Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 六大栄養素

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康学(六代栄養素)

<健康学の要旨>

「アロマテラピーの実践上で健康の概念について、栄養・運動・休養の側面から理解する。
健康を維持増進させるために、必要な栄養学について、六大栄養素および現代の食生活をめぐる肥満・カロリー・塩分・アルコールやカフェイン・喫煙などの問題、身体の恒常性を維持するための運動と休養の必要性、疲労とストレスのメカニズム、睡眠のメカニズム・睡眠の質・生体リズム・排泄および女性の健康などを学びながら現代の生活にとって必要な健康観を把握する」とあります。


*健康学は覚えることも多くて大変ですが・・試験にも出題されるものが多いように感じました。
AEAJはホリスティックアロマテラピーを基本にしているので当然でしょう。

★健康学と解剖生理学は重複することもあるので効率よく学習することが大切だと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<栄養・食生活>
三大熱量素は糖質・タンパク質・脂質です。
五大栄養素は糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルです。
食物繊維は栄養学的には炭水化物(糖質)ですが。
六大栄養素となると、試験対策としては食物繊維が正しいようです。
コンプリートブックでは水となっています

★炭水化物でもエネルギーになるものを糖質、ならないものを食物繊維として
区分しているようです。

*脂質・たんぱく質・糖質はそれぞれ1gあたり9kcal4kcal4kcalです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<六大栄養素とその機能とは?>
糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維

<糖質とは?>
消化されてエネルギーになるもので、1g4Kcalのエネルギーを作り、
1日の摂取エネルギーの50?60%を糖質からとることが望ましいとされる。

★糖質はアミノ酸・脂質合成の材料になる。
★糖質は脳・神経系の働きを助ける唯一のエネルギー源である。
★糖質はグリコーゲンとなって肝臓や筋肉に蓄積される
★糖質は過剰摂取すると中性脂肪となって体内に蓄積される
★糖質は不足すると脂肪細胞のみならず筋肉も減る
★ミトコンドリアで産生されるATPはグルコースやグリコーゲンを代謝し産生される
★糖質も過剰摂取することで中性脂肪となり肥満の原因になる

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<食物繊維>
炭水化物の中でも、エネルギーにならないもので六大栄養素の6つ目に分類されることもある。
1日の成人の摂取目安は20?25g

★人の消化酵素では消化できない難消化成分である
★動脈硬化や大腸がんの予防・便秘予防や解消に作用する
★腸内細菌(有用菌)の餌となる

不溶性食物繊維=きのこ類
腸の蠕動運動の活性化
肥満・便秘・大腸がんの予防

水溶性食物繊維=ペクチン酸など
ゲル化することで腸や胃での栄養素の吸収を緩やかにしてくれるので
急激な血糖値の上昇を抑制する。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<タンパク質>
アミノ酸の重合体である。
体の構成成分となる働き、生体反応に重要な各種酵素やホルモン免疫物質の材料にもなる。
エネルギー源にもなり1g4Kcalの熱量をつくる。不足すると免疫力が低下し貧血などが起こり
過剰に摂取すると肥満・腎機能低下・肝機能低下などがおこる。

★タンパク質は生体(筋肉や内臓)の構成成分である
★タンパク質は生体反応・ホルモン・酵素・免疫物質(グロブリン)の材料である
★タンパク質は脳の神経伝達物質の前駆体である
★タンパク質は体内では最終的にアミノ酸まで分解される
*たんぱく質は1g4Kcalの熱量です
アミノ酸の重合体であり、
血液から各組織に送られたアミノ酸はタンパク質合成に使われる
★アミノ酸も最終的に余ればグリコーゲンや脂肪となって蓄えられます。


★これにあわせて必須アミノ酸も覚えておくことをおすすめします。
必須アミノ酸は体内では十分に合成できないため
食品から摂取することが望ましいアミノ酸のことです。
★必須アミノ酸は9種類あります。
イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン
トリプトファン・バリンヒスチジンの9種類です。
*ヒスチジンは体内でも合成されますので必須アミノ酸は8種という考えもあるのだそうです。
また、乳幼児は9種に加えてアルギニンを加えて10種取ることが望ましいとも言われます
必須アミノ酸も最低でも5種類くらいは覚えておくといいと思います。

★それから痛風の原因になるということからタンパク質の過剰摂取も大切です。
  痛風はプリン体の過剰摂取により高尿酸血症となり尿酸塩が関節に蓄積されて
  痛む病気です

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<脂質>
エネルギー源9Kcalになるほか、細胞膜などの構成成分になったり
ホルモンなどの材料になります。
タンパク質や糖質から体内合成できるが、
経口摂取しないと脂溶性ビタミンの欠乏症となることもある。
脂質の取りすぎは肥満からの生活習慣病の危険がある。

★脂質は欠乏すると皮膚の乾燥や骨粗鬆症などになる
★脂質は過剰摂取すると生活習慣病の要因になり不足は肌のあれなどを起こす
★脂質はホルモンなどの生体反応の材料になる
★脂質は細胞膜などの材料になる
★脂質は脂溶性ビタミンADEKの吸収促進を助ける
★脂質は炭素水素酸素で構成される
★脂質は十二指腸まで消化されない

★またトリグリセリド・コレステロール・リン脂質は血中をタンパク質と結合して流れる
この状態が基準値よりもどれか一つでも高い状態を「高脂血症(脂質異常症)」
といいます
生活習慣病のリスクファクターですよね



<飽和脂肪酸>
動物性脂肪に多く含まれる脂肪酸
炭素と水素が1本ずつの腕で結合した脂肪酸のことを飽和脂肪酸という
不活性で分解しにくいのでいざというときの貯蔵脂肪になる
悪玉コレステロール(LDL)を増やす
過剰摂取は肥満・動脈硬化・脳卒中・狭心症・心筋梗塞などになりやすい

ラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸・カプリル酸・カプリン酸
酪酸など

常温で固体であるのが特徴で酸化しにくい
★基材の植物油ココナッツ油(ヤシ油)は飽和脂肪酸を80%も含むものです
あわせて覚えておくといいでしょうか・・

<不飽和脂肪酸>
植物性脂肪に多く含まれる
炭素が水素と結合せず他の炭素同士が二重結合(不飽和結合)
している部分があるため酸化しやすい
悪玉コレステロールを減らす

常温で液体 酸化しやすい

単価不飽和脂肪酸=1価不飽和脂肪酸
オレイン酸・パルミトレイン酸など
★単価の不飽和脂肪酸は必須脂肪酸ではありません。
これらは、基材の植物油に良くでますので覚えましょう
特にパルミトレイン酸はマカデミアナッツ油の特徴成分で人間の皮脂に近い構造から
スキンケアに良いといわれます。


<必須脂肪酸>
多価の不飽和脂肪酸のことで体内では合成されないリノール酸やリノレン酸
また体内合成はされるが食品から摂取したほうが効率の良い脂肪酸の
EPA・DHA・アラキドン酸などがある

EPA(エイコサペンタエン酸)=αーリノレン酸から変換される。
                    血液さらさら
DHA(ドコサヘキサエン酸)=αーリノレン酸→EPA→DHAと変換される
                   血液さらさら・LDLを減らしHDLを増やす 
                   
アラキドン酸=リノール酸→γーリノレン酸→ジホモγーリノレン酸→アラキドン酸と変換
★神経系・免疫系・生殖器系・情報伝達物質の合成など
身体のあらゆる機能に欠かせない脂肪酸
*過剰摂取はアレルギーになる

アラキドン酸の変換は覚えるべきです
例えばγーリノレン酸が中間体となって合成される脂肪酸は?
なんて問題があるかもしれません・・
・このほかリノール酸の最終変換物質は?なんてのも・・
脂質は器材論の植物油と並行して覚えておくと飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸など
分かりやすいと思います。またさらには、それに関係する疾患も覚えると楽ですよ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<ビタミン(保全素)>
ほとんどが体内での合成ができないので食品から摂取するほうがよいもので、
有機化合物である。体内での栄養素代謝・生体反応の円滑化などに不可欠である。
脂溶性ビタミン(A・D・E・K)アデックと覚えました。
水溶性ビタミン(B・C・葉酸・ナイアシン・ビオチンなど)がある。


*脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンをきちんと区分して覚えるようにしました。
個々のビタミンの大まかな働きや別名などは覚えておいたほうがいいように感じました。
例えばビタミンE=トコフェロール、リノール酸=ビタミンFとも言われる。

このほか皮膚での働きも大切です(日焼けや美肌のために必要なビタミンは?など)。
各種ビタミンを欠乏するとどうなる?
病気やスキンケアには?などと合わせて覚えることがいいのではないでしょうか?

★ビタミンCとEの肌への作用やビタミンDと骨との関係
 ビタミンB群と神経系への関係は出題されやすいでしょう

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ミネラル(保全素)>
酸素・炭素・窒素・水素の4元素を抜いた体内の組織や器官に存在する元素のこと。
骨形成や体液の浸透圧など生体のバランスを維持するのにも欠かせないもの。
代表的なものにカルシウム・リン・カリウム・ナトリウム・鉄などがある。

特に重要なミネラルは、カルシウム=骨粗鬆症との関係です。

*ミネラルに関してもビタミンに関しても個別に覚えるときは
欠乏すると起こる疾患や生活習慣病などとセットで覚えましょう






スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 健康学 六大栄養素

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。