Eucalyblue「独学でAEAJアロマインストラクターに挑戦しました。」 アロマテラピースクール体験記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピースクール体験記Ⅴ

アロマテラピースクール体験記5回目でした。
はじまりましたよ!精油の化学です。
これを待っていた。
と言っても過言ではない。


でもね、その前に「うつ病」と香りの作用の事を
お話ししてもらったのね。
しかもその研究をしたのが懐かしの三重県の
三重大の先生です。三重にいたころ聴いてみたいな~講義って
思っていた先生のものです。

実際にうつ病で入院している患者さんのお部屋に
抗うつ剤を投与しながら
レモンと他の柑橘系、柑橘系以外の精油をそれぞれ芳香させただけの
ものなんですけどね。

レモンが1番でそれ以外の柑橘系でも
目に見えて患者さんに変化が起こるってものなんですけどね。


話には聞いていたけど実際の研究結果のグラフを見ると
感動します。

やっぱ精油ってすごいんだぜぇってね。ええ杉ちゃん調です。

そんなわけで講師の先生は本当にいろいろ勉強してるんだな~
って改めて尊敬しちゃいました。

でもって、精油の化学はね。
やっぱりこれをしっかり知らなきゃ
インストとしては物足りないと思うんですよ。

原子や分子の基本的な構造をしっかり理解すると
二重結合や官能基などがすらすら入ってくるから不思議です。

①分子量が小さいとなんで揮発性が高いのか?
②モノテルペンはなんで酸化しやすいのか?
③モノテルペンはなんで揮発しやすいのか?

AEAJでの学習では、①は暗記する。
②も暗記する。③は分子量が小さいから。
この程度ですよね。参考図書では。

でも、なんで分子量が小さいと揮発性が高いの?
モノテルペンはセスキテルペンより酸化しやすいのはなんで?
までの答えは結局分子量が小さいから・・なんですよ。ええ

これを分子式や構造式、炭素、水素、酸素という
精油の基本となる分子のことをしっかり理解すると

目から鱗です。

もちろん独学で化学の書籍を読んでみたり
「精油の中の分子の素顔」って本を見て
分かってはいいるものの。
本当の基本を精油のことに絞って教えてもらえると
今までの???が氷解するわけです。


するとこれまでは暗記するだけだった
ことが、だからそうだったのね!とここで
また気付きが生まれる。


ものすごく楽しい時間を過ごせました。


また来週が楽しみです。

スポンサーサイト

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピースクール体験記

アロマテラピースクール体験記Ⅲ

今日はアロマテラピースクール3回目でした。
いや~毎回あっという間に2時間が終わります。
もっと聴きたい、話したいことてんこ盛りで帰ってきます。

講師の先生も、精油の成分などで
ものすごくマニアックな質問などをすると
きちんと次回までにNARD本部に問い合わせをしてくれます。


いろいろな勉強をなさっている先生なので
ホリスティック系からメディカル系まで
様々な質問に答えてくれるところが
信頼できるんですよね。


AEAJとはまた異なる視点で学習するものも結構あります。
メディカルアロマテラピーのNARDだからでしょう。

今日の学習の中で一番思ったことは
アロマテラピーって
ホリスティックもメディカルも
どっちも大切なんだってことですね。

薬理作用中心のフランス式メディカルアロマは
精油の成分内容を事細かに分析して
臨床データを豊富に持ち、そのデータに基づいて
行うアロマテラピー(芳香療法)。

マッサージオイルや嗅覚からの刺激を中心の
イギリス式ホリスティックアロマは
不調などを根本から治して行こうとするアロマテラピー。

どっちも非常に大切なんだと思いました。


そして
今日のなるほどポイント
AEAJテキストだけでは
分からない特徴成分に関してです。

AEAJテキストであえて特徴成分はこれだ!と記載していても
その特徴成分に関しての詳細って意外に少ないですよね。
これが特徴成分だ!と記載されているだけで
なぜその成分が特徴成分なのか?までは出てない・・・

AEAJで
特徴成分といえば、微量でもその精油の香りや性質を
特徴づける成分のことですよね。

でもテキストにはこの特徴成分は香りを特徴づけるものか?
性質の特徴づけるものか?両方なのか?までは記載がないのね。
これを知りたいんだよ~~といつも思っておりました。



柑橘系のオレンジスイートとレモンって
主要成分ではどちらも
80~90%以上がモノテルペン炭化水素類だったりします。

オレンジはこのうちd-リモネンが90%以上
レモンでも70%ほどがこのd-リモネンですが

オレンジが、あ~オレンジの香りだわ。
レモンが、うん、レモンの香りだ!って

嗅覚が認識できるための成分がd-リモネンのほかにあるわけですよね。
これが特徴成分なんだろうな?と漠然と思ってみたりしてましたが
これはちょっと認識が異なっていたようです。

この部分に関しては
AEAJが特徴成分としている成分とちょっと違っていたりします。


オレンジだったら
脂肪族アルデヒドのオクタナール、デカナールがオレンジの香りなのだそうです。
※AEAJテキストには特徴成分に指定されてません。

レモンだったら
脂肪族アルデヒドのヘキサナール、ヘプタナール
※AEAJではレモンの特徴成分はシトラールです。


精油って知れば知るほど奥が深いです。


【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピースクール体験記

アロマテラピースクール体験記Ⅱ

今日は2回目のスクールでした。

私が一番スクールで学びたいことは
そのものずばり精油です。

AEAJのテキストではちと深さ的に物足りない精油。

講師の先生はセラピストとして現場で精油に触れながら
スクールでも教えてくださるので、
生の声を
聴かせていただけるのが一番の楽しみです。

例えばテキストでは
精油の希釈率が何%~何%となっているけど

経験上
何mlのキャリアオイルには
精油が何滴だとBEST。とかね

そして私が知りたい精油のそのものズバリって言うのは

精油の
・化学式をきちんと理解したい。
・官能基をもっと深く知りたい。
・各成分の作用や禁忌を詳しく知りたい。
・ブレンドした時のクエンチング効果やシナジー効果も知りたい。
例えば風邪にいい精油は抗菌作用のある精油の中でも
特におすすめのブレンドはこれ!とか

・精油を購入する時に最低限必要とされる成分構成の平均
例えば、ティートリー精油であればγ-テルピネンは○○%以上は必要とかね。

・使用濃度の上限などをより詳しく知りたい(なんでも1%じゃなくね)
例えば、『○○に注意が必要』ってのは
実際どの精油のどの成分がどの程度までは
許容範囲なのか?
※もちろん個人差もあれば100%でないのは当然ですけどね。


知りたいこといっぱいです。
基本的な事はほぼAEAJと同じなのですんなり入っていけますが
やっぱり精油成分1つ1つの細かい作用など
覚えることはたくさんあります。

宿題をするのが、これまた楽しいんだよな~♪ここルン調です。


でね、宿題をしていて嗅覚野の場所が出てきたんだけど
AEAJの参考図書では「大脳皮質」
NARDでは「大脳新皮質」ってなってるんですよ。

これは私にとって衝撃でした。だって
独学時代に買った市販のテキストの4択に
大脳新皮質を選ぶと×ってのがあったんですよ。

大脳皮質と大脳新皮質って何?ってすごく記憶にある
問題だったのです。

先生に聞くと
大脳皮質は古皮質、旧皮質、新皮質の総称だから
大脳皮質でもいいんだと思うけど・・・
厳密には大脳新皮質かな?と教えてもらいました。

AEAJのインスト試験では
嗅覚野は大脳皮質
NARDでは嗅覚野は大脳新皮質と
区別して覚えることにしました。




他にはね、
NARDは精油の成分なども
きちんと作用が検証できているものしか
覚えなくていいんですよ。

例えばAEAJでは特徴成分を覚えます。
ジテルペンアルコールのスクラレオール
モノテルペンアルコールのラバンジュロールなど
試験の常連ですよね。

ところが
ラバンジュロールがNARDのテキストにはない!

エステル類の酢酸ラバンジュリルっていうのはあるんです。
でも特徴成分のラバンジュロールはない。
これはね、まだ成分の作用が検証できてないとか
本当に微量過ぎる場合なんかにあるんだそうです。

違うんですね~面白~い
ってことで、今日も楽しくお勉強できました。

【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピースクール体験記

アロマテラピースクール体験記Ⅰ

今日は、待ちに待った初のアロマテラピースクールでした。
AEAJインストの資格までは独学だったから。
きちんとスクールに通うのは初体験です。

独学では得られないであろう、いろいろを
たくさん吸収したくてワクワクしながら出かけました。

やっぱり、この先生でよかったな~と
つくづく実感しました。
何しろ面白い、見た目と違ってけっこう豪快(笑)

今回私が通うスクールは
NARDアロマテラピーアドバイザー資格を
取得するスクールです。

精油が好きで独学してAEAJのインストを取得し
さらに精油について学びたいと思うと
AEAJの参考図書ではちょっと物足りない。

どんどん研究が進む精油について
もっと知りたいと思っていました。

例えば、○○作用のある精油ってたくさんあるけど
実際にこんな時はどの精油がいいの?とかね。

ケモタイプ精油っていうのもいろいろ知ってみたかったのね。


1回目から非常に有意義な時間を過ごせまた。


自宅からスクールのある先生のご自宅までは
車で15~20分程度なんですけどね。
ちょっと住宅街が複雑で2回目なのに
また道に迷いました。ええ
今回は新しい車だったので
ナビに履歴が無い上に
『目的地付近に到着しました。案内を終了します。』

ここからが重要なんだYO!
って所で終わるのね。

怪しい記憶を頼りに道を曲がるとそこは行き止まり。

しかもバックでしか戻れない幅(T_T)

とどめに、横は田んぼ(T_T)
死ぬかと思いました。ええ
一部始終を見ていた近所のじい様に大笑いされました。

こっちは必至なんだYO!

わきの下に嫌な汗かきました。

頂いたテキストをめくりながら次回の予習と復習を
しようと思います。






【theme : アロマ・リラクゼーション
【genre : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピースクール体験記

Eucalyblue aroma.t 『アロ活』
(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校

Eucalyblue aroma.t

Author:Eucalyblue aroma.t
Eucalyblue aroma.t『アロ活』

(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校代表
堀米由香子

当ブログへ起こしいただき

ありがとうございます。

当ブログは、アメブロへ
引っ越ししております。

新しい記事はアメブロで
ご確認ください。


http://ameblo.jp/eucalyblue

当校HP
http://www.eucalyblue.com/

カテゴリ
お申込みお問い合わせ
Facebook

最新記事
ブログ内記事検索
タグ

AEAJインスト試験 ちょっとブレイク アロ活 アロマテラピー 精油学各論 解剖生理学 インスト参考図書 精油学総論 健康学 精油の化学 嗅覚 アロマテラピー講習会 整理収納アドバイザー 香川県のおすすめ アロマテラピーの歴史 免疫系 定義 基材論 ホームケア グリセリンチンキ 日本アロマ環境協会 AEAJインスト独学セット 整理 嗅覚器 手作り化粧品 収納 アロマテラピースクール体験記 細胞 植物油 中枢神経 リフォーム  無駄使い 大脳辺縁系 内分泌系 末梢神経 鯖オ 精油の学名 誘引効果 ストレス学説 インストラクター AEAJインスト独学セット ホームケア論 油脂 脂肪酸 キャリアオイル 嗅細胞 アブソリュート 下垂体 芳香物質 神経組織 組織 重曹と保冷剤の消臭剤 中世ヨーロッパ 視床下部 シトラール 皮膚 ホルモン 嗅神経 ニューロン 感覚器 脊髄 必須脂肪酸 保全素 栄養素 胚葉分化 身体の発生 器官 皮脳同根 12対の脳神経 防御機構 休養 自律神経 交感神経 体性神経 白血球 受精 アレルギー 副交感神経 過敏反応 リンパ球 アナフィラキシーショック 排泄 モクセイ科の精油 ヒノキ科の精油 フウロソウ科の精油 バンレイシ科の精油 レジノイド ビャクダン科の精油 白檀 キク科の精油 虫よけ イネ科の精油 心材 エゴノキ科の精油 フトモモ科の精油 僧院医学 ハンガリアンウォーター 映画 アロマディフューザー アロマ加湿器 サレルノ養生訓 アラビア ミカン科の精油 古代ローマ 紀元前 東洋 ハーブティー カモマイル ストレッサー ハンス・セリエ ストレス 性周期 女性ホルモン ストレスとアロマテラピー ホリスティックアロマテラピー 疾病とその予防 サーカディアンリズム ホメオスターシス 恒常性 女性の健康 機能性便秘 精油の種類 アロマテラピー基材 香辛料 コショウ科の精油 バラ科の精油 関連法規 六大栄養素 神経伝達物質 生活習慣病 嗜好品 健康と食生活 運動 皮下組織 グラース バゾプレシン プロバンス地方 角質層 基底層 アレルギー反応 AEAJ インフルエンザ 更年期障害 シソ科 精油の個人輸入 インスト独学セット ノルアドレナリン アドレナリン 不飽和脂肪酸 植物脂 飽和脂肪酸 ダマスコン ダマセノン 植物ロウ ラベンダー精油 カテコールアミン ドーパミン 忌避効果 二次代謝物 ルネ・モーリス・ガットフォセ フトモモ科 香りの贈りもの AEAJ独学 アロマテラピースクール タンパク質 白茶 IN高松 アロマテラピー講習会IN高松 タッチング論 大掃除 老人性乾皮症 セスキ炭酸ソーダ ディフューザー 加湿器 消臭スプレー レモンバーム アロマテラピーの定義 ユーカリ事典 基材 塩カツオ 芳香植物 ユーカリオイルの活用法 あたまじらみを精油でケア 必須脂肪酸、基材論、健康学 脂質 ハーブ園 サヌカイト ヘナ染に挑戦 ローズオキサイド シトロネロール 手作り石鹸 社団法人日本アロマ環境協会 揮発性芳香成分 ホリスティック 官能基 精油の作用 ユーカリグロブルス 角質ケア ハーブ フットケア 消臭 ハウスキーピング 用語 代謝物 精神作用 生理作用 嗅覚とアロマテラピー 脳の構造 心身とアロマテラピー ターンオーバー 表皮層 神経 神経系 脳神経 アロマでホームケア 真皮層 ガーデニング 検定テキスト改訂版 ジュニパーベリー サンダルウッド サイプレス ジャスミン ゼラニウム レモングラス べチバー ローズアブソリュート ゲラニオール ローズオットー カモミールローマン カモミールジャーマン REG. ベンゾイン 転勤族 コラーゲン シトロネラール 精油で虫よけ AEAJ独学 エラスチン ヒアルロン酸 ティートリー ユーカリ ビタミンB群 ビタミンC シナプス 

最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
現在の閲覧者数:
これまでのいらっしゃいませ
【amazonで探す】
【Eucalyblue】
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。