Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 中世ヨーロッパ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピーの歴史 中世ヨーロッパ後・現代

アロマテラピーの歴史 中世ヨーロッパ後期~現代

<要旨>

有史以前から芳香植物は人間の生活とともに歩んできた。その芳香植物と人間のかかわりを追いながら、現代アロマテラピーまでの流れを考える。歴史的には、浸出油や浸剤、薫香の使用が主流であった古代から、精油蒸留法の確立という、技術的な発達の歴史を理解する。また呪術などの中から医術や薬草学が生まれ、社会や技術の変遷ととtもに職業として分化してきた歴史の中で、伝統的な植物利用法としてのアロマテラピーの源流を古代文明まで遡り現代になってのアロマテラピーとしての再発見とその展開を歴史的な事実の中に知る。
(AEAJアロマテラピーの歴史要旨)

*アロマテラピーの歴史に関しては2級の検定テキストが主流です。
 人名なども検定テキストに記載があるように覚えましょう。
 書物を著した年まで細かく覚える必要は無いように思いますが
 出題傾向が変われば出ることもあるかも・・
 人物を活躍した年代順に並べるなんてことはあるかもしれませんので
 ヒポクラテス?ロバートティスランドまでの活躍年代は頭に入れておくほうがいいかも
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<アロマテラピーの登場と発展>
衰退していたハーブ医学が再燃したのがフランス人化学者の「ルネ・モーリス・ガットフォセ」によるものと言われる。香料(精油)の薬理的作用の研究に傾倒したことが大きな功績でしょうか・・「aromatherapie」=芳香療法という言葉は彼が造語したといわれます。

*フランスのアロマテラピーはガットフォセやジャン・バルネなどの精油の薬理的作用からの研究からはじまった医療的なものです。また日本で主流のイギリス式のアロマはホリスティックアロマテラピーでマルグリット・モーリーやロバート・ティスランドなどが主流となります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ルネ・モーリス・ガットフォセ
1881?1950フランスの生化学者であり調香師、20世紀初頭に活躍した。
実験中に火傷をおいとっさに使用したラベンダーの精油によりみるみる傷が
治ったことから精油の薬理作用などの研究に没頭した。
「アロマテラピー」という言葉は彼が作った造語。
1928年「芳香療法」(aromatherapie)を著わした

*彼の文献や研究を元にロバート・ティスランドにより編纂された
「ガットフォのアロマテラピー」なんて書物もあります。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ジョバンニ・ガッティー
イタリアの医師、精油の心理的作用や特性からスキンケアへの応用という
分野の研究をした。

レナード・カヨラ
イタリアの医師、精油の心理的作用や特性からスキンケアへの応用という
分野の研究をした。

*ガッティーとカヨラはセットで覚えましょう。活躍年代も10年ほどの違いがあっても
ほとんど同じです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ジャン・バルネ
第二次世界大戦およびインドシナ戦争で軍医として活躍したフランスの医師
戦中、負傷兵への治療に精油や精油薬剤を使用し目覚しい成果を上げた。
退役してからは、精油の薬理作用の研究をした。
1964年「ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法」(aromatherapie)
を著わした。

★アロマテラピーの創健者としての功績。
★活躍した時期
★従軍した際に精油や精油薬剤で負傷兵を治療した
★化学薬品の登場によって衰退してしまった、ハーブや精油などの
植物療法に新たな光をともした人物なのだと思います。

★「ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法」(aromatherapie)は
医学的にアロマテラピーを扱った最初の著書としての功績もあります。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

パオロ・ロベスティー
ミラノの植物誘導体研究所の所長、柑橘系の香りが神経症や鬱病に効果がある
などの、香りの心理的・精神的効果の研究者

*柑橘系の精油や加工品の香りの心理的・精神的作用の研究を行った人物
としては抑えておくほうがいいと思います。

★大学で始めてアロマテラピーを教えた人物でもあります。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
マルグリット・モーリー
オーストリア出身の生化学者でフランスで活躍しましたが
イギリスのホリスティックアロマテラピーの礎を作った人物です。

精油を植物油で希釈してマッサージする方法を生み出した。
1961年 「Le CapitalーJenuesse」「最も大切なもの・・・若さ」を著わす
美容の権威であるシデスコ賞を受賞する
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ロバート・ティスランド
イギリスのアロマテラピー研究者、アロマテラピーを体系的な学問として
まとめ上げ、1977年「the Art of Aromatherapy」
「アロマテラピーー芳香療法ーの理論と実際」を著わす。
現在もスクールや自ら管理者となって精油を供給するなど
活躍している。イギリスのアロマテラピーのリーダー

*現在も活躍するイギリスアロマテラピーのリーダーでもありますね。
彼の著書が和訳されたことが日本のアロマテラピーの普及に大きな影響を
与えたのだと思います。
このほかの書物には、「精油の安全性ガイド」上下巻
「ガットフォセのアロマテラピー」などがあります

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
シャーリー・プライス
マルグリット・モーリーの思想を基礎とし、ホリスティックアロマテラピーを展開し
人材の育成に努めた。英国最大のアロマテラピースクールを展開し人材の育成に
努めた
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

鳥居鎮夫
AEAJ名誉会長であり、東邦大学名誉教授、随伴性陰性変動(CNV波)
と呼ばれる特殊な脳波を使用してラベンダーやレモンなどの
香りによる鎮静効果や刺激効果を研究した。日本におけるアロマテラピー
研究の第一人者でもある。

*日本でのアロマテラピーの権威とでもいうのでしょうか?
AEAJの名誉会長でもあります。
随伴性陰性変動(CNV波)や香りの鎮静作用などの研究の第一人者です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<日本でのアロマテラピー>
★1980年頃より、ロバート・ティスランドやジャン・バルネなどの翻訳本が出版された
ことによりその後の普及に大きな力となった。

★アロマテラピーに興味を持った先人達がイギリスに渡り学び・帰国して紹介するようになった

★1990年代になってからは芳香浴法やイギリス式のアロマテラピー
がマスコミでも紹介されて日本人も受け入れられた。

1995年の震災の後、マスコミなどで癒しが注目されたことなどもあげられます
ホリスティックアロマはどのようなアロマテラピーなのか、
誰の考えや方法が基本になっているのか
またメディカルアロマとの違いも抑えておくべきだと思いました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon

【歴史問題】は2級テキストから出題されます。












スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピーの歴史 中世ヨーロッパ

アロマテラピーの歴史(中世ヨーロッパ)

アロマテラピーの歴史(中世ヨーロッパ)

<要旨>

有史以前から芳香植物は人間の生活とともに歩んできた。その芳香植物と人間のかかわりを追いながら、現代アロマテラピーまでの流れを考える。歴史的には、浸出油浸剤薫香の使用が主流であった古代から、精油蒸留法の確立という、技術的な発達の歴史を理解する。また呪術などの中から医術や薬草学が生まれ、社会や技術の変遷ととtもに職業として分化してきた歴史の中で、伝統的な植物利用法としてのアロマテラピーの源流を古代文明まで遡り現代になってのアロマテラピーとしての再発見とその展開を歴史的な事実の中に知る。
(AEAJアロマテラピーの歴史要旨)

*アロマテラピーの歴史に関しては2級の検定テキストが主流です。
 人名なども検定テキストに記載があるように覚えましょう。
 書物を著した年まで細かく覚える必要は無いように思いますが
 出題傾向が変われば出ることもあるかも・・
 人物を活躍した年代順に並べるなんてことはあるかもしれませんので
 ヒポクラテス?ロバートティスランドまでの活躍年代は頭に入れておくほうがいいでしょう

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<中世ヨーロッパ・アラビア世界における香料・植物療法の発達>
技術的な発達として、錬金術の技術から精油の蒸留法が確立されました。
また、植物療法は中世ヨーロッパにおける「僧院医学」への応用へと発展。
錬金術はイスラム世界のアラビアでは肯定的に受け入れられ、ヨーロッパの
キリスト教世界では黒魔術的な要素として排除されました。

*中世ヨーロッパでは、僧院医学・ハンガリアンウォーター・サレルノ(ヒポクラテスの町)
での医学の発展・サレルノ養生訓・シチリア王による医師の国家免許、などがキーワードです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

サレルノ養生訓
サレルノは「ヒポクラテスの町」と呼ばれました。
イタリアのナポリから南に60km行った港町です。
文化的には「ギリシャ、ローマ、アラビア、ユダヤ」の四文化が認められました。

シチリア王
1140年サレルノの王であったシチリア王は「医療を行うものは、試験を受けて
合格を要する」と布告をしました。今の医師国家免許のようなものです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ハンガリアンウォーター(若返りの水)
中世ヨーロッパ14世紀ハンガリーの王妃エリザベート1世が
手足の関節などの傷む病に苦しんでいた。
当時僧院医学が盛んであり、見かねた僧が
ローズマリーやアルコールなどを使って作った痛み止め薬を
献上し、痛みが治まったといわれる、またその水を化粧水として
使用したところ70歳を過ぎてからなお求婚され、
その水は「若返りの水」とも言われ現在にも伝えられている。

*ハンガリアンウォーター(若返りの水)はローズマリーのアルコール抽出液
 いわゆるチンキです。また、痛み止めとして献上されました。
 のちのケルンの水との混同に注意しましょう。
 ケルンの水は胃薬としても利用されました

*中世ヨーロッパにおいてハーブを中心に行われた僧院医学との関連はポイントです
ハンガリアンウォーターに使われたハーブはローズマリーです。ローズではありません。
アルコールのチンキ(アルコールの抽出液)ですよね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
僧院医学
中世ヨーロッパで行われた教会や修道院を中心にして行われた医学。
薬草中心の医学だったが、庶民にはなかなか手の届かないものでも
あったそうです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<ハーブ医学・ハ―バリストの活躍>
16世紀には歴史に名を残すハーバリストの活躍があげられると思います。
植物学・本草学・医学の更なる発展が高まった時代
この時代には、ジョン・パーキンソン、ニコラス・カルペッパー、ジョン・ジェラード
などが重要人物でしょうか・・・ジョン→ジョンとジョンが続きます。書いた書物も
似ているので混同しないようにしましょう

ジョン・ジェラード
1545?1612
イギリスの薬草学者、ロンドンのホルボーンに薬草園を開いたことで有名。
著書には1597年「本草あるいは一般の植物誌」がある。

*ジョンが二人出てきます・・混乱しないようにしました。ジェラードは薬草園
パーキンソンはチャールズ一世と覚えました。

ジョン・パーキンソン
1567?1650
イギリスの薬剤師であり博物学者、チャールズ1世に仕えた。
1640年3800種にも及ぶ植物の使用法「広範囲の本草学書」を著わした

ニコラス・カルペッパー
医師であり占星術師でもあった
化学薬品に頼った当時の医師を批判し。「自分の健康は自分で守る」
といった(セルフメディケーション)理念の下1616ハーブや薬草の使用法などの書籍である
「the English physitians」(イギリスの内科医)を著わした

*この背景には、独占的に医療を牛耳っていたといわれる当時の化学薬品などの抗生物質に
ばかり頼っていた医師を批判したなどとも言われるそうですが、そのときの反発はすごかったのだそうです。精油と占星術?って私には微妙に???ですが現在でもエンターテイメント的に
占星術を取り入れたセラピストさんがいるのだそうですよ・・へ?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<近代化学の発展>
17世紀末の「オーアドミラブル」などハーブや薬草を使った薬・化粧品・食品などの明確な
区別のないものから近代社会が成立するにつれそれぞれの方向へと発展していった時期
18世紀後半から19世紀には化学が目覚しく発展した時期でもある。
化学の発展によりハーブや薬草・精油などよりも人工の化学物質が用いられハーブ医学は
衰退した時期でもある。

ケルンの水
イタリアの理髪師フェミニスがドイツのケルンに渡り1709年に
「オーアドミラブル」(すばらしい水)と言う名で売り出した水のこと
である、当初は香水としてだけではなく、胃薬や医薬品としての
利用もされた。
その後、事業を引き継いだ甥のファリーナが1714年に
「エヒト・ケルニッシュ・バッサー」(ケルンの水)として
「オーアドミラブル」を引き継ぐ香水を売り出した。
歴史的にはこれが最古の香水である。
その後ケルンを占領したフランス兵士がこの香りに魅せられ
フランスに持ち帰り「オー・ド・コローニュ」(ケルンの水)と呼ばれるようになった。
後にアメリカで「オーデコロン」の名前で商標登録された。

*ケルンの水は、最古の香水ですが、胃薬としての役目もありました、
痛み止め薬としてのハンガリアンウォーターと混同しないようにしましょう。

フェミニス
17世紀末のイタリアの理髪師、ドイツのケルン渡り「オーアドミラブル」
(すばらしい水)を売り出す、ハーブやアルコールを使ったこの水は
香水としてではなく、当時は胃薬や医薬品としても好評で「ケルンの水」として
好評を得た。世界最古の香水といわれる

ジョバンニ・マリア・ファリーナ
1685?1780
フェミニスの甥であり、1714年フェミニスの事業を受け継ぎ
「オーアドミラブル」を「エヒト・ケルニッシュ・ヴァッサー」(ケルンの水)
という名の香水として売り出した。
この「ケルンの水」がフランスに渡り
「オー・ド・コロ-ニュ」と呼ばれ1742年「オーデコロン」として
登録商標される。

このケルンの水が厄介です・・
「ケルンの水」「オーアドミラブル」「エヒト・ケルニッシュ・ヴァッサー」
「オー・ド・コローニュ」「オーデコロン」
って5つも名前があるのですが、最も覚えるべきは
ケルンの水、オーアドミラブル、オーデコロンでしょうか・・


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
★当ブログは、独学でAEAJアロマインストラクター試験に挑戦した個人のブログです。
 社)日本アロマ環境協会=AEAJ認定ブログではありません。
 独学用問題集なども同様です。あくまでも独学者の方の応援ブログであり、
 AEAJとは一切関係ありませんのでご了承ください。
 
 AEAJアロマテラピーインストラクター gadge
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
当ブログは下記に紹介している図書を元に勉強した内容です。

「アロマテラピー検定1級・2級テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」(社)日本アロマ環境協会
「目でみるからだのメカニズム新訂」医学書院 堺 章著
「からだの地図帳」講談社 高橋長雄 監修・解説
「アロマテラピーとマッサージのためのキャリアオイル事典」東京堂出版 
レン・プライス他著 ケイ佐藤訳
「アロマテラピー用語辞典」(社)日本アロマ環境協会
「アロマテラピーコンプリートブック上巻」BABジャパン出版局 
林伸光監修 ライブラ香りの学校編

AEAJ発表参考図書はこちらで紹介しています。

「アロマインスト試験参考図書はこちらで紹介しています」
1500円以上のご注文は送料無料です

Eucalyblue楽天

Eucalyblue amazon



【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピーの歴史 中世ヨーロッパ 僧院医学 ハンガリアンウォーター サレルノ養生訓

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。