・血管・腺など意思とは関係なく働く器官に分布
消化・吸収・循環・代謝・などを無意識的かつ反射的に司る

有髄神経線維などの体性神経とはことなり比較的ゆっくりな無髄神経線維です

・交感神経と副交感神経からなり、両者は拮抗的(プラスマイナスの関係)に働く
自律神経を支配するのは視床下部である
*体性神経とは異なり、中枢からの指令は目的器官へ直行せず、
必ずニューロンの交代を行う

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ニューロン>
神経元のことで1つの神経細胞と突起(樹状突起と軸索)からなる。
神経線維である。
突起には樹状突起と軸索突起がある。
樹状突起は求心性軸索は遠心性の伝達を行う。
突起の末端にはシナプスがあり、隣の神経細胞に情報を伝達するためのものである。
またこのシナプスが神経伝達物質を放出する。

*シナプスを通る興奮は一方向にしか通れず通過時間は神経線維にくらべ長く、
酸素欠乏や薬物に敏感で疲労しやすいといわれます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

神経伝達物質(化学伝達物質)
カテコールアミン=アドレナリン・ノルアドレナリン(交感神経末端から放出)
アセチルコリン=副交感神経末端から放出
セロトニン=ノンレム睡眠に関わる物質
ドーパミン=高揚感や興奮性に関わる物質
エンドルフィン=脳内モルヒネのような物質
エピネフリン=脳内モルヒネのような物質
など

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<自律神経節>
ニューロンの交代部位である。
ニューロン交代以前の神経線維を節前繊維(節前ニューロン)
直接臓器に付着する神経線維を節後腺維(節後ニューロン)という。

*障害を受けた神経線維の回復にはビタミンB群特にビタミンB1が不可欠である

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<交感神経>
突発的事故や外敵に向かうとき、体を守るために全身的に作用する。
エネルギーの方向は外へ向かう。発散するために働く(異化作用)
大部分の血管・汗腺・立毛筋などは交感神経のみの作用を受ける

・交感神経の中枢は、脊髄の胸髄?腰髄にある。
・主に血管、特に動脈とともに走る。
・様々な臓器に分布
1本の節前ニューロンが多数の節後ニューロンに接続する
・節後ニューロンが比較的長い。
・神経節は中枢近辺
・広範囲な部位に同時に働く
・交感神経の神経伝達部脂質はシナプスより放出されるカテコールアミンである。
・交感神経の神経伝達物質の受容体はαとβの二つである。

*交感神経は、節後ニューロンが比較的長いことまた1本の節前線維に多数の節後線維が繋がることで同時に広範いに作用します。

神経伝達物質は上記のものは覚えましょう
交感神経優位時の作用もポイントです
混同しやすいのは消化器などの分泌腺は弛緩して休息することと
呼吸器の器官は拡張する、末梢血管は収縮するけれど冠状動脈は拡大する
でしょうか・・・交感神経はストレスの強い時に戦闘モードで働くので
その辺を十分に理解すれば、答えも分かるようになるでしょうか

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<副交感神経>
消耗した体力の回復や栄養の補給・休養などに関与する。
エネルギーの充電(同化作用)

・副交感神経の中枢は脳幹と脊髄の下の仙髄にある。
・副交感神経は体性神経の中を走る(混合神経の動眼神経や迷走神経など)
・1本の節前ニューロンが1本の節後ニューロンと接続
・節後ニューロンは比較的短い
・神経節は目的器官内ややそれに接した部位にある
・単独器官のみに作用する
・副交感神経の神経伝達物質はシナプスより放出されるアセチルコリンである。
・副交感神経の神経伝達物質の受容体は1つである。

*副交感神経に関する設問は、交感神経との作用の違いも当然ですが
排泄の際の副交感神経の働きなどもポイントだと思いました。
副交感神経は休息の神経として覚えれば、排泄は戦闘モードでONになると
こりゃ大変ってことですから消化器関係は副交感神経が優位の時に働きます
また休息モードのときにアドレナリンが体中を駆け巡る?となると休息には
なりませんよね

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<自律神経の拮抗作用>
相反する作用で両神経が同時に強く興奮することはない。
このバランスによって臓器の作用は調節されている。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<交感神経の作用>
戦うための作用・エネルギーの発散のために働く(異化作用)

瞳孔=散大
唾液腺=少量の濃い唾液
抹消血管=収縮
気道=拡張
血圧=上昇
心拍=促進
肝臓=グリコーゲン分解(エネルギーにし血圧上昇)
消化液分泌=抑制
消化管運動=抑制
皮膚(立毛筋)=収縮(鳥肌)*立毛筋は自律神経のみの支配を受けます。
汗腺=分泌増加*汗腺も自律神経のみの支配を受けます。
膀胱=弛緩(閉尿)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<副交感神経の作用>
消耗した体力の回復・エネルギーの充電のために働く(同化作用)
消化・吸収、排泄などの際に活発になるのも副交感神経です。

瞳孔=縮小
唾液腺=大量の薄い唾液
抹消血管=拡張
気道=収縮
血圧=低下
心拍=緩除(ゆっくり)
肝臓=グリコーゲンの合成
消化液分泌=促進
消化管活動=促進
皮膚(立毛筋)ー
汗腺ー
膀胱=収縮(排尿)

*交感神経(副交感神経)優位の際の作用など両者の作用を混同しないようにしましょう。
★自律神経の働きで、試験にむけて大切なのは、
排泄や消化の際の自律神経の作用をきちんと把握しましょう
交感神経はどうなるのか?副交感神経はどうなるのか?
重要なポイントだと思います。二次の小論文などに備えて
自分で150字程度で説明できるようにしましょう


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 末梢神経 自律神経 交感神経 副交感神経

末梢神経の体性神経

<解剖生理学>

<末梢神経>
中枢神経の(脳・脊髄)を出て体の各部に分布する神経線維の束で
抹消神経は、体性神経と自律神経に大別される
中枢神経は脳・脊髄である
末梢神経
は体性神経と自律神経に大別される

さらに体性神経は脳神経と脊髄神経に大別される。
そして脳神経は12対、脊髄神経は31対でそれぞれ知覚神経、運動神経、
混合神経に分かれる

自律神経は交感神経と副交感神経に大別される

★この部分は本当に大切です。「目でみるからだのメカニズム」を
これでもか?ってほどよく読みましょう。

★神経線維とは白質です。
★神経細胞とは灰白質です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<体性神経>
動物神経とも言われる。
体の骨組みに分布。迅速・敏感で太く伝達速度の速い有髄神経線維・
運動神経(遠心性)と知覚神経(求心性)など自分でその働きを捉えることができる
意思によってコントロールできる神経である
自律神経線維も含まれる(迷走神経・動眼神経などの副交感性神経繊維も含む)
・知覚神経は抹消から得た情報を中枢に伝達する求心性の知覚神経
・運動神経は対応するための中枢からの指令を末端の骨格筋に伝達する遠心性の運動神経
・両者の混在した混合神経からなる。

*脳神経・脊髄神経ともに抹消の情報を中枢に伝える知覚神経と中枢からの指令を送る運動神経、両者の混合する混合神経からなる。違いは脳から出ているのか?脊髄から出ているのかの違いで最短距離で迅速に働けるようにするためである。このため太くて伝達速度の速い有髄神経線維といわれる。

<体性神経の構造学的分類とは?>
体性神経は脳神経と脊髄神経に分かれる。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脳神経>
中枢神経である脳から出る12対の抹消神経(体性神経)である。
分布部位は
目=視神経・動眼神経・滑車神経・外転神経
鼻=嗅神経
舌(口)=舌咽神経・舌下神経・顔面神経
耳=内耳神経、迷走神経(外耳道)
顔=三叉神経(顎、眼神経)、顔面神経(表情)、迷走神経(咽頭、喉頭)
首、胸、腹=迷走神経

などがあげられますよね。こうやって考えると簡単です。

<12対の脳神経>
嗅神経(第一脳神経)=知覚神経=匂いの感覚を嗅球(大脳辺縁系にある)に伝える。

視神経(第二脳神経)=知覚神経=網膜に映った映像を外側膝状体に伝える。

動眼神経(第三脳神経)=運動神経=眼球を動かす、まぶたを開く・瞳孔を縮小させる。
副交感性神経繊維を含む

滑車神経(第四脳神経)=運動神経=眼球を下外側に動かす。

三叉神経(第五脳神経)=混合神経=脳神経中最も太い眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝からなる。顔面の知覚を脳に伝える、咀嚼筋への指令など

外転神経(第六脳神経)=運動神経=眼球を外側に動かす

顔面神経((第七脳神経)=混合神経=表情筋に指令を与える、涙腺・鼻腺・唾液腺の分泌を司る。味覚を中枢に伝える。

内耳神経(第八脳神経)=知覚神経)聴覚・平衡感覚の情報を中枢に伝える。

舌咽神経(第九脳神経)=混合神経)舌、咽頭の知覚を伝える、味覚を伝える、咽頭筋に指令を与える

迷走神経(第十脳神経)=混合神経)延髄からの太い神経、脳神経中最も広い範囲に分布する。咽頭の知覚・運動を支配。
頸部・胸部・腹部の臓器に分布、迷走神経の枝には副交感性神経繊維が混在する

副神経(第十一脳神経)=運動神経=胸鎖乳突筋・僧帽筋へ指令

舌下神経((第十二脳神経)=運動神経=舌の運動を司る


*働きと名前の組み合わせや、
迷走神経・三叉神経などの最も広いや太いなどの特徴のあるものは覚えましょう。
味覚を伝える神経は2つ舌咽神経と顔面神経です。
舌下神経との混同に注意が必要だと感じました。
アロマテラピーと関係の深い嗅神経は第一脳神経ですから絶対覚えましょう

*副交感性神経繊維を含むことも覚えておきましょう
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<脊髄神経>
中枢神経である脊髄の両側に31対ある末梢神経の体性神経である。
脊髄の前根より運動神経線維が後根には知覚神経繊維がある。
両者が合わさったものを混合神経という。

脊柱の区分により、頚髄から出る頸神経8・胸髄から胸神経12・腰髄から腰神経5
仙髄から仙骨神経5・尾髄から尾骨神経1の合計31対に分かれる。
皮膚の区分である皮節(デルマトーム)はどの脊髄神経にカバーされるかで区分される

★脊髄神経は脳神経ほど詳細に覚えるものがありませんが脳神経とともに大切です


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 末梢神経 体性神経 12対の脳神経

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。