Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 ラベンダー精油

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lavandula angustifolia に脱帽。

インスト精油30種中、多分おそらく、一番登場してくるであろう精油といえば

Lavandula angustifolia じゃね?
ご存じ、真正ラベンダーですね。

【ラベンダー】

学名 Lavandula angustifolia
   Lavandula officinalis
科名 シソ科
種類 低木
主産地 フランス、イギリス、イタリアなど
抽出部位 葉と花
製造法 水蒸気蒸留法
主成分 酢酸リナリル(エステル類)、リナロール(モノテルペンアルコール類)
    ラバンジュロール(モノテルペンアルコール類)*特徴成分

【共通成分を持つ精油】

酢酸リナリル(ネロリ・クラリセージ・ベルガモット)
リナロール(メリッサ・ゼラニウム・ネロリ・クラリセージ・ベルガモット)など

【特徴成分】
ラバンジュロールですね。




また「アロマテラピーの歴史」からの出題で忘れちゃならないのが
ルネ・モーリス・ガットフォセラベンダー精油の逸話です。

ガットフォセはフランスの化学者で、化学実験中に火傷をおいその治療過程で
ラベンダー精油を使用し著しい効果をあげた。とあります。
このことから精油の薬理作用の研究に目覚めたんですよね。

とっさにそばにあったラベンダー精油を振りかけた・・なんて書かれているものも
ありますよね。

でね、我が家でも火傷ときたら、ラベンダーってほどよく活用します。
ティートリーもいいって聞くけど、やっぱ原液は結構肌が荒れます。

でもラベンダーは大丈夫なんですよ。私や家族。
何よりも、火傷独特のあのヒリヒリ感がかなり軽減されます。
火傷ってほんの小さいものでもヒリヒリしますよね。
それがほぼなくなるほどです。
*個人の感想ですよ。


*ええ、ええもちろん原液塗布は禁忌ですよ協会では。自己責任です。
でね、昨夜やっちまったわけです。また。


やっと口の中の水ホウが治り、熱々~のものを食べたくてね。
この季節に「鍋」したわけです。
野菜がいっぱい食べられるしね。

で、ぐつぐつ煮たっていたそのお汁を飲もうとしたら・・

つるっと手がすべり・・こぼしました。
じゃば~っと・・太ももに。

ええ、ええ私がです。
ほんと、たるんでますよね。私。

もう、大変、痛いの痛くないのって

IMGP0625.jpg

痛いんですよ。
すみませんね・・見苦しいですね。40おばさんの太もも。


もうね、ほんと痛いんですよ。
速攻でズボン脱いで風呂場で水をかける。

*つくづく思いました。よかったゆるゆるステテコでってね。

もう20年以上前にジーンズの上に入れたてのお茶こぼして
救急病院に行ったんです。今でも痕残ってます。
*ええ、学習しない女ですね。


でね、水かけてもヒリヒリするわけ。皮の一部もざらざらしてね。
あ~こりゃ、皮膚が死んじゃってる?なんて思ったわけです。
皮むけると治るのに時間かかるでしょ?
このままだとケロイドみたいになっちゃうわ・・と



とっさに、うそ、冷静にね。ラベンダー精油をジャバジャバかけました。
*自己責任ですよ。

それと軟膏のステロイドがちょびっと残っていたのでそれも。

夜中ヒリヒリするもんで
何度も起きてはラベンダーをジャバジャバ。

翌朝には、これですよ。奥さん。
まだ若干ヒリヒリするものの、皮もむけず、ケロイドにもならずに至っています。
IMGP0630.jpg

もうね、ぷんぷんにおわせてます。ラベンダーをね。
ヒリヒリしてくると、ジャバジャバ。

改めて、精油の力ってすごいな・・と感激したわけです。
スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : 精油の化学 精油学各論 ラベンダー精油 ルネ・モーリス・ガットフォセ

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。