Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 免疫系

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫系を極める(アレルギー)

今日は、午後から子供の下校指導のお当番でした。
6年生が1年生の手を引いて帰ってたり
1年生同士手をつないで帰ったり
なんともかわいらしく、微笑ましい光景で
ちょっと癒されました。
うちの息子もあ~だったのにな~~

30分立ち番でね、ま、暑いのは仕方ないけど

たった30分立ち番して、子供たちの様子を見たり
信号を守ってるか指導するだけなのに・・

子供の下校指導しにきたけど
お前を指導してやりたいんだYO!


って保護者発見

下校指導中にずっと携帯メールしてる人がいました。
携帯してないときは、ずっとしゃべってた。

何しに来たんだYO!


失礼



さて今日で終わりの免疫系
アレルギーです。
免疫機構における免疫反応は恒常性維持の大切な機構ですよね。
白血球達が体を異物から防御する大切な機構です。

だがしかし

この免疫反応が、ある抗原に対して過剰に起こってしまうことが
アレルギーなのだと思います。いやそうなのだ。

アレルギー反応には、即時型、遅延型があり
それぞれ関与する細胞や物質が異なりますね。

アレルギー

左が即時型過敏反応、右が遅延型過敏反応を簡単に絵にしたものです。
日に日に絵が粗末になるのはなぜでしょう?

即時型過敏反応はいわゆるⅠ型アレルギーと言われるものです。
花粉症、アナフィラキシーショック、気管支喘息、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など
インスト試験では、3つ解答せよなんてのもありそうですよね。

そしてここで関与する細胞や物質です。

そうご存じIgE(免疫グロブリンE)と言われる抗体です。
そして肥満細胞や顆粒球の好塩基球です。
肥満細胞は好塩基球が組織に出た時の名称ですよね。

肥満細胞にくっついているIgEが自分にぴったり合致する抗原が侵入し
その抗原がIgEに結合すると、それを合図に
肥満細胞からヒスタミンやセロトニンなどの化学伝達物質が放出されます。
これにより、浮腫や紅斑、血管の拡張などが起こるのですよね。


過剰に酷く反応したものが、アナフィラキシーショックです。


右側の遅延型過敏反応は、抗原が侵入してから抗体が反応するまでに
時間がかかる過敏反応ですね。
そして遅延型過敏反応はⅣ型アレルギーですね。関与する細胞によりさらに細かく分類されますが
インスト試験ではそこまでは出ないですよね。だって参考図書にないから。

遅延型過敏反応には
ツベルクリン反応、接触性皮膚炎、臓器移植後の拒絶反応
などが知られます。

それぞれ関与する細胞も異なります。


遅延型過敏反応は
T細胞から分化した感作リンパ球が主役となって起こるのですよね。

感作リンパ球は自分にぴったり合う抗原が侵入すると、それを合図に
リンホカインなどの化学伝達物質を放出しますね。
このリンホカインなどの化学伝達物質の放出で
マクロファージ、好酸球などが
活性化されることでアレルギー反応が起こるのですよね。

奥深いですね。ええ

スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : AEAJインスト試験 免疫系 アレルギー反応

免疫系を極める(特異的防御機構)

さて、それにしても毎日本当に暑いですね。
日差しが真夏以上に感じるのは、夏の疲れでしょうか?
皆様も、この暑さを乗り切って試験まで頑張ってくださいませ。



さて、今日は特異的防御機構です。
絵ですけどね、文章でなら説明できそうなことも
絵となるとからっきし訳わからなくなる、左脳派アラフォーおばさんです。ええ

特異的防御機構の主役は
ご存じT細胞、B細胞です。これは骨髄で産生されたリンパ球が
それぞれ胸腺と骨髄で分化した細胞ですね。

T細胞はthymus(胸腺)で分化成熟するのでT細胞
B細胞はbone marrow(骨髄)で分化成熟するのでB細胞
ですね。本当はもっと複雑ですがインスト試験の参考図書にはここまでしかありません。

またB細胞はファブリチウス嚢で分化するということもありますが
これは鳥類で哺乳類にはこの器官はないのですよね。よって骨髄で覚えましょう。

特異的防御機構

さて非特異的防御機構で頑張った好中球、マクロファージ達が
太刀打ちできなかった場合に登場するのがT細胞、B細胞の特異的防御機構軍団です。

『もう・・駄目だ・・しぬ~~』とばかりにマクロファージは
異物である抗原の情報をヘルパーT細胞に伝えます。(抗原提示)
『頼む・・犯人はこいつだ・・』とでもいうのでしょうか??

その抗原提示により受け取った情報をヘルパーT細胞は
B細胞へと指令をだします。
この指令によりB細胞は形質細胞へと分化し抗体(免疫グロブリン)を産生します
この抗体は1つの異物(抗原)にのみぴったり適合するのですよね。
レセプター(受容体)を持っています。この受容体ってどっかでみたことない?

ほら・・目でみるのP4
免疫細胞では仲間と侵入者とを識別させる目印に・・・ってところ。
そうですよ、奥さん!糖鎖ですね。
このIg免疫グロブリンは自分にあった抗原にのみ反応するようになっているわけです。

免疫系の特異的防御機構では
ヘルパーT細胞、B細胞が大活躍するわけですね。
ヘルパーT細胞はサイトカインの1種であるリンホカイン(化学伝達物質を産生したり)
キラーT細胞やマクロファージを活性化したり
B細胞やマクロファージと協力して抗体産生の司令官になりますね。
細胞性免疫のことです。
でサプレッサーT細胞、キラーT細胞ってどうよ?と調べるとね。
インストの参考図書では、サプレッサーT細胞はB細胞が抗体を作り過ぎないように調整する・・って
学ぶんですが・・最近では存在自体に疑問符が?なんだってよ。でもそんなサプレッサーも覚えましょう。

キラーT細胞はといえばウィルス感染した細胞、癌細胞などを殺すのだそうです。
NK細胞と似てますね

B細胞は、抗体を産生する液性免疫に働きます。
また一度産生した抗体を記憶し次の侵入に備えるのですよね。
もちろん、抗原の特徴にあった抗体を産生した後のことです。
これが記憶B細胞です。

この仕組みは、予防接種で活用されますよね。
例えば、おたふくにかかれば、次はかからない。
いわゆる獲得免疫です。

またアレルギーになぞって考えればこの反応が
過剰に芳しくない方向で出てしまうことだと思います。
花粉に対して感作されれば(抗原抗体反応が起こる)次回は
この花粉が侵入すると『ほいきた、私の出番ね』とばかり
花粉にあった抗体を持つIgEが出現するわけですよね。

次回はアレルギーで頑張ってみます。








【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : AEAJインスト試験 免疫系

免疫系を極める(非特異的防御機構)

さて、私、兼ねてから『老眼きてましてね』
老眼鏡を作りました。
いいです。針仕事には欠かせませんね。




今日は、非特異的防御機構です。

非特異的防御機構

これに活躍する細胞は、
顆粒球の好中球、単球のマクロファージ、
そして非特異的、特異的両方で活躍する
NK細胞です。



まず、一般的な異物を始めに防御するのは、皮膚や粘膜ですね。(障壁防御)
皮膚のランゲルハンス細胞などが頑張ります。

でも、傷口があったり、粘膜が乾燥などで弱っている時
この障壁防御だけでは、押さえきれなくなります。

一たび異物に侵入されると2時間ほどで1番手の好中球が異物を摂食、消化します。
ここで敗れた好中球は膿の成分となりますね。
およそ、25個くらいを摂食すると息絶えるのですって。

好中球だけではやっつけ切れなかった場合に登場するのが
単球のマクロファージです。
マクロファージも摂食、消化に働きます。


NK細胞は、異物であれば何でも攻撃します。
指令なんて関係ないわけですね。

ここで見事異物をやっつけられれば、万々歳ですね。

でも、異物があまりにも強い時は、特異的防御機構の主役、B細胞やT細胞の出番となるわけですね。

これに備えてマクロファージは異物である抗原の特徴をしっかり覚え、
これをヘルパーT細胞に伝えるわけです。
これが【抗原提示】です。抗原の情報を提示すると言うことです。

マクロファージが行う抗原提示。
そしてマクロファージは抗原提示細胞と言うことになります。


次回は、特異的防御機構で頑張ります。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : AEAJインスト試験 免疫系

免疫系を極める

どうでもいいでしょうけどね。先日の渡り蟹、冷凍してあった身を
パスタにしたら激うまでした。ええ。
よくよく聞くと、あのサイズは地元でもめったにGETできないそうでね。
小豆島の漁師さんからのいただきものだそうです。
それを例のマリンジェットおっちゃんがくれたんですけどね。
地元でも珍しい大きさのものを食べたことないだろう?ってくれる人情にね。
おばさんうれしくなりました。

でもね
夫がもっと早く帰ってくるか、前もって言ってくれればね。
もっと有効においしくいただけたのにさ。と人のせいにしてみる
アラフォーおばさんです。

今年は渡り蟹を満喫して見ちゃいたい気分。ええ
単純ですか?




さて、インストでみなさんがぐわ~~っつっとなるのって
免疫系もありますよね。

細胞がうじゃうじゃ出てきてね。それでけでお手上げだったりしました。独学時代ね。

でもね、これを学んだおかげでか?医療系の海外ドラマやCSI科学捜査班が
さらに楽しくなるわけですよ。

おすすめはドクターハウスね。
しょっちゅう、免疫系や内分泌系の話しが出てくるのよね。
嗅覚話しなんかも出てくるしね。
って相変わらず前置き長いんですけどね。

自分のからだの中でも今、何が起きているのか?
分かってきたりするわけですよね。
あ~~いま、この傷口では好中球やマクロファージが頑張ってるんだね。とかさ
膿ができたら、あ~好中球さんご苦労様・・とかね。

大掃除していて埃でくしゃみが止まらない夫(ハウスダストアレルギー)を見て
あ~~今頃、肥満細胞やIgEが大活躍してんだね。と冷静に眺めてみたり?

次男が一時期蕁麻疹ができた時も
なぜ痒いのか?なぜこれを食べると痒いのか?をきちんと教えてあげられたわけです。
本人も納得するわけですね。


変ですか?

インストの勉強って本当に役立ちますよ。ええ

でもって、また性懲りもなく、絵

免疫

これは、免疫機構のことではなく、
未分化の造血幹細胞がそれぞれ役割を持った
細胞へと分化するところです。ええ

赤いところは血管、白いところは骨髄、ピンクは組織のつもりですけどね。
メインは白血球のことですからこれを中心に書いています。

*書籍や文献によって違いがありますが、インスト試験の参考図書を元に作成しました。

造血幹細胞は、骨髄で各血液へと分化しますね。
赤血球系、血小板系、そして免疫の主役白血球系です。

そしてこの白血球は
それぞれ、リンパ球、顆粒球、単球へと分化するわけですよね。
またその分化の過程では
骨髄で産生され骨髄で分化するもの、骨髄で産生され胸腺で分化するものがいます。


また恒常性維持の機構の1つである免疫機構に働くために
それぞれ出番までリンパ節や血中、組織などに常駐しパトロールをするわけですね。

血中にいるときと、組織に出た時では呼称が異なるものもいますね。



骨髄はBone marrow 胸腺はThymusなのでB細胞、T細胞と言われます。
骨髄で産生されるのは全ての血液ですがそのまま骨髄で分化するのはB細胞
ちなみに骨髄で産生され胸腺で分化するのでT細胞ですね。

私も、いままで疑問に思っていたもののなんとなくスルーしていたいろいろがわかって
楽しい調べ物です。

次回は免疫系に突入するつもり・・・もう絵はいいって??

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : AEAJインスト試験 免疫系

解剖生理学(免疫系・アレルギー)

<免疫系>
白血球を中心とした生体の防御反応

<アレルギー>

<1型アレルギーとは?>
即時型アレルギーで、免疫グロブリンE(IgE)が関与する。

抗原が侵入すると、マクロファージによる食作用と抗原提示により
ヘルパーT細胞がB細胞への抗体産生の指令をする。
B細胞はヘルパーT細胞の指令により形質細胞に分化し抗体(IgE)を産生する。
このIgEがマスト細胞(肥満細胞)に付着し結合すると、マスト細胞から
ヒスタミンが分泌され、くしゃみやむくみ・血圧低下などを起こす。
★肥満細胞(マスト細胞)は真皮層にあります。
血管内では顆粒球の好塩気球が血管外にでると肥満細胞(マスト細胞)になります。

<アナフィラキシーショック>
蜂に刺されるなどによって抗体ができるとB細胞は次にまた抗原が侵入したときに備え抗原を記憶する、これを感作という、2度目にさされたときに即時に反応しすぎてショック症状となり、血圧低下や呼吸困難などを起こす。酷いと死に至ることもある。ペニシリンショックや蕎麦アレルギー(食事アレルギー)などでも同じ症状がでることで知られる。

<即時型アレルギー>
アナフィラキシーショック・花粉症・気管支喘息・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・食事アレルギーなどが知られる。

*即時型アレルギーはT細胞・B細胞と肥満細胞・IgEが関係します。

<2型遅延型アレルギー>
抗原(アレルゲン)とT細胞・好酸球が関与する。
ツベルクリン反応
臓器移植後の拒絶反応
接触性皮膚炎などが知られる。

遅延型アレルギーには好酸球、T細胞から分化した感作リンパ球が関与する
★感作リンパ球が産生するリンホカイン(化学伝達物質)が反応を起こす


<自己免疫疾病>
通常なら反応しない無害なはずの正常な自己に対して過剰に反応することでおこる。
免疫システムが壊れてしまうことで起こる、
慢性関節リュウマチ(膠原病)慢性甲状腺炎、橋本病、などが知られる。

<日和見感染>
免疫力が低下したことで普段ならば無害である菌などでも感染してしまうこと

<AIDSとは?>
HIVウィルスがヘルパーT細胞に侵入しDNAを改造する。その破壊されたT細胞のかけらが他のT細胞に付着するとキラーT細胞が異物とみなし攻撃する。このために免疫システムが壊れ通常なら大事に至らない日和見感染などによっても死にいたることがある。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon











【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 解剖生理学 免疫系 過敏反応 アレルギー アナフィラキシーショック

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。